「メイド」の秋葉原と「執事」の池袋

池袋

池袋は江戸時代までは田園地帯だったが、明治以降は立教などの私立学校が移転してきたのに加え、鉄道の開業で徐々に発展。戦後、戦犯が収容された巣鴨プリズン跡地に「サンシャイン60」ができるなどして都内有数の繁華街としての地位を築いた。高度経済成長期には、池袋駅は、西武鉄道、東武鉄道のターミナル駅ということもあり、市街化が進展する埼玉方面への玄関口としての地位を高め、JR東日本の「各駅の乗車人員ランキング」では、長らく新宿に次ぐ第二位の座をキープしている。

1990年代は「カラーギャング」と呼ばれる不良少年が集まるなど、「治安の悪い街」というイメージが根強かったが、最近様変わりしている。

現在の池袋は、男性オタク向けとされる秋葉原と対照的に、女性向けアニメグッズの聖地として名高い。「サンシャイン60」近辺には、アニメグッズショップ「アニメイト」を中心に、女性向けアニメ関連の店が集積している。秋葉原の「メイド喫茶」と対をなす女性向け「執事喫茶」の存在も、池袋らしい個性となっている。近年では、アニメを好む外国人来訪も増加している模様だ。

このような「サブカルの聖地」池袋では、2020年夏までにライブ関連施設やシネマコンプレックス、文化施設などが新設/リニューアルされる見込みだ。

civichall

旧豊島区役所跡地には、既に一部が先行オープンしている複合施設「Hareza」が新設され、劇場、ホール、シネコンが併設される。2020年夏には、2500席を有するシネコンが入居する「キュープラザ池袋」もオープン予定。さらに、2020年3月には、出版大手の講談社が、ブシロードやテレビ東京など他のエンターテインメント関連会社と協業して、ライブエンターテインメントを主軸にしたビル「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」をオープンし、ライブエンタメ事業に参入する。

「消滅可能都市」豊島区の危機感

サンシャイン60

豊島区は2014年、定住率が低い、単身若年世帯が多いことを背景に、日本創生会議により、東京23区で唯一「消滅可能性都市」に指定された。それ以降、魅力的なまちづくりの対策が必要として、「女性にやさしいまちづくり」や「国際アート・カルチャー都市構想」などを標榜してきた。

s豊島区の中心地である池袋は、上記2施策をアピールするために欠かせない場所であり、既述のエンターテインメント関連施設の充実のほか、公園やトイレの整備を積極化させてきている。

このような「池袋」の進化は、「2019年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」で、「首都圏・借りて住みたい街」部門にて3年連続で首位を獲得したことからも、首都圏住民から確実に高評価を得つつあることが確認される。

としまえん閉園→ハリポタテーマパークの入り口に

アニメイト

加えて、報道によれば、西武ホールディングスが運営する遊園地「としまえん」は、2023年を目途に「ハリーポッター」のテーマパークに建て替わるとされている。この報道が事実ならば、池袋は同テーマパークに向かう出発駅ということとなり、西武池袋駅には「ハリーポッター」の装飾を施した施設の新設、劇中の「ホグワーツエクスプレス」塗装の特急列車の運行など、新テーマパークをを盛り上げる演出がなされる可能性が有るだろう。この「ハリーポッター」テーマパークの新設が、更なる池袋の魅力向上につながるか注目したい。

一方、池袋の魅力が増し、人が集まりすぎる場合、全国どこにでもあるようなチェーン店舗の出店が増加し、街の魅力が劣化するリスクも存在する。現在の“尖った個性”を如何に維持し、池袋らしさを失わない発展につなげるかが課題となるだろう。

関連記事

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

鉄スクラップ考① 知られざる景気の先行指標

米国のFRB議長として活躍していたグリースパン氏がかつて、雑誌記者とのインタビューの中で、「もし離れ小島に流され、たった一つの経済指標しか手に入らない状態となったとしたら、何が欲しいか?」と問われ、「鉄スクラップの価格」と答えた。日本では米国などと比べると取り上げられる機会は多くないものの、鉄スクラップ価格は景気の先行きを占う、重要な経済指標なのである。同時に、鉄スクラップは今後の鉄鋼産業をみるうえでも重要なカギを握っていると筆者は考えている。 今回からシリーズで、鉄スクラップについて考えたい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

4

「社史」を読んでいますか?企業分析の基本の「キ」

企業分析をする場合、対象企業の最近の業績動向を分析することは基本だ。同様に、対象企業の「社史」を熟読することも忘れてはならない。我々個人が出自や育った環境から逃れられないように、企業も創業からの歴史的な環境要因から逃れることはできない。

5

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中