小口化するM&A

ASEAN and membership

アセアンへの進出が縮小している原因としては、大型案件が少なく、2018年の三井物産によるマレーシア医療企業「IHH」向け増資(2,300億円)などの反動があったこと。加えて、大企業による慎重姿勢の顕在化との指摘もある。

金額ベースで大幅に減る一方で、M&A件数でみると前年比で増えている(2018年:138件→2019年:164件)。先の取引金額からの単純割り算で言えば、案件が小口化しており、これも慎重姿勢との論調にもなり得る。しかし、この点について、域内M&Aにたずさわる筆者の実感はやや異なる。

M&A案件の小口化は、慎重姿勢というよりはむしろ、①投資する側に大企業のみならず中堅・中小企業がM&Aに参入してきたことに加え(弊社取引事例:広島県未上場オーナー企業によるフィリピン所在のサブコン企業の買収など)、②投資対象市場が未成熟で大企業が存在しない市場にまで広がりが出てきたこと(同事例:警備会社・空調等エンジニアリング会社・ビル清掃会社など)、③スタートアップ企業への出資機会の増大(同事例:中古自動車のEC事業など流通系IT事業が中心)の3点が背景にあるとの印象であり、M&Aとの手段を講じるプレーヤーが増え、裾野拡大の傾向にあると言える。

なお、M&A対象国上位(2019年:164件)は、①シンガポール(63件)、②ベトナム(33件)、③インドネシア(20件)、④タイ(15件)、⑤マレーシア(11件)、⑥フィリピン(9件)と続く。

当社(フロンティア・マネジメント)でも、2019年度中には3件の域内M&A(完了ベース)の日系企業からの投資を支援する機会を得たが、いずれも裾野拡大の象徴的な案件だ。

3件のM&A の特長

indonesia

  1. 欧米企業のアジア事業売却
  2. フィリピン事業承継
  3. マレーシア上場企業との資本業務提携

マーケティング中の潜在案件や、検討途上で断念したものを含め、近年強く感じるのは、M&A機会の背景・ニーズの多様化だ。買い手側の視点で見た場合、従来の日本市場縮小を背景とした販路確保・現地での認知度(=ブランド)取得との視点に加え、以下のようなニーズが増えている。

  1. 外資規制業種への積極的参入: サービス産業や小売・流通、建設など、進出事業領域の拡大
  2. チャイナ+1の拍車: ベトナムやタイを中心とした製造機能の移転・拡張ニーズ
  3. 技術者確保(メンテナンス・アフターサービス要員): インフラ建設等大型プロジェクトに必要な空調・水道機器メーカーによる、従前の現地ディストリビューター任せ(据付・定期メンテナンス)の体制から、自社サービスの一環とした技術者を確保するニーズ
  4. 既存パートナーの切換え・ノンコア整理・撤退

このような背景・ニーズは、2020年に入りますます増える傾向にあり、M&Aの機会も確実に増加に繋がるだろう。売り手側からのニーズとして、ASEANでも未上場企業のオーナー高齢化による事業承継型M&Aが増えている点も、件数増加に拍車を掛けるだろう。

関連記事

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

ベトナムの事例から見る海外事業成功の秘訣 「長生き」するにはサステブルな体制の構築を

昨今、海外事業展開に関する相談が増えている。その内容は「コロナ後の海外事業の再活動」という“攻め”の相談から「海外進出をした事業の立て直し・撤退」という“守り”の相談まで様々だ。物理的に往来するには厳しい状況が続くが、充電期間と前向きに捉え、中期の視点で海外事業に関して検討する、再検討する「チャンス」である。今回は教育・人材派遣事業を皮切りに、昨今では小売り・AI・ロボティクスと広く展開、現在13カ国で事業を行っているTribe Holdings Japanの山本氏をゲストに、海外事業成功のヒントを紹介する。

オタク経済からナマケモノ経済へ 変わる中国の食文化

EC先進国の中国では新型コロナウイルス拡散以降、外食デリバリー事業や外食製品や生鮮食品のECビジネスが急激に拡大した。オタク経済からナマケモノ経済への生活習慣の変化と、安全志向の強まる中国食品市場を考察する。

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中