アドベンチャーツーリズムとは

アドベンチャーツーリズムのイメージ
アドベンチャーツーリズム(AT)は、主に富裕層をターゲットとした旅行形態で、国際機関のAdventure Travel Trade Association(アドベンチャートラベルトレード協会、ATTA)の定義では「アクティビティ」「自然」「異文化体験」という3つの要素のうち、2つ以上で構成されるものを指す。

ATTAの調査によると、北米・欧州・南米が主要な地域で、世界全体の市場規模は2017年で4500億ドル(約50兆円)と推計され、その約7割を欧州が占めている。一人当たり支出は2千~3千ドル(22~33万円)と単価が平均の2倍~2.5倍と高い。

北米旅行者でみると8割が四年制大学卒以上で、6割が年収800万円以上と、高学歴高収入者の旅と言える。

アドベンチャーツーリズムの事例:阿寒湖エリアでの取り組み

国内での代表的なATの事例は、阿寒湖エリアでの取り組みだ。北海道は観光資源が豊富で、ATの組成において申し分のないエリアといえるが、なかでも道東エリアは、北海道共通の「自然」「美味しい食材を元にした食事」に加えて、「文化体験が二層ある(日本文化+アイヌ文化)」「知識豊富なガイドがいる」といった点で優位性がある。

経済産業省(北海道経済産業局)が阿寒を中心とした道東エリアでのATの実現を企図して、道内で先導的に取り組みを行っている鶴雅リゾートを中核企業としてJTBと共に取り組みを行っている。

2017年9月にはATTAの幹部を招へいして現地実査が行われ、「道東はその優しい自然がもたらす癒しや静けさに加え、日本文化の独自性・魅力をさらに高めるアイヌ文化による重層性が、海外競合地域に比べて際立った差別化要素となっている」との評価を受けており、そのポテンシャルは折り紙つきだ。

上述の取り組みにて、同エリアでATを本格化させるためのマーケティング戦略が策定されたので、骨子を紹介する。

  • 戦略①:既存の個別のコンテンツ・リソースをストーリーで紡ぐようなトータルコンテンツを組成する
  • 戦略②:ATサービスの品質を世界水準に引き上げる(アクティビティの専門家や自然の専門家などの人材育成)
  • 戦略③:世界に向けて情報発信し、優良顧客とのネットワークを構築する
  • 戦略④:産業界・官公庁が連携し、エリア一体となる取組を実施する

実現には、現地でこれらを推進する組織が必要だが、本件では地域DMO(Destination Management/Marketing Organization:観光庁が設置を推進している「地域の多様な関係者を巻き込みつつ科学的アプローチを取り入れた観光地域づくりを行う」法人)であるNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構、阿寒アドベンチャーツーリズム(AT推進のために設立された会社)、鶴雅リゾートが、そのミッションを担っている。

特に戦略①は、エリアとしてAT市場を獲得すると共に、来訪者の高い満足度を得るために、エリア全体を語るストーリーにより各コンテンツを統合し、AT旅行者が楽しめるようなフルパッケージを作る必要がある。そのため、各組織が有機的に連携し、きっちりとしたATの受け皿を作っていく必要があると考えられる。

キャッスルステイとは

キャッスルステイのイメージ(姫路城)

日本のお城に泊まりたい、というニーズ

訪日外国人に対する調査(注1)において、「今後、訪日旅行で経験・実施してみたいことトップ10」として、アメリカ人は1位(49%)、ドイツ人は2位(31%)に「城」を選んでおり、欧米人が日本の城に泊まりたいというニーズが極めて高いことがうかがえる。

城に宿泊する「キャッスルステイ(城泊)」は欧州ではかなり前からメジャーだが、日本の場合、城が文化財に指定されていたり、一般観光の対象となっていたりするため、城泊の実現は困難と言われてきた。

しかし、近年、国土交通省・文化庁や地元市町村等の後押し・協力もあり、愛媛県大洲市(大洲城)、長崎県平戸市(平戸城)、宮城県白石市(白石城)などにおいて、日本版キャッスルステイとしての「城泊」につき、営業開始に向けて着々と準備が進められており、いよいよそれぞれ2020年中に開業する見込みとなっている。

キャッスルステイの事例:大洲市(大洲城)での取組み

大洲市は、愛媛県の松山市から特急で40分の距離にある、肱川(ひじかわ)流域の大洲城を中心に発展した旧城下町で、『伊予の小京都』と呼ばれている。

市の中央部を清流「肱川」が流れており、昔ながらの街並みや美しい田園風景と山並みが特徴で、臥龍山荘(重要文化財を含む数寄屋建築の山荘)、大洲城、肘川での鵜飼(日本3大鵜飼の一つ)といった観光資源を有している。

ここにおいてインバウンドなどの観光客をターゲットとした観光振興および観光誘客を促進するべく、2018年に一般社団法人キタ・マネジメントが大洲市の地域DMOとして発足し、精力的に活動を営んでいる。

具体的には、歴史的建造物(町家・古民家等)の活用事業(町屋再生事業)、観光まちづくり人材の育成事業、観光施設等の指定管理事業などを行っている。

歴史的建造物の活用事業においては、民間企業などから出資を募って、所有者から古民家を借りるか購入し、宿泊施設や店舗に改修。経営はバリューマネジメントなどの民間企画会社に委託する。現在、旧大洲藩主の「加藤家住宅」を活用した宿泊施設を整備しており、近日に1泊3万~5万円の価格帯で開業する予定だ。

大洲城についても同じスキームでの城泊の実施に向けて、各種関連機関との調整と準備がキタ社を中心に進められており、予定通りにいけば、大洲城が日本における城泊の第1号となる見込みだ。

こちらは2名で1泊100万円程度とより高額となっているが、大洲市の各種観光資源を最大限活用し、満足度の高いサービスやアクティビティを織り込むことが計画されている。

富裕層向け観光の取り組みの成功に必要なこと

富裕層向けの観光ガイドのイメージ

筆者は仕事柄、地方での富裕層向け旅行の企画プロジェクトと話をする機会が多いが、前述の2事例を除くと、誤った考えやアプローチの事例が極めて多いと感じる。

何がおかしいかというと、まずはターゲットとなる富裕層の好みの把握だ。欧米の富裕層は文化と経済水準の双方で一般的な日本人とは感性が異なるため、「これは喜ぶだろう」という思い込みは禁物だ。

単純に食事や設備、移動手段を豪華にすることや、FAMツアー(観光地に誘致するためターゲット国の人に現地を体験してもらうツアー)と称して日本にいる留学生等数人に体験をさせて意見を収集し、それを元に商品設計を行っても、富裕層のツボにははまらない。温泉なども、日本人は旅行目的のトップだが欧米人はそうではない。むしろ、金はかけなくても古民家など異文化感を感じさせるものにこそ強い興味を示す。

また、エリア自体の面的魅力度アップ(富裕層が興味を引くスポットの発見や食指を動かすアクティビティの整備)と情報発信も重要だ。

どんなに良くても伝わらなければ意味がないため、きちんと外国語でコミュニケーションを取ることができる専門人材(アクティビティの専門家やガイドなど)の存在も極めて重要だ。

紹介した2つの事例のように、DMOが富裕層を理解した上で地域全体を俯瞰してエリアの魅力を発見・向上・発信する中期的な取り組み(体験の場の準備や提供、ガイドなどの育成を含む)が富裕層向け観光ビジネスの実施と成功には欠かせない。

そのためには、DMOに優秀な人材がいて複雑な利害関係の調整からマーケティングまでマルチタスクにこなせることが欠かせない。地方公共団体からの出向者では、務まりにくい。またDMO自体が収益を確保するスキームが出来上がり、経営的に安定し存続できることが必須だ。全国各地に立ち上がった地域DMOは200を超えるが、まだこの状態になっているところは極めて少ない。コロナがある程度沈静すれば、インバウンドの来日は復活すると考えられるが、これまでよりも厳選した旅(旅行商品)が求められるようになることは間違いない。これに備えるべく、早急な対応が必要と考える。

(注1)リクルートじゃらんリサーチセンターが実施した「訪日外国人 観光体験需要調査」

※機関誌「FRONTIER EYES」vol.27(2019年11月発行)掲載記事を修正の上再掲 

■第2回無料Webinarのご案内【重要な経営判断をされる方必見です!】
『コンサルティングプロジェクトの「失敗の本質」を30分で学ぶ』~これを知らないと社運を賭けたプロジェクトは必ず失敗する!~
【講演者】弊社執行役員 矢島 政也 https://www.frontier-mgmt.com/member10.php
【日時】2020年9月29日(火)14:00~14:45 質疑応答:5~10分
お時間ございましたらこの機会にぜひご参加下さい!

▼詳細およびお申込みはこちら▼
https://frontier-mgmt.zoom.us/webinar/register/3416007578840/WN_H7aow_1MSxKKR1yQQtupNQ

関連記事

オーナー経営者の出口戦略⑦ 事業承継M&Aを検討するタイミング

社長業に定年はない。高齢化と後継者不足に悩む中小企業オーナーにとって、事業承継M&Aはオーナーにとってのリタイアメントプランとして重要な手段となる。本稿では、事業承継M&Aのタイミングとして、「引退時期の2、3年前」が最適であると、お示ししたい。

ポストコロナにおける九州の戦略~モノの工場からホワイトカラーの工場へ~

「1割経済」と言われる九州経済。古来よりアジアの窓口として経済的発展を遂げてきたが、コロナの影響と海外の低廉な経営資源との競争により、転換点を迎えている。この記事では、ポストコロナの九州の戦略と可能性に焦点を当て、「モノ」の工場から「ホワイトカラー」の工場への転換、すなわち九州のKPO(Knowledge Process Outsourcingの略)の拠点化の可能性について提言したい。

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

5

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中