「違っている」ことの価値

ノルウェイの森の本

「永沢さんはどんな作家が好きなんですか?」と僕は訊ねてみた。

「バルザック、ダンテ、ジョセフ・コンラッド、ディッケンズ」と彼は即座に答えた。

「あまり今日性のある作家とは言えないですね」

「だから読むのさ。他人と同じものを読んでいれば他人と同じ考え方しかできなくなる。そんなものは田舎者、俗物の世界だ。まともな人間はそんな恥ずかしいことはしない」

(ノルウェイの森)

前回 上春樹さんから学ぶ経営

『ノルウェイの森』は言わずと知れた村上春樹さんの大ヒット小説。1300万部!だとか。日本語で書かれた小説が1300万部を超すことはもう二度とないでしょう。『ノルウェイの森』はビートルズの曲「Norwegian Wood」から付けられたタイトル。同曲の正しい意味は「ノルウェイ製の家具」であるという意見も、またここでは書きづらい別の意見もあり、ご関心ある方は、村上春樹さん『村上春樹 雑文集』(新潮社)をご覧ください。 

閑話休題。「他人と同じものを読んでいては他人と同じ考えしかできなくなる」。よく指摘されるように、日本の教育では目立つことが必ずしも歓迎されません。なるべく個性的でないこと。センター試験が象徴的です。数十万人が同時に受ける試験では選択方式にならざるを得ないのですが、これでは本当の意味での才能を選択することは難しいでしょう。

ノーベル賞受賞者利根川進教授によれば、マサチューセッツ工科大学(MIT)でもSATとよばれる適正試験があるのですが、はるかに重要なのは小論文と個人面接だそうです。そして、「この話をすると、日本人からは『それでは主観的になるのでは』と聞かれる」のですが、その先が面白いです。「それで良い。MITは主観を大切にしている」のです。客観的な選択とは言い換えれば標準・常識に基づく選択に他なりませんから、とがった人が排除されてしまうことになります。

村上春樹さんの小説ではいたるところで差異化の重要性が説かれていますが、創作活動と同じく経営においても差異化は根幹をなすものです。

人の行く道に~

ノルウェイの森の本

利益とは何か考えたことがあるでしょうか?・・・利益とは「他と違うことに対して支払われる対価」なのです。自由競争下で同質競争であれば利益はゼロに収斂するでしょう。企業活動はすなわち差異化であり、他社を模倣するのではなく、個性、独自性を打ち出さなくてはなりません。

しかしながら、どうしても他社と同じような経営になってしまいます。同じような研究開発をし、同じような時期に同じような投資をし、同じような製品を同じように作り、同じような価格で売ることになります。

他人と違うこと、天邪鬼であることはとても苦しいことです。人間にはどうしても「他人と同じでいたい」という願望があると思います。他人と違いたいという願望を持ちつつ、でも、他人と違うことをすることは恐ろしいことです。他人と同じでいたほうが楽です。

しかし、世界が平坦になった現代、あらゆる国が入り乱れての世界競争を迫られています。日米欧企業による同一条件での競争の時代は終わり、事業コストや発展段階が明らかに異なる国々との競争を迫られる世界競争下にあって、常識的な発想では勝てなくなってしまうかもしれません。

例えば、投資について考えてみましょう。好況期に投資するのが通常でしょうが、天邪鬼経営者は不景気に投資します。なぜなら、好況期の投資は皆が投資するわけですから、金利は高いし、設備も高いし、人の採用も大変です。

皆がそろって投資をすれば供給過多になる可能性も濃厚です。天邪鬼経営者は、不景気に低金利で低価格の設備を購入し、次の好況期にその果実を得るのです。世界の半導体産業でサムスン電子が飛躍した一つの要因が、投資の巧拙であったといわれています(例えば『なぜ「三つの逆転」は起こったか』(伊丹 敬之氏、NTT出版)。圧倒的な競争力を有する信越化学のウエハー事業も同様でしょう。

Best Seller Certificate Stamp Concept

セブンイレブン創業者鈴木氏は、社員に同業他社の店舗を見学することを禁止していたそうです。見ると模倣したくなる、そこから生まれるのは同質競争に過ぎないとの判断でしょう。他社・他人と違う着眼、発想、意思決定。天邪鬼的発想。経営には不可欠な要素だと思います。

そして、「違う」は経営に限ったことではなく、人生そのものかもしれません。地球上には70億人もの人がいて、かつ、毎年1億人の「新規参入」(出生)があるわけですから大変な競争です。その中で生きていくには「違う」必要があります。

ベストセラーばかり読んでいると、人と同じ考えしかできなくなる。だから、永沢さんのようにディッケンズを読まなくてはいけない・・・うむ?村上春樹さんって最も読まれている作家でしたね。何事にも例外があります(笑)。

つづく 次回 村上春樹さんから学ぶ経営③も差異化について検討する予定です。

▼村上春樹さんから学ぶ経営(シリーズ通してお読み下さい)
①作品に潜む成功へのヒント
③「創造する人間はエゴイスティックにならざるを得ない」
④危機と指導者
⑤「君から港が見えるんなら、港から君も見える」
⑥「靴箱の中で生きればいいわ」
⑦「僕より腕のたつやつはけっこういるけれど…」
⑧「退屈でないものにはすぐに飽きる」
⑨「どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?」
⑩「王が死ねば、王国は崩壊する」
⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」
⑫「生涯のどれくらいの時間が、奪われ消えていくのだろう」
⑬「あれは努力じゃなくてただの労働だ」

関連記事

エリアマーケティング戦略とは?分析のポイントや手法を解説

これから店舗を出店するとき、あるいは既存店舗の戦略の見直しを行うときに有効なのが「エリアマーケティング」です。特に、今後人口の減少が見込まれている日本では、競合店との競争は激化の一途をたどると予想されます。限られた顧客を確保するためにも、エリアマーケティングの重要性はますます高まっていくでしょう。 ここではエリアマーケティングを行う目的やその指標、分析のポイントなどについて解説します。

対談ウェビナー① 「次世代経営者の人材育成」 株式会社スコラ・コンサルト 柴田昌治プロセスデザイナー代表

どうして、日本企業には経営人材が育たないのか。何が変革を阻んでいるのか。大企業が抱える病理とは…。バブル期の80年代後半から、日本企業の「組織風土改革」に取り組んできた株式会社スコラ・コンサルト創業者の柴田昌治氏と、フロンティア・マネジメント株式会社大西正一郎代表が、2回に分けて討議します。

マーケティングファネルはBtoBでも使える?意味や活用法を解説

マーケティングファネルは、マーケティングにおいて効果的なアプローチを行うために用いられるビジネスの基本的な考えです。 購買のどの段階で見込み客が脱落しているかを把握するため、マーケティングファネルは有効な手段となります。そのため、まずはマーケティングファネルがどのようなものであるのかを理解しておくと良いでしょう。 本記事では、マーケティングファネルの基本的な考え方を徹底解説します。BtoCだけでなくBtoBにおいても活用できる考え方なので、ぜひ参考にしてください。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中