小口化するM&A

ASEAN and membership

アセアンへの進出が縮小している原因としては、大型案件が少なく、2018年の三井物産によるマレーシア医療企業「IHH」向け増資(2,300億円)などの反動があったこと。加えて、大企業による慎重姿勢の顕在化との指摘もある。

金額ベースで大幅に減る一方で、M&A件数でみると前年比で増えている(2018年:138件→2019年:164件)。先の取引金額からの単純割り算で言えば、案件が小口化しており、これも慎重姿勢との論調にもなり得る。しかし、この点について、域内M&Aにたずさわる筆者の実感はやや異なる。

M&A案件の小口化は、慎重姿勢というよりはむしろ、①投資する側に大企業のみならず中堅・中小企業がM&Aに参入してきたことに加え(弊社取引事例:広島県未上場オーナー企業によるフィリピン所在のサブコン企業の買収など)、②投資対象市場が未成熟で大企業が存在しない市場にまで広がりが出てきたこと(同事例:警備会社・空調等エンジニアリング会社・ビル清掃会社など)、③スタートアップ企業への出資機会の増大(同事例:中古自動車のEC事業など流通系IT事業が中心)の3点が背景にあるとの印象であり、M&Aとの手段を講じるプレーヤーが増え、裾野拡大の傾向にあると言える。

なお、M&A対象国上位(2019年:164件)は、①シンガポール(63件)、②ベトナム(33件)、③インドネシア(20件)、④タイ(15件)、⑤マレーシア(11件)、⑥フィリピン(9件)と続く。

当社(フロンティア・マネジメント)でも、2019年度中には3件の域内M&A(完了ベース)の日系企業からの投資を支援する機会を得たが、いずれも裾野拡大の象徴的な案件だ。

3件のM&A の特長

indonesia

  1. 欧米企業のアジア事業売却
  2. フィリピン事業承継
  3. マレーシア上場企業との資本業務提携

マーケティング中の潜在案件や、検討途上で断念したものを含め、近年強く感じるのは、M&A機会の背景・ニーズの多様化だ。買い手側の視点で見た場合、従来の日本市場縮小を背景とした販路確保・現地での認知度(=ブランド)取得との視点に加え、以下のようなニーズが増えている。

  1. 外資規制業種への積極的参入: サービス産業や小売・流通、建設など、進出事業領域の拡大
  2. チャイナ+1の拍車: ベトナムやタイを中心とした製造機能の移転・拡張ニーズ
  3. 技術者確保(メンテナンス・アフターサービス要員): インフラ建設等大型プロジェクトに必要な空調・水道機器メーカーによる、従前の現地ディストリビューター任せ(据付・定期メンテナンス)の体制から、自社サービスの一環とした技術者を確保するニーズ
  4. 既存パートナーの切換え・ノンコア整理・撤退

このような背景・ニーズは、2020年に入りますます増える傾向にあり、M&Aの機会も確実に増加に繋がるだろう。売り手側からのニーズとして、ASEANでも未上場企業のオーナー高齢化による事業承継型M&Aが増えている点も、件数増加に拍車を掛けるだろう。

ランキング記事

1

プロスポーツチームの戦略オプション コロナ禍でとるべき選択とは

近年、国内においてサッカー、野球、バスケットボールを中心に各種競技でプロスポーツチームが多数誕生しており、スポーツ市場は拡大傾向にある。一方、経営状況が厳しいチームが多く、組織の維持・発展に向けては、地域・チーム特性を活かした独自戦略の構築が求められている。

2

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

3

マスクの基準ない国、日本 JIS規格採用で生活の「質」改善を

マスク着用は、「生活習慣」として定着した。COVID-19(新型コロナウイルス)感染症の拡大から約1年半、性能や品質に基準のなかった日本で、業界団体によりJIS規格導入の動きが進む。本稿ではマスクの機能的な進化と課題、今後の方向性について考察した。

4

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中