プラットフォーム戦略とは?

プラットフォーム戦略とは、複数の企業や組織とアライアンスを結び、顧客に価値を提供するための共通の土台(プラットフォーム)を構築する経営戦略です。

プラットフォーマーは、複数の企業から人脈やノウハウを取り込み、さらに自社ビジネスを成長さられます。また、数多くのパートナー企業を参加させることで、プラットフォーム自体の魅力が高まり、顧客の新規開拓や囲い込み(ロックイン)が可能になります。

デジタル時代の幕開けがプラットフォーム戦略を生み出した

多くの企業がプラットフォーム戦略を採用したきっかけは、インターネットの普及にあります。プラットフォーム戦略の前身が、半導体企業に見られた「アセット・ライト戦略(資産保有の最小限化)」です。工場を持たないファブレス経営によって、開発=自社、製造=他社という共生関係のネットワークを構築することで、効率的でフットワークの軽いビジネスモデルを実現しました。

関連記事:工場を持たない「ファブレス経営」のメリットとは? コア事業に経営資源を集中

現代では、デジタルテクノロジーの発展により、こうしたネットワークの構築がさらに容易になりました。インターネットを通じて、パートナー企業とオンデマンドで共生関係を結び、多くの企業が自社の製品やサービスの付加価値を増大させようとしています。

フェイスブックやツイッターなど、独自のプロダクトやコンテンツを持たず、こうしたネットワークの「場」のみを提供する企業が登場したのも、デジタル時代の特徴です。

プラットフォーム戦略の特徴は「B to B to C ビジネス」

プラットフォーム戦略は、「B to B to C ビジネス(顧客-企業-企業)」という呼ばれることもあります。

従来の「B to C(顧客-企業)」では、企業と顧客の1対1の関係が基本でした。対して、プラットフォーム戦略では、プラットフォーマーが参加企業と1対多の関係を結び、さらに各企業が顧客と関係を構築します。

なぜプラットフォーム戦略が注目されているのか?経営戦略の違いを生む3つの理由

なぜ、プラットフォーム戦略がこれほど注目を浴びているのでしょうか。プラットフォーム戦略が競合他社との違いを生み出す3つの理由を解説します。

理由1:「ネットワーク効果」により、サービス価値が爆発的に増加する

プラットフォームのユーザーが増えれば増えるほど、プラットフォーム全体の価値が高まることを「ネットワーク効果」と呼びます。例えば、料理レシピサイトのプラットフォーマー「クックパッド」も、ネットワーク効果で成長した事例です。ユーザーがレシピを投稿すればするほど、レシピサイトのコンテンツが充実します。レシピサイトとしての魅力が高まれば、さらなるユーザーがプラットフォームに参加します。このように、サービスの利用者を増やせば、ネットワーク効果によりサービス価値がさらに高まり、プラットフォームの魅力が爆発的に上昇します。B to C型のビジネスにはないメリットの1つです。

理由2:「ビッグデータ」の活用により、顧客分析が容易になる

プラットフォームに参加する企業やユーザーが増えることで、多くの情報、ノウハウ、アイディアが集積されるのも、プラットフォーム戦略の強みです。特に注目を集めるのが、「ビッグデータ」の活用です。例えば、世界的なプラットフォーマーであるAmazonは、顧客の購入データを解析し、顧客の属性や購入傾向を分析しています。プラットフォーマーは、プラットフォームを通じてビッグデータを集め、自社のサービス向上に役立てることが可能です。

理由3:複数の業界をまたぎ、新たなビジネスチャンスを創出する

プラットフォーム戦略を取ることで、複数の業界の経験知を持ち寄り、新たなビジネスモデルを構築できます。特にオープン・プラットフォームでは、自社やグループ企業以外も参加できるため、産学官連携による価値創出も可能です。経済産業省 中部経済産業局も、産学官連携による新産業創造戦略の重点7分野の1つとして、「プラットフォーム・ビジネス(情報家電分野)」を挙げており、重点的な支援を行う方針を決めています。[注1]

プラットフォーム戦略の代表的な5つの成功事例

これからプラットフォームを構築したい方は、まずプラットフォーム戦略の成功事例に学びましょう。国内外の5つのプラットフォーマーを紹介します。

事例1. Windows:コンピューターOSを多くの企業や開発者に公開

プラットフォーム戦略の代表的な例が、Microsoftが開発したOS「Windows」です。Microsoftは他のベンダーに先駆けて、Windowsを誰でも利用可能なオープン・プラットフォームとして開発者に公開しました。その結果、2020年3月時点で、WindowsのデスクトップOSのシェアは89.2%に達しています。[注2]

事例2. iTunes:音楽コンテンツの巨大プラットフォームを構築

iTunesはAppleが提供する音楽コンテンツのデジタル・プラットフォームです。従来はCDやレコードなどのハードウェアとして流通していた音楽コンテンツを、デジタルコンテンツとして配信・販売する新たなマーケットを開くことで、著作権者とユーザーをつなぐ強固なプラットフォームの構築に成功しました。

事例3. Amazon:世界最大のネットショップサービスを提供

Amazonはネットショッピングサイトを世界最大規模に成長させ、ネットワーク効果により、プラットフォーマーとして確固たる地位を築きました。自社の製品だけでなく、プラットフォームに参加した企業が多種多様な製品を販売し、利用者の多角的なニーズを満たすことに成功しています。

事例4. Facebook:ユーザーがつながるSNSで世界的なプラットフォーマーに

Facebookはデジタル時代に登場し、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)で大きな成功をおさめたプラットフォーマーの1つです。自社の製品やコンテンツを提供するのではなく、WEBを通じて企業やユーザーがつながる「場」を提供しました。プラットフォームに集まる膨大なユーザーをターゲットとした、企業向けの広告サービスを展開し、収益をあげています。

事例5. 楽天市場:Amazonに次ぐ国内有数のプラットフォーマー

楽天市場もAmazonと同様、さまざまなジャンルのショップが出店する「場」を作り、多くのユーザーを集めたプラットフォームです。自社が商品を販売するというより、業種を超えた多種多様な参加企業が集まることで豊富な品揃えを実現し、ユーザーにとって魅力的なショッピングサイトになっています。

プラットフォーム戦略を成功させる3つのポイント

後発の企業がプラットフォーム戦略を成功させるポイントは3つあります。

ポイント1. 「ターゲット」と「マーケット」の2つを定義する

最も大切なのが、プラットフォームの「ターゲット」と「マーケット」を定義することです。例えば、楽天市場は「リアル店舗では優位性を発揮できない中小企業」をターゲットに設定し、プラットフォーマーとして成功しました。ブルーオーシャンを発見するのは困難ですが、既に多くのプラットフォームが先行している以上、顧客や市場の細かな分析(セグメンテーション)を必ず行いましょう。

ポイント2. キャッシュポイントを明確にする

プラットフォームから収益を得る方法(キャッシュポイント)は2つあります。1.プラットフォームの「利用料」を参加企業から得るか、2.プラットフォームを通じて製品やサービスが購入された場合に、顧客から「手数料」を得るかです。この2つでは決済システムも異なります。

ポイント3. 参加企業と強固なアライアンスを構築する

。プラットフォーム企業の収益性は、ネットワーク効果により、参加企業の数に強く影響されます。特に後発のプラットフォーマーは、参加企業を集めるため、プラットフォームの特徴や利点を丁寧に説明して、強固なアライアンスを構築することが大切です。

ユーザーや企業と信頼関係を築き、強固なプラットフォームの構築を

現代の企業が競争を生き延びるためには、ただ製品やサービスをリリースするだけでは不十分です。

プロダクトを通じて世の中に変化をもたらし、顧客に対し「社会的な価値」を提供していく必要があります。そのためには、ユーザーやパートナー企業と強固なアライアンスを結び、「協創関係(共に価値を創出する関係)」を築いていくプラットフォーム戦略が効果的です。

[注1] 経済産業省 中部経済産業局:ここからはじめる!産学官連携
[注2] マイナビニュース:Windows 7が増加 – 3月デスクトップOSシェア

関連記事

コストリーダーシップ戦略とは?差別化・集中戦略との違いやメリット・リスクを解説

新商品・新サービスを開発する際、「いくらで生産して、いくらで販売するのか」という価格設定は重要なポイントになってきます。商品・サービスの価格を検討するうえでキーワードになるのが「コストリーダーシップ戦略」です。今回は、コストリーダーシップ戦略の概要、差別化戦略や集中戦略との関係、メリットやリスクなどについて解説していきます。

「コアコンピタンス」の意味とは? ケイパビリティの違いと企業の事例を解説

「コアコンピタンス」とは、企業が持つ様々な能力や機能のうち、「他社には真似できない企業の核となる能力」のことです。 競争と変化が激しいビジネスにおいて、自社の戦略や方向性を策定する上で、競合他社と差別化をはかりながら、客観的な自社の優位性を見極める必要があります。そ本記事では、コアコンピタンスの意味、ケイパビリティの違いについて企業事例を交えて解説します。

BPR(業務改革)とは何か? BPMやCMMIとの違いとともに業務効率手法を探る

政府主導のもとに始まった働き方改革に加えて、日進月歩でビジネスのデジタルシフトも進んでいます。近時の変化は、「第4次産業革命」に例えられるなど、100年に1度の変革期とも言われるほどです。 業界・業種問わず、何かしらの業務改善やITシステムやクラウドサービスの導入に着手していない企業はいないでしょう。そのような動きのなかで、BPR(Business Process Re-engineering=ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)が注目を集めています。 この記事では、既存事業を根本から「再構築=リエンジアリング」する「BPR=業務改革」について解説します。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中