コンプライアンスとは

まずコンプライアンスについて解説します。経済産業省はコンプライアンスを次のように定義しています。

法令遵守。法律やモラルに従うこと。企業倫理。企業がコンプライアンスを守るには、意識改革、従業員教育、体制づくり、危機管理など、組織的な取り組みが必要引用:経済産業省

企業の経営において、法律や規則を遵守することは当然ですが、モラルや倫理といった「漠然としたもの」にも留意する必要があります。

リスクマネジメントもコンプライアンスの観点から考える

コンプライアンスは、企業のリスクマネジメントにも影響を与えています。リスクマネジメントとは、リスク要因を排除したり、トラブルが生じたときの対処法をあらかじめ決めておいたりする考え方です。リスクマネジメントを徹底することで、リスクが顕在化したときのダメージを最小限に抑えられます。

例えば、ある企業で、法律を守っていたにもかかわらず、トラブルが起きてしまった場合と、法律に違反したうえでトラブルが起きてしまった場合では、ブランドイメージの低下などで企業が被るダメージは異なります。

社員たちにコンプライアンスを徹底させることは、リスクマネジメント業務の1つといえるでしょう。

コーポレートガバナンスとは

続いて、コーポレートガバナンスについて、コンプライアンスと比較しながら、解説していきます。

コーポレートガバナンスとは企業経営者が自社の行動を制御する仕組み

コーポレートガバナンスとは、企業の経営者が、自社の行動を制御するための仕組みです。すべての企業には目的や目標があり、それを達成するには、組織全体が適切な行動を取る必要があります。そのために必要な「統治」や「支配的な行動」がコーポレートガバナンスです。

コーポレートガバナンスとコンプライアンスの関係

コーポレートガバナンスとコンプライアンスは相互に影響を与えています。つまり、コンプライアンスの強化はコーポレートガバナンスの強化につながり、コーポレートガバナンスの強化はコンプライアンスの強化につながるのです。

たとえば、コーポレートガバナンスを強化すると、経営陣による統制や支配や監視が強まってしまいます。コーポレートガバナンスの過度な強化や、強化する方向性の誤りは、経営の暴走を生み出すリスクがあります。そこで、コンプライアンスという「縛り」を経営者たちに設けておけば、暴走を防ぐことができるわけです。

なぜコーポレートガバナンスとコンプライアンスの強化が必要なのか「情報との関係」

現代の企業にコーポレートガバナンスとコンプライアンスの強化が求められるのは、「情報の力」が強まったからです。
情報は今や、企業にとって欠くことのできない経営資源になっていますが、企業の利益が毀損される原因になる場合もあります。

情報化社会が進み、情報流出などのリスクが増加

現代が情報社会であることに異論を唱える人はいないでしょう。それは、ITの普及によって情報のやりとりが、以前格段に増えているからです。
しかし、情報量の増大は、情報流出というネガティブな要素も生み出しました。そして情報流出リスクの増加が、コーポレートガバナンスとコンプライアンスの必要性を高めたのです。

悪意ある社員が起こす情報流出事件も少なくありません。コーポレートガバナンスを強化して、従業員にコンプライアンス意識を植えつけることで、情報流出の「誘惑」を起こさせないようにすることができます。

SNSなど個人の発信力が増えて炎上リスクが増加

SNSによって個人の発言力が増えたことも、コーポレートガバナンスとコンプライアンスの必要性を高めることになりました。
個人の発言力の高さを表しているのが、SNSの炎上問題です。

企業の経営方針や上司の指示に不満を持った社員は、SNSで簡単に、その鬱憤(うっぷん)を晴らすことができます。自社の社員に「SNSで会社の欠点を暴露することはコンプライアンスに反している」と教育しなければならないことは残念なことではありますが、時代はそれを要請しています。

また、SNSの炎上問題は、単純に「悪」だと断罪できない一面もあります。たとえばブラック企業による悪行は、SNSで簡単に告発されるようになりました。その情報が拡散すれば、つまり炎上すれば、ブラック企業は社会的制裁を受けるでしょう。

そのため企業経営者や管理職は、「自ら襟を正す」ことが求められます。これは、コンプライアンス意識の芽生えといえます。また、経営者には、「正しいコーポレートガバナンスができていないと炎上する」という緊張感も生まれました。

一方でよい情報についての波及効果も絶大

情報社会では、企業のよい情報も拡散しやすくなっています。つまり、よいコーポレートガバナンスを敷き、強固なコンプライアンス意識を持つ企業は、すぐに「よい企業」と認知されます。

人手不足が深刻になっている業界において、そのなかのある企業が「コーポレートガバナンス的にもコンプライアンス的にも見事な会社」という評判が立てば、優秀な人材を確保できるようになるでしょう。

コーポレートガバナンス強化とコンプライアンス意識の向上に取り組むことのメリット

企業が、コーポレートガバナンスとコンプライアンスの強化に取り組むメリットを考えていきましょう。

不祥事リスクを軽減

経営者がコーポレートガバナンスを強化して、会社全体でコンプライアンスを厳格に守れば、企業が不祥事を起こすリスクを減らすことができます。

「統治」という言葉には集団に秩序をつくる、という意味があります。つまりコーポレートガバナンスの「ガバナンス」には、そもそも不祥事という、秩序を脅かす言動などを抑える目的があるわけです。そして、ほとんどの不祥事はルール違反によって起きるので、コンプライアンスも不祥事軽減に貢献するはずです。

つまり企業は、不祥事を減らすために、コーポレートガバナンスとコンプライアンスを両輪で進めなければなりません。さらにいえば、不祥事が多い企業は「コーポレートガバナンスもコンプライアンスも十分ではない」と評価されます。

企業イメージの向上

例えば、ある業界で多数の企業が不正していることが発覚したとします。そのなかで、まったく悪事に手を染めていなかった会社があれば、「フェアなビジネスをしている」と評価され、企業イメージが向上する可能性があります。

効率的な経営が実現できる

一方で、コーポレートガバナンスとコンプライアンスの強化に取り組むことを「コスト」や「ビジネスの支障」と考える経営者やビジネスパーソンも少なくありません。

しかし、コストや支障になるのは、取り組みを始めた当初だけで、長期的に見れば、コーポレートガバナンスとコンプライアンスが強化されれば、以前より経営や業務の効率化につながるはずです。

なぜなら、コーポレートガバナンスが機能している企業は、事業の「選択と集中」という決定を素早くできるからです。また、コンプライアンスがきちんと守られている企業は、不祥事やトラブルが減るので、従業員がストレスなく働けて、生産性の向上も見込めます。

コーポレートガバナンスとコンプライアンスの強化に取り組むデメリット

続いて、コーポレートガバナンスとコンプライアンスの強化に取り組むデメリットを紹介します。

コンプライアンスにがんじがらめ

経営者や管理職が、一般社員やスタッフたちに、あまりに口酸っぱくコンプライアンスを押しつけると、彼らは「がんじがらめだ」という印象を持つでしょう。すると、職場が窮屈になっていきます。

コミュニケーションの希薄化

また、職場が厳格化すると、従業員間のコミュニケーションが希薄になる可能性があります。

もちろん、コンプライアンスの意識が強い上司がいる職場だからといって、冗談が禁止されるわけではありませんが、冗談が言いにくい状況は生まれるかもしれません。

守りの姿勢

法律を守るには、2つの方法があります。1つ目の方法は、「法律通りに動くこと」。2つ目の方法は「何もしない」ことです。

ビジネスで「攻めの姿勢」を取ろうとすると、どうしても法律問題が浮上します。たとえば、他社と協業することは攻めのビジネスとして評価されますが、談合は法律違反です。つまり、他社と協業しようとすれば、談合にならないように注意しなければなりません。

しかし、コンプライアンスが「悪い方向で」強化されてしまうと、社員たちの気持ちのなかに、「談合はいけないことだから、他社との協業もやめておこう」という「守りの姿勢」が生まれる可能性があります。

社会の要請を加味しながらバランスを取る

コーポレートガバナンスを強化し、コンプライアンスへの意識を高めることは社会の要請であり、その取り組みを止めることはできないでしょう。そして、コーポレートガバナンスもコンプライアンスも、ビジネスを強化できる効果が期待できます。

その一方で、いずれもが厳しすぎる会社では、デメリットが生じることもあります。企業の経営者は、「最適な経営」のために、自社に合ったコーポレートガバナンスのあり方を考えて、コンプライアンスを推進すべきでしょう。そのバランスを取ることが、経営者には求められています。

関連記事

変わる「独立社外取締役」の役割 コーポレートガバナンス・コードの改定を踏まえ

2021年春にコーポレートガバナンスコード(CGコード)の改定が予定されている。2022年4月の東証市場区分の見直しを踏まえ、以下、プライム市場において取締役会の3分の1以上の選任が求められる「独立社外取締役」の役割を中心に、どのような点に留意してゆく必要があるかを確認する。

「東証1部」がなくなる? 東証新市場とコーポレート・ガバナンス向上

東京証券取引所の新市場への移行が、2022年の4月に迫っている。「東証1部」「東証2部」という慣れ親しんだ呼称は1年後にはなくなり、「プライム」「スタンダード」「グロース」各市場に再編。最上位市場に当たるプライム市場を目指す企業には厳格なコーポレート・ガバナンスの基準が適用される。市場改革の背景と移行に向けたスケジュール、対応について解説する。

コロナ禍に倒産は減った

2020年の倒産件数(負債総額1千万円以上)は、7,773件と前年比7.2%減少した。コロナ禍ではあるが、金融機関における「つなぎ融資」が盛んに行われており、2000年以降で最低、約30年ぶりという低水準となった。しかし、コロナ禍が長期化する中で、融資先の業績に目をつぶり続ける事に、限界も出てきている。筆者としては2021年度後半くらいから、融資先の「見極め」が本格化するのではないかと予想する。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中