厳しさ続く、国内化粧品マーケット

図表1
▲出所:各社決算開示資料

化粧品各社の7-9月期の業績は、緊急事態宣言が発令された4-6月期と比較すると改善傾向が見られるものの、依然として厳しい売上状況が利益水準を押し下げている。

しかし、中国における化粧品消費の急回復を受けて、中国売上及び免税店売上比率の高い資生堂とコーセーは、7-9月には他社と比較して収益の改善傾向が顕著になった。また、代理店販売や自社ECを主要販路とするポーラ・オルビス、国内売上の8割が直販であるファンケルは、顧客のEC誘導や機動的な販売経費削減よりそもそもの減益幅が比較的抑えられている。

図表2
▲出所:各社決算開示資料

注:コーセーのアジア事業は、12月決算の現地連結子会社に関しては1-3月及び4-6月の実績が計上されている
ポーラ・オルビスHDの海外売上高は非公表だが、豪州及び北米子会社の売上高と開示されている一部ブランドの海外売上高比率からFMIでは海外全体でおおよそ15%前後と推定している

COVID-19(新型コロナウイルス)感染の第3派による現在の社会活動自粛を前提にする限り、2021年も少なくとも気温が上昇するまでは本格的な国内化粧品販売の回復は予想しがたい。この状況下で、各社は「中国市場」「EC(デジタル化)」へ注力を強めている。

リバウンド消費に沸く中国化粧品市場 

図表3
▲出所:中国国家統計局

中国の消費品小売額は8月には前年同月比プラスに転じ、11月には同5%成長と堅調な回復を示している。

中でも化粧品小売額は年初の1~3月の前年同期比13%超の減少から4月には前年同月比3.5%増加に転じ、5月には年初からの累計でも前年水準を超えた。

W11(双11、ダブルイレブン)が行われた11月度の化粧品小売額は前年同月比32.3%増加、年初から11月までの累計額は9.5%増加し、既に2019年年間実績を超える3,076億元(約4兆8,600億円)に達した。

レッドオーシャンとなった中国市場

資生堂はグループ連結売上高の1/4超を中国売上が占め、加えて海外旅行制限の中で急拡大している韓国、中国の免税店売上の寄与も大きい。コーセーも2020年には免税店売上が大きく伸長、ポーラ・オルビスHDは2021年1月にグループの免税店事業子会社を設立する予定である。

しかし、現在グローバルで唯一の成長市場といえる中国には、欧米のグローバル化粧品メーカーを筆頭に多くの企業が殺到しており、市場の競争環境は激化の一途をたどっている。

特に化粧品市場の成長をけん引するオンラインチャネルでは欧米企業のみならず韓国や中国メーカーの躍進が著しく、従来型のライブコマースからSNS等を用いたインタラクティブマーケティングまで、消費者とのコミュニケーションが日々進化している。

W11「SHISEIDO」7位が最高

資生堂本社ビルイメージ

2020年11月11日のW11は、日本メーカーの中国売上高にも大きく貢献したが、アリババが公表した美容関連売上TOP10は7ブランドを欧米3強(ロレアル、エスティローダー、P&G)が占め、更に韓国勢が2ブランドランクインし、日本ブランドはSHISEIDO(7位)のみであった。

日本の高価格化粧品はインバウンド客が日本で「店頭カウンセリング」を経験した際の高評価が、中国国内の売上拡大にもつながった経緯がある。インバウンドの早期回復が見込まれない中で更に顧客基盤を開拓するためには、中国市場、中でもオンラインチャネルにおけるマーケティング強化が必須である。

中国でのオンライン販売強化が必須

ロレアルなどのグローバル企業は、強力なKOL(中国のインフルエンサー)とタッグを組み、多額の予算と先端的なデジタル技術を駆使してマーケティングを展開している。揃って「デジタル化」を掲げる日本メーカーがどのように差別化を進めるのか、現状ではまだ視界不良といわざるを得ない。

関連記事

「村上春樹さんから学ぶ経営」シリーズ

弊社執行役員・村田 朋博が連載する「村上春樹から学ぶ経営」シリーズ。2001年に「第14回日経アナリストランキング1位(半導体、電子部品)」となった村田が世の中の経営に対して、独自の切り口で議論する。

鉄スクラップ考②小資源国日本の貴重な資源

日本は言わずと知れた小資源国である。石炭や石油などの化石燃料をはじめ、多くの資源を輸入に依存している。しかし、その中で、豊富な蓄積量を誇る数少ない資源がある。それが、鉄スクラップである。前回の特集では、鉄スクラップが景気の先行指標として有用であることを述べたが、シリーズ第二弾の今回は、日本の鉄スクラップの市場動向についてみていきたい。

哲学とビジネス➀ (ジョン・スチュアート・ミルから学ぶこと)

哲学と聞くと、難しい学問のイメージがあり、実社会とは切り離された存在に感じられる。しかし、哲学は、物事の「本質」を洞察しながら、世の中の問題を解き明かすための「考え方」を見出す営みなので、実社会のビジネス上の課題解決にも役立つ学問のはずだ。今回は、イギリスの著名な哲学者であるジョン・スチュアート・ミルの考えをご紹介しながら、ビジネス界のテーマの本質を考えてみる。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中