西田 明徳 Akinori Nishida

常務執行役員、経営執行支援部長

職歴

会計事務所勤務を経て、2003年に国内系事業再生ファンドが出資する㈱スイートガーデンの企業再生に参画。経営企画部長を経て、2005年に執行役員管理本部長に就任。2007年にフロンティア・マネジメント㈱に入社し、2010年にマネージング・ディレクターに就任。2012年のフロンティア・ターンアラウンド㈱(100%子会社)設立時に代表取締役専務、2016年に代表取締役社長に就任。2017年よりフロンティア・マネジメント㈱常務執行役員を兼任。

専門

中堅・中小企業の経営執行支援、ターンアラウンド

学歴

大阪府立大学大学院経済学研究科修了、税理士

ランキング記事

1

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

百貨店でデジタル接客強化を

新型コロナウイルスの緊急事態宣言の影響で、百貨店の売上高は7割以上落ち込み、その後も思うように回復していない。現在の私たちを取り巻くwithコロナ時代、ニューノーマル時代において、百貨店は新たなビジネスモデルの開拓を求められている。この記事では、百貨店本来の強みを生かしつつ、デジタルで客をもてなす「デジタル接客」について解説する。

3

不動産価格は緩やかな下落局面に

不動産価格は、緩やかな下落局面に入り、2013年ごろから続いた上昇トレンドが終わろうとしている。どうして、急落しないのか?数年後の見通しは?コロナ禍によって変わる潮目を考察した。

4

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

5

オペレーショナル・エクセレンスの基礎知識と事例~競合優位と業務効率化を目指す~

オペレーショナル・エクセレンスとは、現場で徹底的にオペレーション(業務の管理や実行過程)を改革することで、競合優位性の獲得を目指す考え方です。さらに、デジタルトランスフォーメーション(DX)が進む時代では、オペレーション改革の次の段階が求められます。そこで今回はオペレーショナル・エクセレンスの基礎知識を特徴や事例とともに解説します。

人気のキーワード