オリンピック縮小のインパクト

オリンピック縮小のインパクト

コロナウィルスの影響が無い世界であれば、オリンピックは予定通り2020年に開催され、開催国である日本だけでなく、参加各国で盛り上がったことだろう。

2019年に日本で開催された「ラグビーワールドカップ」を思い返せば、外国人観光客が都心を中心に溢れていた。観光庁によると2019年の訪日外国人数は過去最高の3,188万人、ラグビーW杯を目的とした観戦客の“旅行支出額”は通常客よりも2.4倍と多く、スポーツーリズムの影響力を物語る。

当初、2020年はインバウンド4,000万人(前年比25%増)の突破を目標としていたが、実際は約1割の412万人(2020年)であり、その影響は計り知れない。

2021年に延期されたオリンピックが開催されても、海外からの観戦客を受け入れない方針であるため、訪日客により経済効果はほぼ消滅したことになる。

スポーツの魅力と “勝敗”二項対立の思考トラップ

スポーツの魅力と “勝敗”二項対立の思考トラップ

多くのスポーツでは運動能力がパフォーマンスに影響を与える。そのため成績上位者は、一部の年齢層に偏りがちだ。また自身とは関係のないスポーツや、初見の外国人選手にも、感動を覚える人も少なくないだろう。つまりスポーツは、関連性が薄くとも感情移入をしやすいのも特徴だ。

その一因には、人々は勝敗までのストーリーに感動し、勝敗という分かりやすい“構図”を求めるからと私は考える。この構造はスポーツに関わらず、アイドルの総選挙やアニメ、ドラマの世界においても多く存在し、いかに人々が勝敗という構造を求めているかが分かる。

しかし、人々が求める “勝or敗”という構造は、ビジネスの世界では良くある思考トラップとなっている。

ビジネスにおける二項対立の危うさ

二項対立の構造は、ビジネスシーンにおいて溢れている。
周囲からのプレッシャーや置かれた状況により、スタンスを明確に求められることも少なくない。「短期予算の達成」or「長期計画の推進」、「品質向上」or「価格追求」、「利益追求」or「環境優先」など、例を挙げればきりがない。

冷静に考えれば、必ずしも単純な対立構造ではないことが多いのに、なぜ我々は対立というトラップに陥るのだろうか?

オリンピック開催是非の最適解は 「or」の問か?「and」の問か?

オリンピック開催是非の最適解は 「or」の問か?「and」の問か?

▲出所:公益財団法人新聞通信調査会「第13回「メディアに関する全国世論調査」 (上)」よりFMI作成

公益財団法人 新聞通信調査会による「東京オリ・パラ開催の是非」の世論調査では、年齢別に傾向が異なる。

年齢別によって「開催すべき」「中止すべき」「更に延期すべき」という構成比が異なるという事実であり、それ以外の意味を持ちえない。一方、ビジネスの世界では往々にして意思決定の判断軸が「多数決」や「声の大きさ」によって、決まることは少なくはない。但し、物事を判断する前に、“解くべき問”を見直すことが必要だ。

「①A or Bのどちらが正しいか?」という問いなのか?それとも「②A and Bの最適解は何か?」①と②の問いでは、結論は大きく異なる。

「ROE」 and「 ESG・SDGs」? 「ROE」 or「 ESG・SDGs」?

「ROE」 and「 ESG・SDGs」? 「ROE」 or「 ESG・SDGs」?

第二次安倍内閣が発足して以降、アベノミクス(金融政策による低金利等)に伴い、財務レバレッジ※を効かせたROE(自己資本利益率)経営に邁進してきた企業も多い。

一方、近年ではESG(Environment:環境、Social:社会、Governance:ガバナンス)やSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)など、より高い視点からの企業活動も求められている。

渋沢栄一の理想にも通じる

2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の主人公、渋沢栄一が提唱した「仁義道徳」と「生産殖利」の両立、「道徳経済合一論」にもつながる。

その中で「ROEもESG(SDGs)も双方とも大事」と考えるだけではなく、具体的に双方を追究し、どの様に最適解を導き出し、実行するかが重要である。

※財務レバレッジ=総資本÷自己資本 自己資本比率の逆数。負債を効率的に経営に生かしているかを見る指標だが、高すぎれば安定性に不安が出る。ROE(=売上高純利益率×総資産回転率×財務レバレッジ)を構成する要素の一つ。

悩ましい点としてはROEの追求とESG(SDGs)への配慮は、トレードオフの関係にも成り得る点だ。またROEとESG(SDGs)の相互関係性、トレードオフ関係が難解なほか、企業ごとにも異なっているため、汎用可能な回答は存在しない。

但し、双方を追究する科学的なアプローチとしては、ROEとESG(SDGs)の相互関係性、トレードオフ関係を踏まえながら、双方の“適切な”数値化を図り、コントロールすることで最適解を導き出すということだ。

ESGスコア:増加する評価機関

ESGスコア:増加する評価機関

ESGの評価を重視する投資家や金融機関の増加に伴い、ESG評価機関も増加。ESGに関わる情報開示は各国や地域によって様々である。またESGスコアで重要な点は、評価機関・投資家は現時点では“企業の公開情報”や“オンライン・サーベイ調査”を活用した評価を行っているケースが多い。つまりESGやSDGsの取り組みをしている“だけ”では評価されず、評価のためには企業による積極的な情報開示が必要となる。

企業としての八方美人は成り立つのか?

ESGを語るにあたり、ステークホルダーは誰か。誰に向けた発信なのか。どの様な情報を発信すべきか。どのステークホルダーの顔を見るか。等の議論が成される。またステークホルダー(従業員・投資家・顧客・取引先等々)ごとによって、重視するポイントや濃淡が異なる。結果として、全てのステークホルダーに均等な対応をすることは難しく、企業としての姿勢を問われることになるだろう。

判断軸は科学と哲学

ESG・SDGsに取り組むにあたり、先に述べたようなESGスコアの科学的なコントロールも重要である一方で、現時点のESGスコアには取り組みが全て反映されるわけではない。全てのステークホルダーに向けたESG・SDGsという前提においては、現時点ではスコア“だけ”のための経営ではなく、科学と哲学の双方による経営判断が必要と考える。

▽参考記事
国土交通省 観光省「ラグビーワールドカップ2019日本大会の観戦有無別訪日外国人旅行者の消費動向

メディア展望「新聞の情報信頼度、昨年に続きトップ第13回「メディアに関する全国世論調査(上)

関連記事

決算数字から読み解く、事業承継のタイミングと頼るべき専門家

事業承継に頭を悩ませる中小企業の経営者は多いだろう。日本の会社のうち、99%以上が中小企業であり、100万社以上が事業承継に問題を抱えていると言われている。本稿では、数字面から考える事業承継のタイミングと、目的別に頼る専門家について考える。

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

事業承継型M&Aを成功へ導くためのアドバイザリーの選び方

昨今、書店やECサイトにはM&A関連の書籍が並び、金融機関や仲介会社主催の中小企業向けの事業承継・M&Aセミナーなども頻繁に開催されている。中小企業オーナー経営者(以下、オーナー)と話をすると、M&Aの知識を豊富に持ち合わせている方が多くなったということも実感する。しかし、オーナーにとって身近な事業承継の選択肢の一つとして定着した一方で、M&Aを成功させる重要なポイントを正しく理解されていないケースも散見される。本稿では、事業承継型M&A成功の第一歩をテーマに解説したい。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中