医療AIとは?AIの進化でブレークスルーを迎える医療

医療AIとは、医療分野に活用される人工知能のことです。医療AIといっても様々な用途があり、現時点では次のような医療サービスが存在します。

画像認識 CT・MRの画像をAIで分析し、臓器の境界線や、病変部位などを自動で認識する
診断支援 機械学習モデルで医療データを解析し、バイオマーカーの探索や、薬効の予測、患者の予後予測といった診断のサポートを行う;
事務効率化 従来の事務作業をAIが代替し、患者とのコミュニケーションなど、医療従事者が本来の業務に注力できるようにする
医療データプラットフォーム 医療データをオンプレミスではなくクラウドに移行し、低コストで安全性の高いデータ活用や、ビッグデータの解析を可能とする
創薬 大量の医療情報をAIに学習させることで、創薬につながるヒントを得る

医療AIが最も注目されている分野が、医療用画像診断です。機械学習モデルを使えば、CT(コンピューター断層撮影)やMT(磁気共鳴画像)を自動で解析して、画像診断専門医と同等の診断を行うことが可能になります。

人体への侵襲性の高い検査や、高度な手技を要する検査も医療AIに代替され始めています。また、AIに事務的なオペレーションを代行してもらうことで、医師や看護師は本来の業務に注力できます。

医療従事者が自ら機械学習やディープラーニングに取り組み、医療AIの開発に関わる事例も増えています。

さらに、医療機器メーカーも医療AIに着目し、画像認識ソフトウェア、診断支援ソフトウェアなどを次々と開発しています。医療AIを通じて、新たな医療サービスを創出する時代が訪れつつあります。

日本の医療現場が抱える課題

なぜ、医療現場でAIの活用が注目されるのでしょうか。日本は非常にハイペースに少子高齢化が進行している国です。

内閣府の2019年8月の調査では、国民の4人に1人が65歳以上の高齢者であり、2040年には3人に1人が高齢者になると予測されています。

高齢者が増加すると、医療サービスを利用する患者が増え、医療現場の負担も増加。一方で、少子化によって労働人口が減少に伴い、医療サービスの従事者も減少します。

医療現場の深刻な人手不足が予測される中で、持続可能な医療サービスを提供するには、AIによる事務作業の代替やオペレーションの改善など、医療の効率化が欠かせません。

医療AIを導入する3つのメリット

医療現場にAIを導入することで、次の3つのメリットがあります。

1.事務作業をAIに代替させて労働時間を短縮し、コア業務に集中できる

受付、会計、レセプト(明細書)の入力やチェックといった医療事務のシステム化や、RPAを利用した医師や看護師のデスクワークの自動化など、医療AIは医療現場の事務作業を大幅に効率化しつつあります。

医療従事者は本来のコア業務に集中することで、持続可能な医療サービスを提供することが可能です。

2.患者の医療データを機械学習モデルで分析し、最適な医療を提供する

機械学習やディープラーニングを使用すれば、患者のプロファイルを解析し、一人一人の病歴や通院歴、問診履歴などから、最適化された治療やケアを提供できます。

3.医療用画像診断により、人間の目で気づきにくい病気を早期発見できる

MRIやX線投影など、医療用画像診断は既に多くの医療現場で活躍していますが、AIによって、人間の目で気づきにくい病気の検査や、高度な手技を要する検査を代替しています。

医療AIを導入する2つの課題

一方、医療AIを導入する前に、2つのリスクを考慮する必要があります。

1.患者の個人情報の第三者提供やオプトアウトのルールの整備が必要

医療AIでは患者の医療データやプロファイルを扱います。こうした個人情報の取り扱いや、他の医療機関への第三者提供に際し、患者との事前合意を前提とするインフォームドコンセントや、患者が後で情報提供を拒否できるオプトアウトなどの仕組みを整備することが大切です。

2.AIによる検査や診断結果をどこまで信用するのか、慎重な線引きが必要

AIによる診断をどこまで信用するのか、AIの診断が原因で医療ミスが発生したら誰が責任を取るのか、といった線引きをガイドライン化する必要があります。

医療分野にAIを導入した事例:画像認識で早期胃がんを高精度で検出

医療分野では既に医療AIの導入が進んでいます。ここでは、理科学研究所 国立がんセンターの事例を紹介します。

医療AIの導入事例:理科学研究所 国立がんセンター

早期胃がんは形状が多様であり、専門医でも早期発見、早期治療が難しいことが知られています。

理科学研究所の国立がんセンターは、ディープラーニングによる画像認識を早期胃がんの診断に活用し、高精度な自動検出法の開発に成功しました。

約36万枚の学習用データを使い、早期胃がんの正解画像をコンピューターに学習させることで、陽性的中率(実際にがんであった場合)は93.4%、陰性的中率(がんでなかった場合)は83.6%と、早期胃がんを高精度で自動判定が可能になりました。

医療分野で普及が進むAI。サスティナブルな医療サービスを実現するには医療AIが欠かせない

機械学習モデルやディープラーニングを用いた画像診断や、事務処理や医療オペレーションの効率化は、AIの得意分野です。

一方、患者の意思表示を尊重した医療の提供や、患者・家族の感情や意思決定のサポートなど、医療におけるコミュニケーションの分野は引き続き医療従事者に求められます。

AIの医療への導入によって医療従事者は仕事を奪われるのではなく、本質的な業務に専念できるようになるのです。

Frontier Eyes Onlineでは、ビジネスにおける最前線の情報を提供しています。よろしければ、ぜひメルマガのご登録をお願いします。

<参考>
内閣府:平成29年版高齢社会白書
内閣府:社会保障給付費の推移等
厚生労働省:平成26年度診療報酬改定の概要
国立研究開発法人 国立がん研究センター:AIで早期胃がん領域の高精度検出に成功

関連記事

ストーリーテリングとは?共感や行動を喚起する手法を解説

誰かに何か意味の込めたメッセージを伝えるとき、論理立てて説明するより適した方法があります。 その方法とは、伝えたいメッセージを物語として語ることで、相手により強い印象を与えられる手法「ストーリーテリング」です。 ストーリーテリングは、ビジネスシーンをはじめとした幅広い場で役に立つコミュニケーションツールでもあり、伝える目的や伝える相手によってストーリーは変わるため、よく検討する必要があります。 本稿では、ストーリーテリングの効果や実例、役立つ場面や効果的な実施方法までを解説します。

稲盛氏の会計管理手法「アメーバ経営」とは?仕組みやメリットを考察

効果的な管理会計手法として、多くの国内企業が導入する「アメーバ経営」とは、一体どのようなものなのでしょうか。この記事では、注目されるアメーバ経営について、その定義や仕組みや、メリット、導入ノウハウなどについて分かりやすく解説していきます。

顧客の意向を第一主義に考える「アドボカシー・マーケティング」とは?

細分化されるマーケティングの手法。その一つとして、顧客第一主義で考える「アドボカシー・マーケティング」が注目されています。顧客の意向を第一優先とし、リピーターの獲得などを目指すアドボカシー・マーケティングは、一体どのようなものなのでしょうか。今回は、その定義や注目背景、事例などに関して、分かりやすく解説しています。

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中