目を引く大型M&A案件、目立たぬ再生型M&A

これまでのところ件数が3,500件(対前年比▲15%)、取引額が14.3兆円(対前年比▲10%)、傾向としては、国内案件が堅調、クロスボーダー案件は減少したものの、大型案件で目を引くものがあった。

大企業によるベンチャー企業への出資・買収案件が増えたのも新たな傾向といえる。他方、誰もが急増すると見ていた再生型M&Aは今のところ目立った動きになっていない。

ここでは、取引額が100億円以上のM&A案件(いずれも公表ベース)の中から7つのキーワードをとらえ、2021年に向けた展望としたい。

M&Aをめぐる7つのキーワード(+1)とは

西友イメージ

2021年のM&A市場には、大きくとらえて以下の7つの特徴がある。
一つずつ、解説していきたい。

①革新的なビジネスモデル
②5G、 6G、デジタル時代の勝ち組
③業界内ランクアップ
④海外戦略の実現
⑤大企業によるカーブアウト
⑥PEファンドによるコロナ苦境業種への支援
⑦総合商社やファンド主導の体質改善のための非公開化

⑧社会問題の解決をテーマとするM&A

まずは①「革新的なビジネスモデル」を目指すものとして、KKR・楽天による西友の買収(「革新的なバリューリテーラー」)、LINEによる出前館への出資があった。楽天と西友は、オンラインとオフラインの融合したOMO(Online Merges with Offline)の実現。LINEと出前館は、フードデリバリーNo.1を目指す動きだ。

次に、②「5G、 6G、デジタル時代の勝ち組」を目指すものとして、NTTによるNTTドコモの完全子会化、オリックスによるアプレシアシステムズの買収、NECによるAvaloq Group AG (スイス、大手金融ソフトウェア企業)の買収があった。

③「業界内ランクアップ」も目立ったものがあった。
ホームセンター業界では、「ホームセンタームサシ」を運営するアークランドサカモト(新潟県三条市)が、「ビバホーム」を運営するLIXILビバ(さいたま市)を買収し、業界10位から5位へ浮上した。リース業界では、三菱UFJリースと日立キャピタルが2021年4月に経営統合(4位から2位へ)し、「三菱 HC キャピタル」を設立することが、それにあたる。

また、海外への渡航が難しいながらも、着実に④「海外戦略の実現」をこなす案件もあった。セブン&アイホールディングによる北米コンビニエンスストア「Speedway」買収、小林製薬による北米の一般用医薬品会社「Alva-Amco Pharmacal Companies, Inc.」の買収、日立製作所(昇降機事業)による台湾の大手「永大機電工業」の過半数取得などがあり、2021年はさらに増えるものと考える。

2021年には増加 大企業のカーブアウト案件

M&Aイメージ

他方、⑤「大企業によるカーブアウト」は減少した。新型コロナによる業績悪化で、売りたくても売れなかったのかもしれない。

その中で武田薬品は大衆薬事業など、少なくとも5事業を2020年中に売却している。
その他、キリンによるLion Pty Ltd (豪州子会社)の売却、富士通による携帯電話販売子会社の売却、日立製作所による海外の白物家電事業のJV化は、売り手と買い手の戦略と価格目線があったと考えられる。

2021年はコロナ禍の止血策が一巡し、このような海外子会社・事業の売却が増加すると思われる。

また、2021年はジャパン・インダストリアル・ソリューションズによるミツバ(自動車部品)への優先株出資、アドバンテッジアドバイザーズによるペッパーフードサービス(いきなりステーキなど運用)への優先株出資のような⑥「PEファンドによるコロナ苦境業種への支援」や、伊藤忠/ファミリーマート、ベインキャピタル/キリン堂に見えるように、⑦「総合商社やファンド主導の体質改善のための非公開化」が増えると思われる。

社会問題解決型のM&Aを

このコロナ禍では、外食、アパレル等小売り、旅行・宿泊、娯楽業界等が苦境に陥っている。確かにエッセンシャルではないかもしれないが、人がいきいきとして生活するためには欠かせないものであったはずだ。

例えば、居酒屋は日本の代表的な庶民文化であり、それがバタバタと倒産・廃業していく姿は寂しい限りである。対面を基本とするため、労働集約型でリモート経済への対応が遅れている業界である。

このことから新たな格差社会が生じていることも心配する。来年は少しでも、⑧「社会問題の解決をテーマとするM&A」案件が増えることに期待し、弊社(フロンティア・マネジメント)でも積極的に関わっていきたい。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

5

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中