「メイド」の秋葉原と「執事」の池袋

池袋

池袋は江戸時代までは田園地帯だったが、明治以降は立教などの私立学校が移転してきたのに加え、鉄道の開業で徐々に発展。戦後、戦犯が収容された巣鴨プリズン跡地に「サンシャイン60」ができるなどして都内有数の繁華街としての地位を築いた。高度経済成長期には、池袋駅は、西武鉄道、東武鉄道のターミナル駅ということもあり、市街化が進展する埼玉方面への玄関口としての地位を高め、JR東日本の「各駅の乗車人員ランキング」では、長らく新宿に次ぐ第二位の座をキープしている。

1990年代は「カラーギャング」と呼ばれる不良少年が集まるなど、「治安の悪い街」というイメージが根強かったが、最近様変わりしている。

現在の池袋は、男性オタク向けとされる秋葉原と対照的に、女性向けアニメグッズの聖地として名高い。「サンシャイン60」近辺には、アニメグッズショップ「アニメイト」を中心に、女性向けアニメ関連の店が集積している。秋葉原の「メイド喫茶」と対をなす女性向け「執事喫茶」の存在も、池袋らしい個性となっている。近年では、アニメを好む外国人来訪も増加している模様だ。

このような「サブカルの聖地」池袋では、2020年夏までにライブ関連施設やシネマコンプレックス、文化施設などが新設/リニューアルされる見込みだ。

civichall

旧豊島区役所跡地には、既に一部が先行オープンしている複合施設「Hareza」が新設され、劇場、ホール、シネコンが併設される。2020年夏には、2500席を有するシネコンが入居する「キュープラザ池袋」もオープン予定。さらに、2020年3月には、出版大手の講談社が、ブシロードやテレビ東京など他のエンターテインメント関連会社と協業して、ライブエンターテインメントを主軸にしたビル「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」をオープンし、ライブエンタメ事業に参入する。

「消滅可能都市」豊島区の危機感

サンシャイン60

豊島区は2014年、定住率が低い、単身若年世帯が多いことを背景に、日本創生会議により、東京23区で唯一「消滅可能性都市」に指定された。それ以降、魅力的なまちづくりの対策が必要として、「女性にやさしいまちづくり」や「国際アート・カルチャー都市構想」などを標榜してきた。

s豊島区の中心地である池袋は、上記2施策をアピールするために欠かせない場所であり、既述のエンターテインメント関連施設の充実のほか、公園やトイレの整備を積極化させてきている。

このような「池袋」の進化は、「2019年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」で、「首都圏・借りて住みたい街」部門にて3年連続で首位を獲得したことからも、首都圏住民から確実に高評価を得つつあることが確認される。

としまえん閉園→ハリポタテーマパークの入り口に

アニメイト

加えて、報道によれば、西武ホールディングスが運営する遊園地「としまえん」は、2023年を目途に「ハリーポッター」のテーマパークに建て替わるとされている。この報道が事実ならば、池袋は同テーマパークに向かう出発駅ということとなり、西武池袋駅には「ハリーポッター」の装飾を施した施設の新設、劇中の「ホグワーツエクスプレス」塗装の特急列車の運行など、新テーマパークをを盛り上げる演出がなされる可能性が有るだろう。この「ハリーポッター」テーマパークの新設が、更なる池袋の魅力向上につながるか注目したい。

一方、池袋の魅力が増し、人が集まりすぎる場合、全国どこにでもあるようなチェーン店舗の出店が増加し、街の魅力が劣化するリスクも存在する。現在の“尖った個性”を如何に維持し、池袋らしさを失わない発展につなげるかが課題となるだろう。

関連記事

スーパーシティとは?定義やスマートシティとの違い、海外事例とともに解説

現在の日本では、少子高齢化や労働人口減少、地方の過疎化や空き家、都市部の交通渋滞やCO2排出など、様々な課題があります。これらの課題を、AIやIoT、5Gなどのテクノロジーを駆使して解決しようとするのが内閣府が推進する「スーパーシティ構想」です。また、最先端の技術で生活のスマート化を目指す「スマートシティ」は世界各国の都市で導入されている一方、様々な課題があります。 今回は、スーパーシティの概要や課題、スマートシティとの違いを解説するとともに、海外におけるスマートシティの事例を紹介していきます。

百貨店の進むべき道

百貨店の苦境が、加速している。日本百貨店協会によると、全国の百貨店の売上高は消費増税後の2019年10月から8カ月連続で下落。コロナ休業明けの6月も、大手3社の売上高は回復していない。この記事では、百貨店本来の提供価値が失われている現状に着目し、トランスフォームが求められる、百貨店の在り方について考えてみたい。

「新しい生活様式」(ニューノーマル) 化粧品業界に求められるDX対応

コロナウイルスによる影響が長期化し、化粧品の販売現場も、変化が迫られている。6月の商業施設の再開後も、美容部員による対面販売サービスや自由なテスター試用といった従来の販促活動が大幅に制限。デジタルトランスフォーメーション(DX)によるマーケティングの進化が欠かせない状況だ。

ランキング記事

1

「選択と集中」の誤算㊤ 大いなる誤訳

2020年3月1日、「経営の神様」と呼ばれたジャック・ウェルチ氏が死去しました。 1990年代後半、経済危機の最中にあった日本で、ウェルチ氏の存在はひときわ強い影響力を持ち、その言葉は「格言」として広まっていきました。しかし、最も有名な「選択と集中」という言葉に関しては、ウェルチ氏の意思が「誤訳」されて伝わっていました――。 フロンティア・マネジメントの代表取締役である松岡真宏が、機関誌「FRONTIER EYES vol.23」(2018年11月)に掲載した記事を再掲いたします。

2

ASEAN トピック「コロナ鎖国」に強いアセアン諸国 食料・エネルギー自給率を比較

コロナウイルスの猛威により、世界中が「巣ごもり状態」、いわば世界中が「鎖国状態」という前代未聞の状況となった。中国では他の地域に先行して生産活動に復調の兆しとの知らせも聞こえるが、地球規模の影響は長期化する可能性が高く、体力の弱い国の財政破綻の可能性すらありうる。一方、近隣ASEAN諸国に目を向けると、食料やエネルギーの自給率の面では、案外強いことに改めて気づかされる。

3

村上春樹さんから学ぶ経営②~作品に潜む成功へのヒント~

前回予告いたしましたように、「村上春樹さんから学ぶ経営」を、シリーズでお届けして参ります。今回のテーマは、「差異化」です。まずは次の一文をお読みください。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

人気のキーワード