国別の「コロナ鎖国」耐性比較

ASEAN . Association of Southeast Asian Nations . and membership flags . Flat simple circle design . Vector .
今回、農林水産省が発表する世界各国の穀物自給率(2002年版/2013年版)と、㈶日本エネルギー経済研究所が発表する各国のエネルギー(石油・天然ガス)自給率(2016年版)を参考に、アセアン主要国の比較を行った。

◎(自給自足に不足なし): ベトナム
〇(飢えずに生産活動も可能): インドネシア・フィリピン
△(飢えないが生産活動に足かせ): タイ
×(飢える): マレーシア・シンガポール

◎:ベトナム(+ミャンマー)

vietnammori
ベトナムはタイと並びコメの輸出国、穀物自給率は100%超。ただし、人口増に加え、国内産業の工業化進展もあり、自給率は近年低下傾向にある(2002年:129%→2013年:117%)。これに加え、ベトナムの場合は石油の自給率も100%を超えている点、他のアセアン諸国との比較で優位にある。これと同様の環境にあるのがミャンマーであり、穀物自給率(2013年:99%)・エネルギー自給率(石油・天然ガスとも100%超)ともに100%付近と、優位にある。ベトナム同様、ミャンマーも日系企業からの、進出への関心は一層高まることが見込まれる。

〇:インドネシア・フィリピン

jakarta
ベトナムに次いで自給率が高い主要国としては、インドネシアとフィリピンが挙げられる。とくに両国の場合、①穀物自給率が近年向上している点(インドネシア/2002年:85%→2013年:90%、フィリピン/同80%→84%)に加え、②天然ガスの輸出国(=自給率100%超)との点で類似している点が興味深い。他方、両国の課題は、工業化が遅れており完成品を輸入に頼る点が課題であり、当該分野で日系企業の参入余地に注目している。

△:タイ

thailand
穀物自給率では域内最大のタイであるが、ベトナム同様、「飢え」の心配がない点は国力を持続する大きな原動力と言える。また、課題についてもベトナムと同様で、近年の自給率の低下が懸念される(2002年:156%→2013年:146%)。飢えないとの点では、ラオス・カンボジアも挙げられる(両国とも2013年:100%付近)。一方、タイはエネルギー自給率が石油・天然ガスともに「純輸入国」であり、域内随一の工業国としてのアキレス腱である。

×:マレーシア・シンガポール

forest
マレーシアとシンガポールは、穀物自給率が非常に低いという点で突出しており(マレーシア2013年:24%/シンガポール同:10%未満)、域内で弱い立場である。他方、マレーシアの場合はエネルギー自給率は天然ガス・石油とも純輸出国である点、シンガポールとは全く異なり生産活動には支障ない。結果として、想像に難くないが、シンガポールは域内で最も兵糧攻めに弱い。

コロナ影響でアセアン各国がこぞって経済支援策を打つ。域内GDPで20%近くにも相当する支援策で、(やむを得ないとはいえ)価値を生まない環境下で過去と同等の資金繰りを支援するわけであり、地球規模でカネを刷り、単純にバランスシートを膨らませることに他ならない(後世への飛ばし)。とはいえ、1997年に端を発したアジア通貨危機時の学びから、域内各国の財務面での耐性は相応に強くなっている。

まとめ

グローバル化した経済では、国ごとに役割の分業が生まれ、必ずしも各国の自給率が重要とは限らない。一方で、このコロナの呪縛から解かれるまでに想定以上の時間を要すことになった場合には、カネの問題以上に国の持久力(=自給自足)を問われることになり、このような点も考慮した事業戦略の立案が、今後益々重要となるだろう。

以上

関連記事

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

ベトナムの事例から見る海外事業成功の秘訣 「長生き」するにはサステブルな体制の構築を

昨今、海外事業展開に関する相談が増えている。その内容は「コロナ後の海外事業の再活動」という“攻め”の相談から「海外進出をした事業の立て直し・撤退」という“守り”の相談まで様々だ。物理的に往来するには厳しい状況が続くが、充電期間と前向きに捉え、中期の視点で海外事業に関して検討する、再検討する「チャンス」である。今回は教育・人材派遣事業を皮切りに、昨今では小売り・AI・ロボティクスと広く展開、現在13カ国で事業を行っているTribe Holdings Japanの山本氏をゲストに、海外事業成功のヒントを紹介する。

オタク経済からナマケモノ経済へ 変わる中国の食文化

EC先進国の中国では新型コロナウイルス拡散以降、外食デリバリー事業や外食製品や生鮮食品のECビジネスが急激に拡大した。オタク経済からナマケモノ経済への生活習慣の変化と、安全志向の強まる中国食品市場を考察する。

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中