ナレッジマネジメントとは何か

ナレッジマネジメントとは何か

ナレッジマネジメントとは、企業活動において付加価値を生み出すナレッジ=知識、知恵を生み出し、社員に共有、活用して成果を出してもらうまでの一連の活動です。ナレッジとノウハウ、スキルは厳密にはそれぞれ別の概念ではありますが、企業活動における位置づけは近しいので、本稿では同等のものとして取り扱います。

コンセプトとしては、著名な経営学者である野中郁次郎教授の名著「知識創造企業」や、90年代以降の企業活動におけるIT化の進展による情報のデータ化の時代から存在しています。しかしいまだなお注目を浴びているキーワードであり、筆者も顧客への経営支援の際に何度もテーマとして取り上げています。

ナレッジマネジメントが注目されている理由とは?

ナレッジマネジメントは従来から知識・ノウハウの共有による生産性の向上や新しいアイデアの発明といった文脈で語られてきました。さらに直近ではコロナ禍の中でリモートワークの推進や飲み会がなくなったことにより、社内でたわいのない会話をする機会が著しく減少してしまったため、ナレッジの共有も難しくなり注目を浴びていると考えられます。

常に新しいアイデアを求められる企画部門に限らず、業務の質と効率、すなわち生産性をあげるためにデキる人のノウハウや知恵が重要であることは日々仕事をされているであろう読者の皆様にはすぐにお分かりいただけるかと思います。

ナレッジマネジメントの成功ポイントとその具体事例は?

ナレッジマネジメントの成功ポイントとその具体事例は?

ナレッジマネジメントというと、とっさに思い浮かぶのは参考事例などを集めたデータベースです。

しかし重要なのはナレッジを社員がいかに活用するか、ナレッジを用いて求められている成果を出すかにあります。

確かに社内に散在している情報を集約して閲覧性を高めることは必要です。しかし、よくある失敗パターンとしてデータベースが整備されたけれど誰も見ない、いざ見てもそれをどのように使えばよいかいまいちわからないという事態があるあるとなっています。よって以降でナレッジマネジメントの成功ポイントとなること2点をその具体事例とともに解説します。

ポイント①:アメとムチの使い分けによって情報収集・活用を促す

一つ目の事例としてユニークな商品を継続的に開発していることで有名な某大手製薬メーカーの例を紹介します。

この企業ではアメとムチの見事な使い分けにより社員が情報を収集したくなる/せざるを得なくなる仕組を構築しています。この会社では新商品や業務改善のアイデア発案について全社員にノルマが設定されており、毎月1件はアイデアを出さなければいけない決まりとなっています。

特に筆者がなるほどと思った点は二つあります。

一つ目(ムチ)は役職の高い人間も例外でないということです。上長もやっているのだからということで必然的に一般社員の方も参加せざるを得ない雰囲気を作っています。

二つ目(アメ)は、出されたアイデアがきちんと評価されるということです。出されたアイデアはどのようなものでも担当部門がコメントを返すそうです。かつ優秀賞には賞金が出る、社長から直接称賛のメールが送られるとのことで、「積極的にいいアイデアを出そう。そのために社内のナレッジを活用しよう」という意識が芽生えます。

ポイント②:形式知化することにこだわり過ぎない、まずは分かる人に聞く

二つ目の事例として筆者の所属しているコンサルティング業界での事例を紹介します。多くのコンサル企業では社内のデータベースに顧客名が伏せられたうえで、過去事例を社内に共有しています。しかし筆者の経験上その資料を見ただけでは、事例のポイントやどう自分の仕事に活かすかまで思い至るのは至難の技です。

それをどのように解決しているかというと、データベースの情報に担当者名を記載されており、問い合わせをすることで何がポイントになるかということをヒアリング、相談できるようにしていることです。コンサルティング業界ではこのようなやりとりは日常茶飯事で持ちつ持たれつのため、快く相談に乗っていただけることが多いです。

ノウハウを形式化する=完全に資料に落とし込むということ自体が大変難しく、かつ非常に時間もかかりますのでこのようなやり方をしていると考えます。

ナレッジマネジメントは地道に

ナレッジマネジメントとは、組織全体の中でナレッジを蓄積、活用して成果を出すということまで考えると、大変ダイナミックな活動であるということがわかります。よってデータベースなどの一部の仕組みに閉じずに戦略論、組織論とセットで語ることが理想的です。

いきなりそんなこと言われても…ということであれば、まずは社内の誰が何について詳しいかということを少しずつ集めてみてはいかがでしょうか。きっといつか役に立つときが来ると思います。

関連記事

村上春樹さんから経営を学ぶ⑱「経済にいささか問題があるんじゃないか」

オリンピックが始まります。かつて日本のお家芸だった男子マラソンでは、アフリカ勢に押され、栄光は過去のものになりました。さて、経済では日本の台頭に苦しんだ米国は、正面から争うのではなく「競争の場」を変えることで復活しました。今度は日本がそれをやる番です。それでは今月の文章です。

「前経営陣批判」の罠 現経営陣のネガティブ・バイアスを見分けよう

業績不振の企業経営者の多くは、前経営陣の負の遺産を(無意識的に)強調する傾向がある。歴史を紐解くと、新たな為政者は自らの正統性を主張するため、その前の時代を必要以上に貶めている。インタビューなどで経営陣と接する第三者として我々は、この精神構造を十分に割り引いて企業分析する必要がある。

地銀再編とは? (予想される変化と今後の動向を解説)

地銀再編の言葉が使用されて久しいが、今後の再編に対する見方は様々だ。その場合に重要なことは、地方銀行の収益性向上の視点のみならず、地銀再編によって顧客(消費者・企業)に対してどのようなメリット・デメリットがあるかの視点である。本稿では、顧客視点からみた地銀再編の姿について解説する。

ランキング記事

1

地銀再編とは? (予想される変化と今後の動向を解説)

地銀再編の言葉が使用されて久しいが、今後の再編に対する見方は様々だ。その場合に重要なことは、地方銀行の収益性向上の視点のみならず、地銀再編によって顧客(消費者・企業)に対してどのようなメリット・デメリットがあるかの視点である。本稿では、顧客視点からみた地銀再編の姿について解説する。

2

「前経営陣批判」の罠 現経営陣のネガティブ・バイアスを見分けよう

業績不振の企業経営者の多くは、前経営陣の負の遺産を(無意識的に)強調する傾向がある。歴史を紐解くと、新たな為政者は自らの正統性を主張するため、その前の時代を必要以上に貶めている。インタビューなどで経営陣と接する第三者として我々は、この精神構造を十分に割り引いて企業分析する必要がある。

3

世界でシェアの高いドローンメーカーは?国内メーカーの展望も解説

ドローンは、世界中の産業、工業など幅広い場面で活躍しています。無人で飛び回りさまざまな業務をこなすドローンは、使い方次第でビジネスを大きく変えられる先進技術です。 ドローンの有用性に注目が集まる中、ドローンのメーカー間のシェア争いも激化しています。ドローン市場はメーカーの新規参入や入れ替わりが激しいのが特徴です。日本のドローンメーカーも、より高度な技術開発を急いでいます。 そこでこの記事では、世界でシェアの高いドローンメーカーを解説。また世界でシェアを伸ばす国内ドローンメーカーについてもご紹介します。

4

白酒偏重、中国の酒造業を分析 「貴州茅台酒」時価総額トヨタ超え

中国の酒造業界で、蒸留酒「白酒」(báijiǔ)の割合が増加している。「貴州茅台酒」(Moutai,貴州省)のように、時価総額でトヨタ自動車を上回る企業も現れた。宴席の減少、健康志向、高齢化社会に向かう中でも、どうして拡大傾向を見せているのか。中国の酒造業の現状について考察する。

5

横浜市のIR(統合型リゾート)事業者有力候補 ゲンティン(Genting Singapore)とは

横浜市における統合型リゾート(IR)の事業者の選定が大詰めを迎えている。2021年6月11日に締め切った公募では、ゲンティン(Genting Singapore)とマカオでカジノを運営するメルコ(本社は香港)を中心にした2グループが応募したとみられる。この記事では最有力と目されるゲンティンを通じ、IRの方向性や他企業の参入機会を探る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中