アドバンテージマトリクスとは?

アドバンテージマトリクスとは、競争上の優位(アドバンテージ)をヒントに業界の特性を把握し、経営に生かすためのフレームワークです。

1981年にボストンコンサルティンググループ(BCG)が提唱した概念であり、プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)同様にマトリクスを用いた分析を行います。

「競争要因(戦略変数)」と「優位性構築の可能性」の2軸によって業界を4つのタイプに分類し、それぞれの売上規模とROA(Return On Assets:収益性)の関係から事業特性を把握するのが特徴です。

まずは「競争要因」と「優位性」の定義を明確にしておきましょう。

関連記事:プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)とは?経営資源の分配を最適化する経営手法を解説

競争要因とは?

競争要因とは、戦略策定の際に企業が意思決定しなければならない要素です。

例えば外食業界においては、店舗立地や価格帯、ターゲットやサービスなどが競争要因として挙げられます。

競争要因が多くなると勝ち負けが決まりにくくなり、競争は激化すると考えましょう。

優位性とは?

優位性とは、他社には真似できず、かつ市場ニーズが自社の商品やサービスに向くような差別化ができている要素です。

優位性が構築できれば売上が上がりやすくなり、競争に勝てる可能性が上がります。

したがって、優位性構築の可能性が高い業界は、差別化しやすい競争要因のある環境だと言えます。

アドバンテージマトリクス4つのタイプ

アドバンテージマトリクスの象限
続いて、アドバンテージマトリクスにおける4つのタイプをひとつずつ見ていきましょう。

自社の事業がどのタイプに位置付けられているかを認識することにより、とるべき戦略の基本的方向性が明らかとなります。

それぞれの事業(売上)規模と収益性の相関や、属する事業の代表例を絡めて解説します。

特化型事業

特化型事業とは、競争要因が多く存在する一方、特定の分野で独自の地位を築くことで優位性の構築が可能なタイプの事業です。

事業規模と収益性には相関がなく、戦略次第で高い収益を出す可能性を秘めています。

特化型事業に該当する業界例は、雑誌や医薬品など、分野ごとに強いプレイヤーがいる業界や、マーケット領域の棲み分けができている欧州自動車業界などが挙げられます。

規模型事業

規模型事業とは、競争要因はほとんどなく、競合が少ないため規模を増やして収益が挙げられるタイプの事業です。

生産量・販売量アップに相対してコストダウンが見込める「規模の経済」効果によって優位性を構築可能な事業とも言えます。

競争要因を唯一挙げるとすれば、「事業規模」です。シェアが大きいほど収益が見込めるため、事業規模と収益性は明確な比例関係にあります。

規模型事業に該当する業界例は、少数の大企業が占めるコンピューター業界や日本の自動車業界などが挙げられます。

分散型事業

分散型事業とは、競争要因が多く競争が激化しやすい中で、優位性構築が難しいタイプの事業です。アメリカの経営学者であるM.ポーターは、これを「多数乱戦業界」とも呼んでいます。

特化型事業と同様に事業規模と収益性に相関はありませんが、規模の経済が働きにくく、他社との差別化も難しいため、業界内で突出する機会を掴みにくいのが特徴です。

分散型事業に該当する業界例は、小中規模の外食業界や個人商店といった零細小売業界、アパレル業界などが挙げられます。

手詰まり型事業

手詰まり型事業とは、競争要因も少なく優位性も構築しにくい、つまり企業間格差がほとんど生まれなくなったタイプの事業です。

たいていは中小以下の企業が淘汰され、残った大企業も規模の経済効果が限界に到達している状態を指します。

規模をいくら拡大しても収益性が上がらないため、事業規模と収益性は悪い意味で相関しません。

材料を安く調達したり生産性を上げるなど、コストを下げるアプローチでしか生存は図れないでしょう。

手詰まり型事業に該当する業界例は、市場が成熟し切ったとされるセメント業界や鉄鋼業界などが挙げられます。

事業の構造転換によって収益性がアップする可能性も

事業は、必ずしも一定の業界分類に属するとは限りません。

例えば、市場のライフサイクルを考えた場合、規模型事業は市場が成熟するにつれて、コストが横並びになる手詰まり型事業へと転換します。

これは収益性が下がる消極的な例ですが、望ましいのはその逆です。

一般的に収益を出しにくいのは分散型事業と手詰まり型事業とされるため、自社の事業がこれらに分類される場合、特化型事業や規模型事業へ転換を図ることが重要となります。

構造転換の鍵となる「V字カーブ」

Ⅴ字カーブ
収益性がアップする方向で構造転換を図るには、「V字カーブ」という現象が鍵となります。

V字カーブは、縦軸に収益性、横軸に事業規模を設定するグラフを見たとき、事業規模が小規模もしくは大規模の場合に収益性が高く、中規模になると収益性が落ちる傾向のことです。

分散型事業に分類される外食業界を例に、各規模ごとの傾向を見てみましょう。

まず、個人経営で裁量の広いカフェや居酒屋のような小規模事業の場合、事業維持や管理・教育に必要なコストを低く抑えやすく、相対的に収益性を高めることができます。革新的なブランディングに成功すれば、特化型事業へ転換させることも可能です。

次に、法人化やチェーン展開によりある程度規模を拡大した中規模事業になると、コストが高くついてしまい、かえって収益性が下がりやすくなります。

そして、セントラルキッチンを持つような大手ファミリーレストランなどの大規模事業は、規模の経済効果を得られるレベルまで拡大しているため、規模型事業へ転換を図るチャンスが得られます。

アドバンテージマトリクスで自社事業の現在地を確認

アドバンテージマトリクスは、まず現状の業界分析から始まり、自社事業の現在地を知るために役立ちます。

分析結果によっては、「どうしたら収益性を上げられるのか」という観点を持ち、適切な方向へ経営の舵を切っていくのが理想です。

自社事業が収益性の低い事業分類にあったとしても、コスト削減や規模の拡大、ブランディングといった競争を勝ち抜くための戦略立案を粘り強く行って行きましょう。

Frontier Eyes Onlineでは、ビジネスで使える情報や、最新のビジネストレンドを解説しています。よろしければメルマガのご登録をお願いいたします。

関連記事

事業承継型M&Aを成功へ導くためのアドバイザリーの選び方

昨今、書店やECサイトにはM&A関連の書籍が並び、金融機関や仲介会社主催の中小企業向けの事業承継・M&Aセミナーなども頻繁に開催されている。中小企業オーナー経営者(以下、オーナー)と話をすると、M&Aの知識を豊富に持ち合わせている方が多くなったということも実感する。しかし、オーナーにとって身近な事業承継の選択肢の一つとして定着した一方で、M&Aを成功させる重要なポイントを正しく理解されていないケースも散見される。本稿では、事業承継型M&A成功の第一歩をテーマに解説したい。

クロスボーダー経営 PMIにもリアル×デジタルのバランスが重要

クロスボーダー経営は、多くの企業にとって今後避けて通れない道だ。特にM&Aを活用したPMIは重要な位置づけを占める。難易度の高いクロスボーダー経営を成功に導くキーワードとして、今回は「ファクトベース」「ロジック」「多様性」「デジタル」を取り上げる。

超早期事業再生とは㊦ 金融機関の役割が変わる

コロナの影響が長引く中、事業再生は新しい変化を見せつつある。 今後は、事業再生に至るのを防ぐため、早期に企業支援を行う「超早期事業再生」の時代が到来することが想定される。後半では、超早期事業再生の特徴について詳しく述べるとともに、銀行など等金融機関における業務の変化についても触れたいと思う。

ランキング記事

1

ドミナントデザインとは?優れた製品とイノベーションの関係を解説

世の中には、「これ以上変革のしようがなく、これが当たり前」と思われている仕様の製品やサービスが多く存在します。 そういった仕様を「ドミナントデザイン」といい、産業が進化する過程で研ぎ澄まされた結果として生まれます。 当記事では、ドミナントデザインを生み出す産業構造や、保守的なドミナントデザインに対する革新的なイノベーションとの関係について解説します。

2

ウクライナ侵攻で中古車価格が下落、は本当か?

2022年3月の中古車価格が前月と比較して大幅に下落した。これを受けてマスコミでは、今回の価格下落がロシアによるウクライナ侵攻に起因している可能性が高いと報道、さらなる落ち込みへの懸念を示した。果たして実際にはどうなのか。本稿では、我が国の中古車市場を振り返るとともに、今後の見通しなどについて考えたい。

3

「SPYxFAMILY」(少年ジャンプ+掲載)に注目~ボーンデジタルの大ヒットアニメとなるか?~

2022年4月から放映開始されたアニメ「SPYxFAMILY」が注目されている。原作は週刊少年ジャンプ本誌には掲載されておらず、デジタル版「少年ジャンプ+」での連載のみ。デジタル発としては異例の大ヒット作のアニメ化に、大きな期待が寄せられている。

4

原発を再稼働すべきか 円安、ウクライナ侵攻から考える

福島県沖地震による電力不足、LNG市場の逼迫、円安、ウクライナ侵攻にともなう経済制裁。将来的に再開可能とみられる原発を、いまこそ再稼働するべきだろうか?

5

集中戦略とは?企業が選択するべき経営戦略を事例とともに解説

経営戦略において、非常に重要な考え方の1つとされている「集中戦略」。大手企業でも採用されている戦略で、導入後に大きな成功を収めた事例も数多くあります。 しかし、世間では「集中戦略は死んだ」とも言われています。 そこで今回は、集中戦略の概要、メリット・デメリット、成功事例、失敗事例などを説明します。あわせて、「集中戦略は死んだ」と言われる理由や、今後選択すべき経営戦略についても解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中