僕より腕のたつやつはけっこういるけれど、僕より耳の鋭いやつはいない

本

「あなたはゆくゆく、コンサート・ピアニストとして名を成すだろうと思っていたんだけど」「音楽の世界というのは、神童の墓場なんだよ」と彼はコーヒー豆を挽きながら言った。「もちろん僕にとっても、それはすごく残念なことだったよ。ピアニストになるのをあきらめるのはね。そりゃ、がっかりしたさ。それまで積み上げてきたことが何もかも無駄に終わったんだ、という気がした。どこかに消え失せてしまいたいような気持ちにもなった。でもどう考えても、僕の耳は僕の腕より遥かに優秀だった。僕より腕のたつやつはけっこういるけれど、僕より耳の鋭いやつはいない。大学に入ってしばらくして、そのことに気づいた。そしてこう思った。二流のピアニストになるよりは、一流の調律師になったほうが僕自身のためだって」 

短編集「東京奇譚集」(新潮社)に収録された「偶然の旅人」からの引用です。
「二流のピアニストより一流の調律師」。

私は、本当にありがたいことに、20代のころから経営者に取材をする名誉に浴しました。まさに役得です。その中のお一人が電子部品の大手ロームの創業者 佐藤研一郎氏です。本連載開始時に逝去された際に氏の偉業を紹介しましたが、同氏は、大学生の時に日本トップクラスの音楽コンクールで準優勝するほどのピアニストでした。しかしながら、ピアニストでは一位になれないと判断し、ピアノに鍵をかけ、鍵を川に投げ捨てました。そして、起業し、わずか40年で営業利益1000億円の企業を作り上げたのです。

すなわち、同氏は「二流のピアニストよりは、一流の経営者」になることを、自分の生きるべき場所が「ピアノではなく電子部品」であることを冷静に見極めたのです。
佐藤氏にとっての「経営者」「電子部品」を、本来の意味でニッチと言います。

「ニッチ」の本当の意味

アゲハ蝶

一般に「ニッチ」は「すきま」という意味で使用されることが多いのですが、実ははるかに深遠な意味を持つ言葉です。
生物学者 福岡伸一先生によれば(福岡博士も村上春樹ファンであることを公言しておられます)、ニッチとはもともとは生物学の言葉で「全ての生物が守っている自分のための窪み=生物学的地位」のことなのです。
アゲハチョウの幼虫はミカン類かサンショウの葉しか、キアゲハはパセリか人参の葉しか、ジャコウアゲハはウマノスズクサという葉っぱしか食べないのだそうです。
自分の食性と違う葉っぱを食べるよりも餓死することを選択するのです。つまり、生物は自らのニッチ=自分だけの場所を見極め、「頑ななまでに自らを限定し、無益な争いを避けている」のです(以上、福岡伸一「動的平衡2 生命は自由になれるのか」、木楽舎より)。

佐藤氏の決断は小説、ドラマにできるほど見事なものですが、ニッチとは自分だけに許された場所、自分が一番輝ける場所なのです。

ニッチの見極め

企業の事例も挙げましょう。(FA産業の低迷で足元の業績は落ち込んではいるものの)世界最強の製造業の一つファナックの成功も、ニッチの見極めにあります。

良く知られているように、ファナックはもともと富士通の一事業でした。1960年代、富士通は主力事業であった通信機の次なる事業として、「コンピュータ」と「制御」の二つの分野に進出することを決定し(このような大局観を持った経営者に脱帽です。60年代にコンピュータと制御の二つを正しく言い当てています)、コンピュータ事業のトップには巨人IBMと伍して闘った伝説の天才設計者池田敏雄氏、制御事業のトップには稲葉清右衛門氏が任命されました。

稲葉氏が担当することになった制御産業には、「数値制御」と「プロセス制御」の二つがあったのですが、稲葉さんは後者から撤退し、前者に集中することにしたのです。
現在、後者は前者よりも大きな産業になっていますが、それだけに参入企業も多く、収益性はファナックには及びません。
稲葉さんの予想通りの結果になっています。この経験から「領域を絞り、それに徹することが企業経営の基本だということを学んだ」と稲葉氏は書いています。

そこで一流になれるか

調律
一方、産業界を見渡すと、多くの企業が自社のニッチでない事業に参入し、お互いに傷つけあっています。ニッチ企業同士の競争は建設的ですが、非ニッチ企業との競争は不毛です。新規事業にあたっては、成長産業というだけで参入する事例も散見されますが、本当に重要なのはその事業がニッチであるかどうかなのです。
極端に言えば、成長事業かどうかは「運」です。
内部(自社が輝けるか)は外部(産業が魅力的かどうか)に先立つのです。

ほとんどの人は調律師よりピアニストになりたい。でも誰でもなれるわけではない。筆者も越智志穂さんのように歌いたいし、勇利アルバチャコフのようなカウンターを打ちたいし、鴨居玲さんの抉るような絵を描きたい。
でも、どれも不可能。
悲しいことに、これらは私のニッチではないのです。頑張ればできるというものではありません。

個人にしろ組織にしろ、やはり向き不向きはあります。サッカーをやらせたら一流の人がボクシングで成功するとは限りません。その逆もしかり。組織でも同じでしょう。その事業において一流になれるかどうか、すなわち、その事業がニッチであるかどうかの見極めは、名経営者の条件の一つのように思います。

まとめ

もちろん、売れなくても貧しくてもピアニストであるという人生も美学。ただ、それには相当の覚悟が必要だろうと思いますし、これは個人だから許されることであり、他人の人生を預かる企業経営においては美学での判断は避けるべきと感じています。

▼村上春樹さんから学ぶ経営(シリーズ通してお読み下さい)
①作品に潜む成功へのヒント
②作品に潜む成功へのヒント(差異化について)
③「創造する人間はエゴイスティックにならざるを得ない」
④危機と指導者
⑤「君から港が見えるんなら、港から君も見える」
⑥「靴箱の中で生きればいいわ」
⑧「退屈でないものにはすぐに飽きる」
⑨「どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?」
⑩「王が死ねば、王国は崩壊する」
⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」
⑫「生涯のどれくらいの時間が、奪われ消えていくのだろう」
⑬「あれは努力じゃなくてただの労働だ」

関連記事

株主を整理するスクイーズアウトとは?方法や最新事例も解説

M&Aや組織再編の過程で、100%子会社化を目的とする場合、対象会社に存在する既存の少数株主を「締め出したい」というニーズが生じることがあります。 少数株主の排除のことをスクイーズアウトと呼びますが、従来はその課税関係が複雑で使い勝手が悪いことが多々ありました。 しかし、2017年度の税制改正で大幅に内容が改正され、現在では多くの機会で機動的にスクイーズアウトが活用されるようになりました。今回は、そのスクイーズアウトについて、方法や最新事例について解説します。

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

国際特許出願に、国家戦略はあるか 中韓が大幅増加

2020年の国際特許出願件数は27万5900件と、コロナ環境にもかかわらず過去最多を更新した。中国や韓国が大きく件数を伸ばす中、日本はどのような国家的な技術戦略をたてるべきか、考察した。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中