「メイド」の秋葉原と「執事」の池袋

池袋

池袋は江戸時代までは田園地帯だったが、明治以降は立教などの私立学校が移転してきたのに加え、鉄道の開業で徐々に発展。戦後、戦犯が収容された巣鴨プリズン跡地に「サンシャイン60」ができるなどして都内有数の繁華街としての地位を築いた。高度経済成長期には、池袋駅は、西武鉄道、東武鉄道のターミナル駅ということもあり、市街化が進展する埼玉方面への玄関口としての地位を高め、JR東日本の「各駅の乗車人員ランキング」では、長らく新宿に次ぐ第二位の座をキープしている。

1990年代は「カラーギャング」と呼ばれる不良少年が集まるなど、「治安の悪い街」というイメージが根強かったが、最近様変わりしている。

現在の池袋は、男性オタク向けとされる秋葉原と対照的に、女性向けアニメグッズの聖地として名高い。「サンシャイン60」近辺には、アニメグッズショップ「アニメイト」を中心に、女性向けアニメ関連の店が集積している。秋葉原の「メイド喫茶」と対をなす女性向け「執事喫茶」の存在も、池袋らしい個性となっている。近年では、アニメを好む外国人来訪も増加している模様だ。

このような「サブカルの聖地」池袋では、2020年夏までにライブ関連施設やシネマコンプレックス、文化施設などが新設/リニューアルされる見込みだ。

civichall

旧豊島区役所跡地には、既に一部が先行オープンしている複合施設「Hareza」が新設され、劇場、ホール、シネコンが併設される。2020年夏には、2500席を有するシネコンが入居する「キュープラザ池袋」もオープン予定。さらに、2020年3月には、出版大手の講談社が、ブシロードやテレビ東京など他のエンターテインメント関連会社と協業して、ライブエンターテインメントを主軸にしたビル「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」をオープンし、ライブエンタメ事業に参入する。

「消滅可能都市」豊島区の危機感

サンシャイン60

豊島区は2014年、定住率が低い、単身若年世帯が多いことを背景に、日本創生会議により、東京23区で唯一「消滅可能性都市」に指定された。それ以降、魅力的なまちづくりの対策が必要として、「女性にやさしいまちづくり」や「国際アート・カルチャー都市構想」などを標榜してきた。

s豊島区の中心地である池袋は、上記2施策をアピールするために欠かせない場所であり、既述のエンターテインメント関連施設の充実のほか、公園やトイレの整備を積極化させてきている。

このような「池袋」の進化は、「2019年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」で、「首都圏・借りて住みたい街」部門にて3年連続で首位を獲得したことからも、首都圏住民から確実に高評価を得つつあることが確認される。

としまえん閉園→ハリポタテーマパークの入り口に

アニメイト

加えて、報道によれば、西武ホールディングスが運営する遊園地「としまえん」は、2023年を目途に「ハリーポッター」のテーマパークに建て替わるとされている。この報道が事実ならば、池袋は同テーマパークに向かう出発駅ということとなり、西武池袋駅には「ハリーポッター」の装飾を施した施設の新設、劇中の「ホグワーツエクスプレス」塗装の特急列車の運行など、新テーマパークをを盛り上げる演出がなされる可能性が有るだろう。この「ハリーポッター」テーマパークの新設が、更なる池袋の魅力向上につながるか注目したい。

一方、池袋の魅力が増し、人が集まりすぎる場合、全国どこにでもあるようなチェーン店舗の出店が増加し、街の魅力が劣化するリスクも存在する。現在の“尖った個性”を如何に維持し、池袋らしさを失わない発展につなげるかが課題となるだろう。

関連記事

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊦ 将来編

㊤現状編では、国内外の植物工場ビジネスの近況について述べてきたが、㊦ではその中での戦い方について筆者の考えを記したい。

百貨店に求められる今後のあり方とは

百貨店の苦境が、加速している。日本百貨店協会によると、全国の百貨店の売上高は消費増税後の2019年10月から8カ月連続で下落。コロナ休業明けの6月も、大手3社の売上高は回復していない。この記事では、百貨店本来の提供価値が失われている現状に着目し、トランスフォームが求められる、百貨店の在り方について考えてみたい。

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

5

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中