競争地位戦略とは

競争地位戦略とは、市場シェアの大小に着目し、それぞれの競争地位に応じた企業の戦略目標を提示する理論です。1980年にアメリカの経営学者であるフィリップ・コトラーが提唱して以降、経営戦略の重要な要素として数えられています。

市場における競争地位は、以下の4つに類型化できます。

  • リーダー
  • チャレンジャー
  • ニッチャー
  • フォロワー

どの企業であっても、各業界でいずれかの競争地位に分類され、地位によって採るべき戦略が変わります。そのため、自社がどの地位に該当するのかを意識しつつ、それぞれの特徴や採用すべき戦略について見ていきましょう。

リーダーの特徴&採用すべき戦略は?

リーダーは、業界のシェアNo.1の企業です。トップ企業としての特徴や戦略とはどのようなものでしょうか。

リーダーの特徴

リーダーの地位にいる企業は、高いシェアや潤沢な経営資源が特徴で、他社の追随を許さず業界をけん引する存在です。

最大のシェア・利潤・企業イメージを持つ一方、これらを維持しなければならないトップの悩みもあります。

「需要拡大」で事業推進

リーダーの座を維持するための戦略として、シェアの拡大を狙うより、需要拡大を狙う方が効果的とされます。それは需要を拡大して一番得をするのは、その市場における一番手のリーダーであるからです。

需要拡大のためには、既存市場に存在する商品・サービスを別の用途で異なる市場へ展開したり、消耗品の類であればキャンペーンを打ち出して一時的に需要を増加させたりするなどの方法があります。

「非価格対応」で市場規模維持

非価格対応とは、下位企業の価格競争に安易に応じない姿勢です。仮にすべての企業が10%の割引を一斉に行った場合、利益の低下率が最も大きくなるのは売上規模の大きいリーダーとなります。市場規模を維持するには、非価格対応でどっしりと構えましょう。

「同質化」でさらなる市場シェア拡大

同質化とは他社の差別化した新製品やサービスを模倣した製品やサービスを出すことにより、他社の差別化を無効にするものです。

同質化競争は、経営資源の質・量ともに豊富なほうが有利に働くため、リーダー企業に圧倒的有利であり、同質化することでさらに市場シェアの獲得を図ることができます。

チャレンジャーの特徴&採用すべき戦略は?

チャレンジャーは、リーダーのポジションを目指す、業界でNo.2やNo.3に位置する上位企業です。

チャレンジャーの特徴

チャレンジャーの地位にいる企業は、リーダーと比べて経営資源の量・質やシェアが劣るのが特徴です。

上位シェアを誇る企業として業界トップのリーダーに挑戦する立場ですが、規模を活かした戦略ではリーダーに勝てる見込みは少ないため、次のような戦略でトップシェア獲得を目指します。

「差別化戦略」で他社より優位に

チャレンジャーの基本戦略は、リーダーやライバルにあたる他のチャレンジャー企業との差別化です。

例えば、リーダーを含む他社には真似できず、かつニーズが集まるような商品・サービスを開発できれば、競争でアドバンテージを獲得することが期待できます。

関連記事:アドバンテージマトリクスとは?戦略を立案するには業界特性の把握から

「シェア取り込み」で拡大狙う

チャレンジャーは、リーダーには及ばないとしても、その市場の上位シェアを担う企業です。

自社より小さい規模の企業は多く存在するため、こうした企業からシェアを奪い、リーダーのシェアを超えるまで拡大するという手段も有効です。

ニッチャーの特徴&採用すべき戦略は?

ニッチャーは、リーダーやチャレンジャーの地位を目指すことなく、業界内のニッチな領域に特化した事業を独自に推進する企業です。

ニッチャーの特徴

ニッチャーの地位にいる企業は、リーダーやチャレンジャーと比べて経営資源の量・質やシェアは圧倒的に劣ります。最大の特徴は、他の地位にいる企業と競争しないという点です。

「集中戦略」で独自の戦い

ニッチャーの基本戦略は、他社が参入してこないようなニッチな領域にターゲットを絞り、そこに経営資源を集中的に投下する「集中戦略」です。

集中戦略によって、優れた技術・ノウハウやビジネスの仕組みなどを独自に構築し、取り扱う商品・サービスを限定的にすることで、専門化による高収益を狙います。

フォロワーの特徴&採用すべき戦略は?

フォロワーは、チャレンジャーのようにリーダーを目指すこともなく、ニッチャーのように特定領域に集中することもない立場の企業です。

フォロワーの特徴

フォロワーの地位にいる企業は、経営資源の量・質やシェアがチャレンジャーよりも低く、ニッチャーのように際立った独自性がないのが特徴です。

競争地位の種類としてはフォロワーが市場内で一番数が多く、ライバルが多いという環境で生き残っていく必要があります。

「トップ企業の模倣」で生き残り

フォロワーが生き残るためには、莫大なコストをかけて新規事業を開拓するよりも、リーダーやチャレンジャーといったトップ企業の事業内容や商品・サービスを模倣することで、経営プロセスを合理化する戦略が効果的です。

価格競争を積極的に仕掛けつつ、模倣の継続によって経験・ノウハウを蓄積し、いずれはオリジナリティを生み出すことができるかもしれません。

競争地位戦略の事例は?ふたつの業界を例に紹介

ここまでで解説した各競争地位について、実際の企業はどのように分類されるのでしょうか?

コンビニと自動車メーカーのふたつの業界を例にご紹介します。

コンビニ業界

コンビニ業界の代表的な企業は、以下のように競争地位ごとの分類ができます。

  1. リーダー:セブンイレブン
  2. チャレンジャー:ローソン、ファミリーマート
  3. ニッチャー:セイコーマート、ミニストップ
  4. フォロワー:スリーエフ、サークルKサンクス(いずれも現存しません)

まず、コンビニチェーンの御三家として知られるセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートを分類すると、業界内で売上トップシェアを誇るセブンイレブンがリーダーに位置します。それを追う形となるローソンとファミリーマートはチャレンジャーです。

ニッチャーは、北海道地方を中心に店舗展開を行っているセイコーマートや、イートインに付加価値を置いたミニストップが該当するでしょう。

コンビニ業界で現存するフォロワーはほとんど残っていません。過去にスリーエフやサークルKサンクスといったコンビニがありましたが、スリーエフはローソンと、サークルKサンクスはファミリーマートと経営統合しました。

参考:世界でも類を見ない約5,000店のブランド転換を全社一丸で実施! サークルK・サンクスからファミリーマートへのブランド統合完了へ ~「One FamilyMart」として、これからも地域に密着した店舗づくりを進めてまいります~
参考:「ローソン・スリーエフ」へのブランド転換に関する事業統合契約の締結について|ローソン公式サイト
関連記事:経営統合とは?間違いやすい合併との違いやメリット・デメリットを解説

自動車メーカー業界

自動車メーカーの代表的な企業は、以下のように競争地位ごとの分類ができます。

  1. リーダー:トヨタ自動車
  2. チャレンジャー:日産自動車、ホンダ
  3. ニッチャー:スズキ、スバル
  4. フォロワー:マツダ、三菱自動車

まず、自動車メーカーで群を抜いて高い売上を出し、国際的にも多くの販売チャネルを持つトヨタ自動車がリーダーに位置します。

日産自動車とホンダはチャレンジャーとして、各社研究開発や独自のブランド展開を行うアプローチを仕掛けています。

ニッチャーは、軽自動車に特化したスズキや、水平対向エンジン(ボクサーエンジン)という独自のエンジン機構を採用するスバルが該当するでしょう。

マツダや三菱自動車も独自のブランド路線で事業を推進していますが、市場全体で見ればフォロワーの特徴に当てはまります。

自社の競争地位を把握し、適切な戦略立案を

市場には複数の企業が参加し、どの業界においてもシェア率を争う構図ができます。シェアを獲得できなかったからといって、その企業が事業に失敗するわけではありません。

本稿で解説したように、市場には4つの競争地位があり、どの企業もいずれかに分類されます。そして、各競争地位によって採るべき戦略は変わり、成功や生存のためのアプローチは企業の数だけあるのです。

自社の立ち位置を把握し、それに応じた適切な戦略を打ち出すことを忘れないようにしましょう。

関連記事

決算数字から読み解く、事業承継のタイミングと頼るべき専門家

事業承継に頭を悩ませる中小企業の経営者は多いだろう。日本の会社のうち、99%以上が中小企業であり、100万社以上が事業承継に問題を抱えていると言われている。本稿では、数字面から考える事業承継のタイミングと、目的別に頼る専門家について考える。

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

事業承継型M&Aを成功へ導くためのアドバイザリーの選び方

昨今、書店やECサイトにはM&A関連の書籍が並び、金融機関や仲介会社主催の中小企業向けの事業承継・M&Aセミナーなども頻繁に開催されている。中小企業オーナー経営者(以下、オーナー)と話をすると、M&Aの知識を豊富に持ち合わせている方が多くなったということも実感する。しかし、オーナーにとって身近な事業承継の選択肢の一つとして定着した一方で、M&Aを成功させる重要なポイントを正しく理解されていないケースも散見される。本稿では、事業承継型M&A成功の第一歩をテーマに解説したい。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中