セールス・イネーブルメントとは?

セールス・イネーブルメント(Sales Enablement)とはデジタ ルテクノロジーを活用することで、営業プロセスの効率化、育成・研修制度の整備、各プロセスの目標達成率の可視化、部門間の連携を可能にして、営業組織を強化する考え方です。

デジタルテクノロジーとは、SFA(営業支援ツール)やMA(マーケティングオートメーション)、CRM(顧客関係管理)ツールなどが挙げられます。

SFAは企業の営業部の情報や業務の自動化を分析して、ボトルネックの発見や効率化を図るシステムです。MAは顧客開拓におけるマーケティング活動を可視化・自動化するツール、CRMは顧客を中心に考えてビジネスを展開し、利益の最大化を目指すマネジメントの手法のことを指します。

つまり営業活動をデータ化・可視化して、分析することによって営業組織の目的に対してもっとも効果的な施策を設計し、営業プロセスの最適化と効率化を確立していくことです。

セールス・イネーブルメントが注目される背景

セールス・イネーブルメントが注目される背景にはいくつか要因があります。

営業プロセスの属人化と感覚営業の打破

営業活動は、営業マンの個人的裁量に委ねられる部分が多いため、属人化する傾向にあります。営業資料、ナレッジ、ノウハウ、顧客ニーズ……など営業活動のさまざまなモノやコトが属人化しており、営業組織全体の強化と平準化を困難にしています。

また人事評価制度もこの属人化に輪をかけています。営業は結果が重視されるため、プロセスが評価されにくくなっています。そのため、営業プロセスにおける課題抽出がされずに、PDCAが回らないという悪循環となります。

結果として、一部のトップセールスに営業組織が頼ることになり、育成や研修をおこなっても効果が出にくい、ということが常態化しています。そのため、アマゾンやセールスフォース・ドットコム、マイクロソフトなど世界の名だたる企業が取り入れている、個人に依存しない営業組織の構築の手法が注目を集めています。

マーケティング、人事部門と営業の関係強化

業務のデジタルシフトが進んだ結果、組織ごとのシステムの孤立が起きやすくなっています。例えば、マーケティング部門がMAや名刺管理ツールで見込み客を管理する。あるいは、営業部門が顧客情報や売上管理をSFAでおこない、採用・人事が採用管理ツールを利用するなどです。

つまり、各部門の業務効率化は成し遂げられていても部門間連携ができず、顧客データや営業ノウハウ・ナレッジなどが一元管理されないため、営業組織全体の最適化にはいたりません。

マーケティングが獲得した見込み客を営業にどう接続するのが理想的なのか、どこからどこまでの営業の業務領域なのか、を整理しながら、人事・採用とも連携して最適な育成プログラムを構築します。さらに的確なスキルセットをもった人材を獲得するなど、部門を越えて営業組織の改善をはかる必要があります。

セールス・イネーブルメント構築の5ステップ

セールス・イネーブルメントを導入するには、下記の手順を参考にしてください。

ステップ1:専任人材・チームをつくる

セールス・イネーブルメント担当者は専任人材、もしくはチームで担当するのが良いでしょう。その理由は、営業組織だけではなくマーケティングや人事、管理部門とも連携する必要があること、データの分析、業務の見直し、トレーニングコンテンツの提供など業務も多岐にわたるためです。また経営陣や営業トップが全社にセールス・イネーブルメントの有用性をメッセージングすることが重要です。部門間を行き来しながら連結させることが役割となりますので、全社的な理解がないと担当者のスピード感が失われてしまいます。

ステップ2:営業データの収集と整備

まずはSFAやCRM、MAなどに蓄積された営業データを収集します。営業プロセスのどのフェーズに課題があるのか、どのようなトレーニングをおこなうと効果があるのか、最適なツールは何か、などを裏付けし、可視化をするためにまずデータを整備しなくてはいけません。

リードから有効リード転換率、有効リードの商談率、商談からの受注率など営業プロセスにおける次フェーズへの転換率を分析します。それだけでなく、展示会、コーポレートサイト、オウンドメディアなどチャネル別の転換率など多角的に分析をします。売上の貢献度を数値化していくことで、注力するポイントや課題点が洗い出せます。

ステップ3:KPIの設定とプログラムの開発

次に営業部門が目指すべきKPIを設定します。収集したデータをもとに課題を抽出して、適切なトレーニングコンテンツや営業ツールの提供をおこないます。例えば、ハイパフォーマーのデータを分析してコンテンツを開発する手法や、営業プロセスごとの課題の解決策、顧客のライフサイクルなど継続的に提供していく必要があります。

ステップ4:成果の評価と検証

育成・教育コンテンツを提供した後は、従業員のコーチング履歴を蓄積し、コーチング後の成果を検証します。いつ、誰が、どのトレーニングを受けたのかを把握して、トレーニング後の営業成果と比較して効果検証をしましょう。

ステップ5:サイクルの確立

セールス・イネーブルメント実施後、効果検証結果を振り返ります。効果が低い施策は見直しが必要となります。また、効果があればその施策を継続するのか、それとも次のレベルへ引き上げるプログラムを開発するのか、経営陣や営業トップと連携して決めていきましょう。これによりセールス・イネーブルメントのPDCAサイクルが確立できます。

セールス・イネーブルメントの取り組み事例:Sansan

セールス・イネーブルメントへの取り組みについてSansanの事例を紹介します。

法人向け名刺管理サービス「Sansan」を運営する同社は、顧客ターゲットの拡大により、営業メンバーの「生産性」がさがってしまうことを課題としていました。

そこで圧倒的に人員が足りていなかったため、セールス・イネーブルメントの一環として、採用とオンボーディングに取り組みました。今まで、「現場に採用の当事者意識がない」ということが一つの課題でした。

そこで、離職率や営業1人あたりの生産性、ランプタイム(100%活躍するまでの期間)などを計算。その結果に基づき「この時期までのこの人数がいないと営業目標を達成できない」ということを示し、現場のマネージャーを巻き込んで採用とオンボーディングすすめました。

結果として、以前の採用数は月に2~3人ほどであったのが、3か月間で25人の採用することになったのです。

また、入社後のオンボーディングについても半年間のプログラムを作りました。これにより、新しいメンバーを現場が手取り足取り教えていたのが、プログラムにより営業メンバーの独り立ちまでのプロセスが効率化。また、教える側の生産性が向上し、ストレスも軽減できました。

このようにセールス・イネーブルメントを立ち上げることによって、採用から人材開発までPDCAがまわせるようになり、結果として今後の営業組織の強化につながります。

グローバル時代、DX時代にはスピーディな変化が必要

セールス・イネーブルメントは、最近脚光を浴びている考え方ですが、急速に浸透し始めています。これまで営業の属人化から脱却して、平準化をはかるのは困難でしたが、SFAやCRM、MAなどの登場で、営業プロセスも科学的に分析することが可能になりました。

常時、営業活動を分析して最適な改善をおこなっていくことで、営業の勝ちパターンを確立できますし、PDCAサイクルが根付くことで変化に対応できる強固な組織をつくることができます。

関連記事

特定エリアに集中出店、「ドミナント戦略」とは?メリットや事例を解説

ドミナント戦略は、特定の地域に出店を集中させることで、国内をに独占状態にするマーケティング戦略です。飲食や小売のチェーン店が六本的に店舗を展開する手段として知られています。今回は、ドミナント戦略がもたらすメリットや実際の企業事例、裏に潜むデメリットまでを解説します。

「コロナ第3波」におけるファイナンス方策 ~特例リスケと出口戦略~

新型コロナウイルス感染第3波の到来により2021年1月中旬までに、11都府県で「緊急事態宣言」が発出された。多くの事業者において、損益や資金繰りがより厳しくなり、企業存続すら危ぶまれる事態すら推察される。このような場合、外的環境の好転を待つのではなく、損益・資金計画を保守的に見通し、ビジネスモデルの変革、財務戦略(追加調達手段)の立案推進が求められる。この記事では、コロナ禍においてこそ採り得るファイナンス方策について、「将来生き残りを展望する」ための方策を考察したい。

ストーリーテリングとは?共感や行動を喚起する手法を解説

誰かに何か意味の込めたメッセージを伝えるとき、論理立てて説明するより適した方法があります。 その方法とは、伝えたいメッセージを物語として語ることで、相手により強い印象を与えられる手法「ストーリーテリング」です。 ストーリーテリングは、ビジネスシーンをはじめとした幅広い場で役に立つコミュニケーションツールでもあり、伝える目的や伝える相手によってストーリーは変わるため、よく検討する必要があります。 本稿では、ストーリーテリングの効果や実例、役立つ場面や効果的な実施方法までを解説します。

ランキング記事

1

テスラの躍進とESG/SDGs投資 GAFAに続くプラットフォーマー

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社の時価総額が2020年中にトヨタ自動車を上回り、一時US$8000億を突破し、既に4倍近い差をつけた。20年中に7倍以上という株価上昇の背景は、ESG/SDGs投融資資金の拡大、同氏が率いる宇宙開発会社「スペースX」社(非上場)の企業価値急拡大などと推測される。この記事では、テスラの急伸長の背景にあるESG/SDGs投資の拡大と、エネルギー分野におけるプラットフォーマーを視野に入れた成長戦略について考察する。

2

GDP2065年までに4割減予想 中小企業の生産性向上が不可欠

日本の生産年齢人口がこのまま減り続け、企業の生産性が向上しなければ、日本のGDPは現在より2065年には約4割減ることになる。そうならないためには、企業数の99%以上を占める中小企業の生産性向上が不可欠だ。中小企業再編の議論が高まる中、特に地方企業が何をするべきか、考察した。

3

RIZAP(ライザップ)をやってみた 社外取としての体験記

筆者は2020年6月、RIZAP(ライザップ)の社外取締役に就任した。同社のマネジメントに外部の目を生かして関わる以上、RIZAPの商品・サービスを経験しなければ始まらない。ということで、就任と同時に「ボディメイク」と呼ばれるRIZAPのサービスを開始。コロナによる自粛生活で生涯最高水準に達した筆者の体重は、現在ピーク比で▲10kgとなった。

4

2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場

国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッドオーシャン化しつつある。グローバル競合が激化する化粧品市場において、消費者に向き合ったコミュニケーションの進化が差別化のカギとなる。

5

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中