事業再生におけるターンアラウンドでの経営改革

事業再生の場合、ターンアラウンドをどのように行うかについては、当社が既に執筆した「ターンアラウンドマネージャーの実務」(商事法務・2015年10月20日刊行)に詳細を記載しているが、そのポイントは概ね次の通りである。

1 意識改革

再生会社は、そもそも現状のままで推移すると会社が倒産する危機にあるので、会社全体で危機感を共有することが出発点である。そして、ターンアラウンドの担い手である新経営者は、経営責任のある旧経営陣から交代した者であり、内部からの登用する場合もあるが、外部から招聘される場合が多い。

このような場合、ターンアラウンドの序盤で行われる意識改革においては、以下の施策が実施される。

① 危機感の共有(行動しなければ明日はない)と一体感の醸成(危機時には会
  社が一丸となって協力体制を構築)
② 過去の失敗の原因を除去、及び過去の否定(旧経営者時代にはできなかった
  過去の失敗を直視することが重要)
③ 再生会社を新しい会社として実質的動かしていくために必要な柔軟な思考
  (過去の経済的、心理的なしがらみを捨て、自由な思考を行う中で答えを
  発見)
④ 経営改革をやり遂げるための積極的行動(挑戦しない人よりも、挑戦して失
  敗する人の方を称賛する)

ここでは、再生企業であることを逆手にとって危機感を醸成し、全てを前向きな活動のためのエネルギーに変えていくことが重要であり、新経営者は社員に対し、このような趣旨による働きかけを頻繁に行う。

2ビジネス改革

① 構造改革
不採算な事業や店舗等からの撤退と各種コスト削減を実施する。その他、業務の効率化を図り、必要に応じて人員削減等を実施する。これによって固定費を削減し、損益分岐点売上高を下げることを目指す。

② 営業改革
収益性の観点から商品・サービス内容を見直す。それとともに、自社の商品・サービスの強みを再認識し、経営資源の投入を行って攻める分野とそうでない分野を選別する。攻める分野の営業に集中的に人材や資金を投入し、営業のPDCAが回るようモニタリングしていく。

③ 組織改革
ターンアラウンド期間中は、中央集権的に組織を動かす。指揮命令が機能するよう、新しい経営者が直接管轄する組織(取締役会、経営会議、経営企画部、社長室など)に権限を集中させる。中核的部署に各事業部から精鋭の中堅社員を集め、プロジェクト的に会社の経営課題を議論し、今後の生成計画のアクションプランを策定する。
なお、再生が軌道に乗ってきた段階では、集中した権限を分散し、部署ごとに自律的な権限行使ができるように戻していく。

④ ビジネスポートフォリオ改革
複数の事業を行う再生会社の場合は、ビジネスポートフォリオをどのように整備していくか、が重要となる。かつては、「選択と集中」という言葉が事業再生において頻繁に使用されていた。確かに、コア事業が属している産業が成長産業であり、コア事業に集中していけば継続的に利益を上げられる企業の場合は、コア事業に「集中」する戦略も妥当する。しかしながら、現在のように変化が激しい経営環境の場合、現在利益を出しているコア事業であっても、5年後までそのような状況が継続する保証はない。
一方で、現在利益を出していない事業又は赤字事業であっても、その後の経営努力次第で十分な水準まで収益化できる可能性はある。不振事業であっても、再生計画に基づいて収益化できる可能性が十分にある事業の場合には、直ちに撤退する必要性はない。
再生計画策定段階では徹底の可否を決めずに、収益化の可能性と今後の成長可能性を一定期間見極め、その間一定の経営努力をした上で撤退するかどうかの判断をする考え方もある。

ポートフォリオ構成でリスク分散を

コロナ時代になって明らかに言えることは、一つの大きな経済環境の変化で、会社の全ての事業が同時に悪影響を受けるような事業ポートフォリオ構成は好ましくない、ということである。将来の経済環境の変化の可能性を想定した上で、適切に事業リスクが分散されるようなポートフォリオ構成が望ましい。

次回㊦は、大企業におけるターンアラウンドの具体的な手法を紹介する

▼続きはこちら
コロナ時代における大企業の経営改革 ターンアラウンド(企業再生)のノウハウを活用 ㊦大企業におけるターンアラウンド

▼過去記事はこちら
コロナ時代における大企業の経営改革 ターンアラウンド(企業再生)のノウハウを活用 ㊤改革阻む縦割り組織

関連記事

村上春樹さんから学ぶ経営⑳ おじさんは石とだって話ができるじゃないか

五輪に関するネット上の匿名での投稿(すなわち本音)をみると高評価が多く、無事に終わって本当に良かったと思います。ゆくゆくは二つの五輪(オリンピックとパラリンピック)の統合と、差別をなくした上で「WeThe15」ではなく「WeThe100」(弱みが全くない人など存在しません)の実現を期待したいところです。

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

混流生産とは?メリットや種類、自動車業界の詳細な事例を紹介

混流生産は、1つの生産ラインに複数の品種を混ぜて流す生産形態です。市場の動きへの柔軟な対応を可能にする多品種少量生産の1種で、自動車業界を筆頭にさまざまな業界に導入されています。 需要が多様化した成熟市場に不可欠な生産方式ですが、資金や技術の不足から導入できない企業は少なくありません。とりわけ、知識不足が導入する上でのネックとなっています。 そこで、本記事では、混流生産の定義やメリット、自動車業界で展開される実例を紹介します。 混流生産は、基礎的な生産方式でありながら、企業による投資で進歩が続く技術の1つです。製造業のトレンドを掴むために、本記事を参考にすると良いでしょう。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中