五十嵐 幹直 Mikinao Ikarashi

マネージング・ディレクター、ファイナンシャル・アドバイザリー第1部 副部長

職歴

2001年にGEキャピタルへ入社し、あずさ監査法人を経て、2007年より大和証券SMBC㈱(現、大和証券㈱)、2012年からはEYトランザクション・アドバイザリー・サービス㈱において、一貫して国内・海外のM&Aアドバイザリー業務に従事。2014年にフロンティア・マネジメント㈱に入社。

専門

国内・クロスボーダーの企業買収・売却、事業譲渡、経営統合、組織再編、資本・業務提携

学歴

上智大学経済学部卒業

執筆一覧

他人事でない敵対的買収 活発化するその背景とは?

経営陣の賛同を得ないまま買収を試みる非友好的な買収(敵対的買収)の動きが、再び国内で活発化している。泥沼の攻防戦を繰り広げて世間の注目を集める敵対的買収では、一般企業は買収者になることを敬遠し、投資ファンドが買収者となるケースが多かった。しかし、最近では大手上場企業が買収者となる事案も見られ、一般企業にとっても他人事ではなくなりつつある。本記事では、敵対的買収の近年の動きやその背景について概説する。

これまでの記事を読む>

人気記事

他人事でない敵対的買収 活発化するその背景とは?

経営陣の賛同を得ないまま買収を試みる非友好的な買収(敵対的買収)の動きが、再び国内で活発化している。泥沼の攻防戦を繰り広げて世間の注目を集める敵対的買収では、一般企業は買収者になることを敬遠し、投資ファンドが買収者となるケースが多かった。しかし、最近では大手上場企業が買収者となる事案も見られ、一般企業にとっても他人事ではなくなりつつある。本記事では、敵対的買収の近年の動きやその背景について概説する。

これまでの記事を読む>

ランキング記事

1

「ハレ感消費」が先導する、ポストコロナの経済

コロナウイルスの爪痕は、中高年(50歳以上)の行動様式や、共有する死生観をも大きく変えようとしている。ポストコロナの消費社会は、貯蓄重視を脱却した中高年による「ハレ感消費」が大きな流れとなりそうだ。

2

続「ポストコロナ危機」消費社会の構造変化に備えよ

4月初旬に配信した前回コラムでは、主に消費者の価値観や行動様式の変化に着目したが、この続編では、消費社会の構造変化を見据えた企業戦略について考察したい。

3

「優等生」ベトナムはポストコロナの勝者となるか

コロナウイルスでの死者をゼロに押さえ込み、いち早く外出制限を解除したベトナム。日系企業にとって、有力なM&A対象国として注目される国の現状を報告する。

4

「ポストコロナ危機」 消費社会の構造変化に備えよ

パンデミック(世界的な感染)による新型コロナウイルス影響が拡がっている。企業やビジネスパーソンは、危機管理を徹底すると同時に、コロナ危機後の事業機会を見据えた「次の一手」を講じておく必要があろう。

5

コロナショック、政府出資に関する提言 民間活力を奪わないために

コロナショックは、中小企業のみならず、大企業の経営も直撃した。政府出資による経営支援が検討されているが、やり方によっては民業を圧迫しかねず、時限的で最小限の範囲にとどめるべきだ。旧産業再生機構でダイエー、カネボウの再建に携わった筆者が、問題点を整理した。

人気のキーワード

ランキング記事

1

「ハレ感消費」が先導する、ポストコロナの経済

コロナウイルスの爪痕は、中高年(50歳以上)の行動様式や、共有する死生観をも大きく変えようとしている。ポストコロナの消費社会は、貯蓄重視を脱却した中高年による「ハレ感消費」が大きな流れとなりそうだ。

2

続「ポストコロナ危機」消費社会の構造変化に備えよ

4月初旬に配信した前回コラムでは、主に消費者の価値観や行動様式の変化に着目したが、この続編では、消費社会の構造変化を見据えた企業戦略について考察したい。

3

「優等生」ベトナムはポストコロナの勝者となるか

コロナウイルスでの死者をゼロに押さえ込み、いち早く外出制限を解除したベトナム。日系企業にとって、有力なM&A対象国として注目される国の現状を報告する。

4

「ポストコロナ危機」 消費社会の構造変化に備えよ

パンデミック(世界的な感染)による新型コロナウイルス影響が拡がっている。企業やビジネスパーソンは、危機管理を徹底すると同時に、コロナ危機後の事業機会を見据えた「次の一手」を講じておく必要があろう。

5

コロナショック、政府出資に関する提言 民間活力を奪わないために

コロナショックは、中小企業のみならず、大企業の経営も直撃した。政府出資による経営支援が検討されているが、やり方によっては民業を圧迫しかねず、時限的で最小限の範囲にとどめるべきだ。旧産業再生機構でダイエー、カネボウの再建に携わった筆者が、問題点を整理した。

人気のキーワード