オンライン服薬指導、オンライン診療の原則とは

厚労省イメージ

「オンライン診療」の定義は、情報通信機器を用いた「リアルタイムの視覚および聴覚の情報を利用した遠隔診療行為」であり、対象は特定の疾病に限られ、初診での実施は認められていない。

日本でのオンライン診療は、2018年3月に厚生労働省が指針を策定、2018年度診療報酬より「オンライン診療料(月1回、71点)」「オンライン医学管理料(同100点)」が新設収載されて開始した。
それ以前にも「電話等再診料」は存在していたが、これは既存患者からの求めに応じて電話やテレビ電話などで治療上の意見や指示を提供するものであり、診断や医薬品の処方は認められていなかった。

一方、保険調剤薬局で行われる服薬指導はこれまで対面のみが原則とされていたが、2019年の薬機法改正によって法整備され、2020年4月に保険収載、9月からの実施が施行された。

これはそもそも体系的なオンライン医療の充実を目的としているため、オンライン服薬指導の対象となる処方箋は、オンライン診療または在宅・訪問診療によって発行されたものに限られる。

更に服薬指導の実施は、従前に対面調剤の実施歴のある患者への同一薬剤ついて、同一の薬剤師が行うことが求められる。保険薬局は事前に服薬指導計画を作成して内容を患者と合意し、医療機関と共有したうえで当該計画に基いて実施することが要件となっている。

「0410対応」コロナウイルス感染防止のための「非接触服薬指導」の前倒し解禁

処方箋イメージ

新型コロナウイルス感染症の発生をうけ、2020年3月に「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が決定され、院内感染防止のための非接触の診療及び服薬指導の早期実施が求められた。

これを受けて厚生労働省は2020年4月10日に「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」(0410事務連絡)を通知した。

これはオンライン診療・服薬指導の要件を時限的な特例として大幅に緩和したものである。中でも、即日解禁された「電話や情報通信機器を用いた服薬指導」は、診療形態による制限なども大幅に緩和され、対象が大幅に拡大。薬機法の「オンライン服薬指導」原則からは大きく異なるものとなった。

厚生労働省は0410対応をあくまでも「時限的な特例措置」であり、これが終了した際のオンライン服薬指導は9月より施行されている改正薬機法に基づく要件が求められるとしている。

▽参考記事
診療報酬改定2020、改正薬機法で、再編加速する調剤薬局業界

薬機法の「オンライン服薬指導」と「0410特例」が並行

図表
▲出所:改正薬機法概要及び0410特例通知よりFMI作成

薬機法が定義するオンライン服薬指導と0410対応による非接触服薬指導の相違点を上の図に示したが、大きな違いのひとつとして、前者はリアルタイムの視覚情報を含む情報機器の使用が前提であり、後者は電話のみによる服薬指導(太字)が認められていることである。

厚生労働省が公表した7月までの0410対応オンライン診療実施状況の検証結果では、全医療機関中で電話・オンライン診療を実施した医療機関の割合は4月末の9.6%から7月末には14.6%まで増加している。

但しその中で使用された情報機器は、データが示された4-6月のいずれの月でも電話による診療が過半数を占めている。服薬指導における同様のデータは示されていないが、大手調剤薬局チェーンのヒアリングや市中の門前薬局の店頭掲示等では、「来店不要及び電話カウンセリング対応」の訴求が多く見られている。

0410特例で、オンライン服薬指導(電話)が浸透へ

調剤薬局看板イメージ

コロナの感染拡大状況を踏まえ、厚生労働省は8月に0410対応の延長を発表した。現在(2020年11月)のコロナ感染状況を見る限り、当面はこの対応が続く可能性が高いだろう。

この中で、初診を制限しないオンライン診療や、処方元の診療形態や当該薬局の利用歴を問わないオンライン服薬指導は、慢性疾患や深刻ではない症状の患者にとって便利なものとして浸透する可能性は否定できない。

9月からは予定通り薬機法上の「オンライン服薬指導」が開始された。オンライン診療システムプロバイダー大手の株式会社メドレーが11月13日に開示した決算概要によると、同社のオンライン服薬指導システムPharmsは9月末時点で2,000件以上が導入されたとのことだが、その大半は従来から9月に向けた準備を計画していた大手・準大手調剤薬局チェーン3社向けのものと判断される。

その他の大手チェーンは、従来計画通り導入準備を行っている企業や、現状では処方元医療機関の状況に応じて必要な対応を行いつつ、コロナ禍を受けて検討されているオンライン診療・服薬指導に対する規制見直しの動向を窺い、店舗特性毎の本格導入要否とタイミングを計っていると見ている。

オンライン服薬指導の提供は継続するか

国内で約5.9万軒の調剤薬局のうち、7割程度は中堅、中小規模あるいは個人事業主により開設されている。COVID-19感染が本格化した3月以降の調剤薬局市場は、8月に至っても依然として処方箋枚数、金額ともに前年同月を割り込む厳しい状態が続いている。

0410特例を受けて現状で非対面服薬指導を提供しているこれらの中小規模薬局の中で、薬機法の要件を満たすための人的・経済的リソースを有する薬局は限定されている。筆者は今後のオンライン服薬指導の要件見直しが患者の薬局選択に及ぼす影響に注目しており、0410特例の終了が小規模薬局の淘汰の引き金の一つとなる可能性に注視している。

関連記事

アナログな小売業 DX成功への処方箋

小売企業の多くが、DXへの取り組みを進めている。しかし、実際にデジタル革新が進んでいると、胸をはる業者は少ない。どうしてうまく進まないのか、ではどうすればいいのか。この記事では当社(フロンティア・マネジメント)のコンサルティング業務から見えてきた、DXの頻出課題と突破するための処方箋を提示したい。

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

日本の自動車産業にとって、EVは最適な手段なのであろうか。第2回では、次世代燃料「e-fuel」について紹介するとともに、それが将来のHEV(ハイブリッド車)とBEV(外部充電式電気自動車)の販売シェアに及ぼす影響などについて考察する。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中