ASEAN M&Aシンガポール・マレーシア・ベトナムで活況

ASEAN M&Aシンガポール・マレーシア・ベトナムで活況
▲参照 S&P Capital IQ

各種報道等でも明らかなように、2020年の日本国内のM&A件数は、コロナ状況下にもかかわらず2019年以前から引き続き活発であった。

他方、日本では経済状況の不透明さや渡航制限に伴うプロセス進行上の問題から、in-outが減速した。

2020年の ASEAN各国(シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・ベトナム・フィリピン・カンボジア・ラオス・ミャンマー・ブルネイ)企業を対象とするM&A件数は、1,444件だった。前年2019年1,514件と比べ5%弱の減少に留まる。

うち、上位3カ国はベトナム368件・マレーシア336件・シンガポール323件と、合計で全体の約7割を占める1,027件となっている。シンガポールとインドネシアでは件数が減少したが、ベトナムとマレーシアでは増加した。

経済規模・人口規模に比してインドネシアは111件(2019年は143件)に留まった。

国内ディールが大多数、域外の買手は日本が最多

国内ディールが大多数、域外の買手は日本が最多
▲S&P Capital IQ

域内の買手として最大はマレーシア235件。マレーシア国内案件の買手はマレーシア企業(即ち国内案件)が344件中210件と多く、またベトナム・タイといった他国も同様である。

当然ではあるが、いずれの国も国内で行われる案件が最大となる事が多い。一方、対シンガポール案件は相対的にシンガポールが買手になることが少なく、333件中107件と約3分の1に留まる。

域外の買手で最多となるのは日本67件、以降、米国44件、香港38件、中国29件、韓国23件と続く。2020年の日本のin-outは全般的に低調に終わり、また前年より対ASEAN案件数も減少したものの、ASEAN各国から見ると日本はよい買手候補に映ると言える。(買手情報は入手可能なデータに限りがある点に留意)

100億円以下が90%を占めるが、数千億円案件も存在

100億円以下が90%を占めるが、数千億円案件も存在
▲参照 S&P Capital IQ

金額の内訳では60%は金額10億円を下回り、100億円以内に90%が収まる一方、数千億円規模の案件も存在する。

なお、データベース上でも取得不能な情報の存在(特に買手や買手企業の国)や、一部重複があるなど入力ルールが国等により異なる点には留意いただきたい。

1,469件のうち、データベースから金額が入手できるのは767件で、その中で1億万円にも満たない超小型案件(ただし、小さすぎるためデータ入力上の不備の可能性もある)が208件(全体の27.1%)、10億万円以下の小型案件で487件(同63.5%)、690件(同90%)が100億以下に収まるなど、小型案件が大多数を占める。

他方で数百億円案件が70件、数千億円を超える規模の案件も7件存在しており、金額の振れ幅が大きい。

上位10件中半数が不動産

上位10件中半数が不動産
▲クロージングに至っていない案件も含む、参照S&P Capital IQ

2020年の最大案件は、データベース上、日本ペイントによるウットラム関連会社の買収(1兆2,851億円)となっているが、ウットラムによる日本ペイントへの出資と※同一案件である点には留意すべきだろう。

それを除いても1,000億円を超える案件が2位~7位に存在しており、業種は不動産・農産物・生命保険・水道・消費財とばらついているが、上位10位まで広げると不動産が主要産業であることがわかる。

※日本ペイントは巨額の買収資金を、ウットラムを割当先とする第三者割当増資などで調達。形式上ウットラムの子会社となっている。

日本は依然、有力な買手国

日本は依然、有力な買手国

上記のデータを踏まえると以下のようにまとめられるだろう。

  • 日本と同様、国内案件を中心にM&Aは活発。特にコロナの影響から抜け切れていないマレーシアでもベトナム・シンガポールに比肩する件数であることは注目される。
  • 日本はin-out減であってもASEANから見れば有力な買手国である。
  • 小型案件が大半を占めるが、不動産を中心に大型案件も存在する。

コロナ禍でも活発な市場、この機会の活用を

日本と各国間の渡航制限は続いており、ディール進行上、特に開始時点で問題になることが引き続き多い(当地のファンド等の売手からは、渡航制限でさすがに1度も面談せずクロージングまでたどり着くことは想定していないものの、物理的な直接面談・視察抜きで価格入りのオファーは期待できるか、との質問も受ける)。各国のM&A市場自体は活発であるため、この機会を活用するのも一案となるだろう。

ランキング記事

1

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

2

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

5

中国の「お一人様」社会 単身経済の進行

中国では「一人っ子政策世代」(1979-2014年生)の独身率が高まっている。そもそも未婚者に占める男性比率が高い上に、自らのキャリアや消費を優先する考え方が浸透しているためだ。日本で言う「お一人様」向けサービスの拡充とともに、人口減、高齢化の進行に備えが必要となっている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中