「デジタルツイン」とは

「デジタルツイン」とは、現実世界に存在する物理的対象の状態や挙動について、IoT(モノのインターネット)技術などを用いて情報を習得し、仮想世界でそれらをリアルに再現する仕組みのことです。分かりやすく説明すると、”物理現象をデジタル空間でリアルに再現する技術”と言うことができるでしょう。

デジタルツインは現在、製造業やスポーツ、防災といった幅広い領域で注目されており、産業用ロボットの動作シミュレーションや、スポーツ選手の動きをコンピューター上で再現する技術などに応用されています。

2002年に米ミシガン大教授、マイケル・グリーヴス博士が、「製品ライフサイクル管理(PLM)」と呼ばれる手法を説明する際、”現実世界の物体を仮想空間にミラーリングさせる”という考えを提唱し、デジタルツインの概念が登場。その後、米リサーチ会社、ガートナー社が発表した「2018年 戦略的テクノロジートレンドトップ10」に選ばれたのを契機に、デジタルツインのアイデアが世に広まったと言われています。

従来のシミュレーションとの違い

これまでのシミュレーションは、あくまで想定されるさまざまなシナリオを基に仕様設計されていたため、現実世界の事象とリンクしてはいませんでした。しかし、デジタルツインは、リアルタイムの事象をデジタル情報に置き換えてシミュレートすることができるので、従来のシミュレーションよりも、高度な検証や分析などを行うことが可能です。

こうした精緻なシミュレートが可能になった要因は、IoTやAR(拡張現実)、AI(人工知能)5Gなどの技術進歩。中でもIoT技術は、デジタルツインと切っても切り離せません。現実世界のさまざまな物体に通信機能を装着し、インターネットに接続したり相互に通信したりするこの技術は、デジタルツインにとってとても不可欠な要素です。

また、膨大なデータを効率的に分析できるAIや、大容量のデータ通信を可能にする5Gなども、デジタルツインが従来のシミュレーションと一線を画す理由の一つと言うことができるでしょう。

デジタルツインがもたらすメリット

デジタルツインの活用は、より精緻なシミュレーションの実現のみではなく、コスト削減などの面においてもさまざまなメリットをもたらします。例えば、製品の安全性などを分析する場合、サイバー空間でシミュレートを行うデジタルツインを活用すれば、分析を行うための物理的な装置や空間、それらに掛かるコストなどを大幅に削減することが可能になるでしょう。

また、デジタルツインでは、物理現象をデジタル空間でリアルタイムに再現できるため、これまで手作業で行ってきたデータの入力作業が不要になったり、タイムラグが減ったりと、メリットが盛りだくさんです。さらに、作業員の安全性が今まで以上に確保できるかもしれません。

その他、デジタルツインは、アフターサービスにも大きく貢献するとも言われています。例えば、販売された製品の利用データをオンラインで収集し、膨大な量のデータをAIを使って解析。デジタルツインで製品の挙動などをデジタル空間で検証すれば、保守点検に関するサービスの向上が期待できるでしょう。

デジタルツインの活用シーン

デジタル空間上に、物理現象をリアルに再現するデジタルツイン。その活用シーンは現在、さまざまな領域に広がっています。ここでは、こうしたデジタルツインの活用例について、業界別に解説していきます。

製造分野での活用例

デジタルツインの活用が最も期待されている領域が製造業です。新しい製品を大量生産する場合、機械の配置や作業員の動きを実際に変更し、最適な工場の生産ラインを導き出すのは容易なことではありません。しかし、デジタルツインを用いてバーチャルな生産ラインを再現できれば、大掛かりなスペースや作業無しに最適なシステムを考案することが可能になるとみられます。

また、物流拠点や小売店などに関する人や物の最適な導線づくりについても、デジタルツインが活用できると言われています。例えば、効率的な物流網や、顧客の購買導線など。これらは、実際に人や物を動かして検証することが不可能なため、サイバー空間でのシミュレーションが非常に有効になるでしょう。

都市開発分野での活用例

デジタルツインの活用が今後最も期待される分野の一つが都市開発。特に、大都市の防災では、デジタルツインのような高度なシミュレーションは非常に有効な手段です。例えば、都市開発でタワーマンションの火災発生を考える場合、人がスムーズに避難できる環境であるのか、またマンション周辺の環境はどのように変化するのかなど、さまざまな事象を分析しなければなりません。

こうした分析は対象が大掛かりなため、現実世界で再現することは基本的に不可能です。しかし、デジタルツインやAIなどを用いて都市環境をサイバー空間に創り、現実世界の事象をデータ化して投入すれば、実際の事象を忠実に再現することが可能になるでしょう。そこで得られたシミュレーションのデータを活用すれば、高度な都市環境の開発につながるかもしれません。

最新のビジネス事情については弊社FMIに相談を

デジタルツインに関する理解は深まりましたでしょうか。高度なシミュレーションが行えるデジタルツインは、これまで製造業などを中心に注目されてきました。しかし現在、その活用領域は、マーケティングなどを含むさまざまなビジネスシーンにまで広がっています。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、最新のビジネスノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。是非これを機会に、現在お客様が抱える悩みや課題を教えて頂けると幸いです。

関連記事

オンライン服薬指導の混乱 長期的な調剤薬局市場への影響

オンライン服薬指導をめぐる混乱が生じている。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が再拡大する中、特例として時限的に解禁された「非接触服薬指導」と、9月施行の改正薬機法による「オンライン服薬指導」が並行する形になったためだ。この記事では、二つの制度の違いについて詳しく説明するとともに、オンライン服薬指導をめぐる混乱が、コロナの収束期に向けた調剤薬局経営へ与える影響についても考察する。

産業用ロボット市場、再び成長軌道に 2021年見通し

米中貿易摩擦、新型コロナウィルスの影響によって、成長を続けてきた産業用ロボット市場にも逆風が吹いている。新型コロナウィルスの感染者が欧米で再拡大していることで、ロボット市場にも不透明感がでてきているが、ポストコロナでは生産活動における3密回避や自動化ニーズの高まりもあり、ロボット市場は再び成長軌道に戻るとの見方が根強い。

「フードテック」とは?注目背景や活用が期待される分野について詳しく解説

現在、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた「フィンテック(Fin-Tech)」や、法律(Legal)とTechnologyを組み合わせた「リーガルテック(Legal-Tech)」などが世界中で注目されています。 こうした、既存ビジネスとTechnologyを組み合わせて新サービスやノウハウを産み出す「クロステック(X-Tech)」の一つとして、近年特に関心が高まっているのが、食に焦点を当てた「フードテック(Food-Tech)」です。 そこでこの記事では、世界的な食料問題などを解決する術として注目されるフードテック(Food-Tech)について、その概要や注目背景、事例などを分かりやすく解説していきます。

ランキング記事

1

「生存者バイアス」に惑わされるな

オーナー企業の礼賛、選択と集中への傾倒。これらは「生存者バイアス」という色眼鏡を通して物事を見るという、誤った視座によって生み出された幻だ。同じ戦略を採用して、消滅していった企業群への想いをはせ、冷静に企業分析をするクセを付ける必要がある。

2

ソニー中間期決算 エンタメ好調で増収増益 高成長ビジネスモデルへの戦略を期待

ソニーの2020年度の中間決算は、ゲームや音楽などエンタテインメント系事業の好調に支えられ、増収増益となった。コロナ禍における巣ごもり需要だけでなく、一連の経営改革によりリカーリング型ビジネスへの転換を進めた成果が現れた。

3

村上春樹さんから学ぶ経営⑥靴箱の中で生きればいいわ

通勤にかかる時間。2時間/日×250日/年×40年間=2万時間。死ぬ時に後悔すること間違いないでしょう。2万時間の効率化は極めて有意義だと思います。同時に、「人を見たらウイルスと思え」といった極端な文言が見られたほど、人と人との距離をとることが推奨される社会。しかし、そこに潜む危険について考えてみたいと思います。それでは、今月の文章です。

4

ボーンデジタルが席巻 急速進化するコンテンツのヒットパターン

ボーンデジタルと呼ばれる、最初からデジタルでの消費を前提とするコンテンツが、急速に拡がっている。10年ほど前から、ニコニコ動画などからプロのクリエイターが誕生し、アニメファンなどを中心にヒットする事例はあった。しかし、ここ数年では米津玄師やYOASOBI(同年12月までCD未発売)、あいみょんなど、ヒットチャートの上位をネット発のアーティストが占め、従来のヒットパターンが大きく変わっている。

5

産業用ロボット市場、再び成長軌道に 2021年見通し

米中貿易摩擦、新型コロナウィルスの影響によって、成長を続けてきた産業用ロボット市場にも逆風が吹いている。新型コロナウィルスの感染者が欧米で再拡大していることで、ロボット市場にも不透明感がでてきているが、ポストコロナでは生産活動における3密回避や自動化ニーズの高まりもあり、ロボット市場は再び成長軌道に戻るとの見方が根強い。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中