変化の時代のリーダーシップとは

onemanleader
皆さんは「リーダーシップ」という言葉からどういうイメージを持たれるだろうか。一段上に立ったリーダーが指示をしたり、周囲を巻き込んだりしながら、部下を引っ張り牽引して先頭を走る姿をイメージする場合が多いのではないだろうか。あるいは一般の社員には関係のないもので、管理職が発揮するものというイメージを持たれる人もいるかも知れない。

しかし最近は、こうした伝統的で権力集中型のリーダーシップのあり方が見直されてきている。一部のカリスマ的な指導者が指揮を執ったり、限られた人が与えられた役職や権限で人を動かしたりということでなく、チームのメンバー全員が何らかの形で影響を与えリーダーシップを発揮する「シェアド・リーダーシップ」という考え方だ。

例えばチーム内に企画案作成に煮詰まっている人がいれば、あらたな視点や発想を提示したり、仕事でトラブルに直面してい人がいれば、自分の過去の経験からアドバイスをしたり、また仕事でミスを犯してしまい落ち込んでいる人には元気が出る言葉をかけたりする。
このような形でメンバーや同僚、場合によっては上司にまで影響を与えることは、チームの目標達成にプラスの影響力を与えたことになり、リーダーシップを発揮したということになる訳だ。

Team sharing ideas on project during coffee break

つまりリーダーシップとは一部のカリスマや管理職の特権ではなく、「職場やチームの目標達成のために、周囲に及ぼす影響力」とも言い換えることができる。シェアド・リーダーシップに関する研究によると、このようにチーム全体で周囲のさまざまなメンバーを巻き込んだリーダーシップを実現することで、従来型の役職や権限によるリーダーシップよりも職場での成果があがると言われている。

リーダーシップ論の変遷

shareoffice
ここでリーダーシップについて理解を深めるために、リーダーシップがどのような歴史をたどってきたのか簡潔に確認する。リーダー研究自体は古くは紀元前までさかのぼるが、リーダーシップ理論として確立されたのは、米国を中心に発達した20世紀が黎明期と言える。

最初の考え方は、リーダーシップを発揮する人物には共通する資質があらかじめ備わっているとした「特性的アプローチ」で、次に1940年代頃に現れた、優れたリーダーシップは持って生まれた資質によるものでなく、行動によって発揮されるとした「行動アプローチ」へと移る。

時代が進むにつれ1960年代頃からは、リーダーシップとは固定的な理想像ではなく、時と場合によって使い分けが必要であるとする「条件適合アプローチ」が主流になっていく。つまり「リーダーシップとはこうあるべきもの」という固定的なものでなく、状況に応じて柔軟に使い分けて結果へつなげられるリーダーこそが優れていると考えられるようになってきた。その後、1970年、1980年代には米国経済が膨大な貿易赤字と財政赤字に直面すると、経営環境の激変により、「組織を変革的に発展させられる」ことに軸足が移っていき、いわゆる変革型のリーダーを求める「変革型アプローチ」へと移行する。

その後から、「人の上に立って牽引する存在」の意味合いがだんだんと薄れ、「リーダーはまず相手に奉仕し、その後相手を導くもの」というサーバントリーダーシップや、高い倫理観や道徳観がリーダーには必要とするオーセンティック・リーダーシップ、今回の「チームメンバー全員でリーダーシップを発揮する」というシェアド・リーダーシップなどが生まれた。

伝統的なリーダーシップに代わり、シェアド・リーダーシップをはじめとするこういった支援型のリーダーシップが求められる背景には、グローバル市場の拡大や、業界再編、相次ぐM&Aなど経営環境がより複雑化していることが挙げられる。社会が多様化し、大きく変化する中で、組織に今まで以上に求められているのは、より高い柔軟性や幅広い知識、高度な専門性であり、それに対応するには一人のリーダーに頼るのでなく、組織内にある優れた能力や経験を集結させることが重要になってきているからと言える。

シェアド・リーダーシップをいかに発揮するか

rugby
それでは、チームや職場でシェアド・リーダーシップを発揮するにはどうすれば良いのだろうか。書籍「シェアド・リーダーシップ チーム全員の影響力が職場を強くする」の著者である立教大学経営学部教授(現学部長)の石川淳氏によると、全員がリーダーシップを発揮するために必要なのは、まずは「全体を見る力」だと言う。

「管理職にならないとリーダーシップは身に付かない」と言われることがあるが、これは全体を把握できているか、部分的な自分の関係していることだけ見ているかという点に違いがあるだけで、管理職でないメンバーでも、全体的な視点を意識することで、管理職になる前にリーダーシップを育むことができると説明する。また、シェアド・リーダーシップを発揮するためにもう一つ大切なことは、「リーダーシップに対する自分なりの持論・信念を持っている」ことで、持論を持っていることで誰でもがリーダーシップを発揮できるようになると言う。持論を持つことで仮説と検証を繰り返して試行錯誤を重ねていくことによって、持論がブラッシュアップされ、リーダーシップが鍛えられていくという訳だ。

まとめ

もともと私たち日本人は「フォロワー」として自律的に支援を行うことに優れているといわれる。それが、リーダーの指示に従い業務を遂行するだけでなく、自らシェアド・リーダーシップの言う「全体を見る力」や「リーダーシップに対する持論を持つ」ことを実践すれば、組織の目標達成に大きく貢献できるのではないだろうか。また、経営環境が大きく変化する中、リーダーシップのあり方も変わり、チーム全員でリーダーシップを発揮することが必要な時代になると、管理職や上司の役割も変わり、自らが牽引役となってチームを引っ張るのでなく、チーム内に影響を与えることのできるメンバーをいかに多く育成するかが重要な役割になってくると言えるだろう。

※参考文献  「シェアド・リーダーシップ チーム全員の影響力が職場を強くする」(2016年中央経済社)
著者 立教大学 石川淳経営学部長

▼続きはこちら
「経営人材」へのサプリメント■第2回「心理的安全性」

関連記事

持株会社とは?経営戦略としての特徴やメリット・デメリットを解説

会社法上、株式会社という会社の類型では、会社を最終的にコントロールする権限は株主が所有するという原則があります。 この原則を利用し、ある株式会社の株式を一定以上保有することで、その会社を戦略的に支配する「持株会社」という形態が存在します。 本稿では、持株会社の経営戦略としての特徴や、持株会社を設立するメリット・デメリット、財閥解体や金融ビッグバンとの歴史的関係について解説します。

GAFAも採用している話題の「デザイン思考」とは?概要や事例を解説

「デザイン思考」という言葉をご存知でしょうか。デザイン思考はユーザーの「共感」に根ざし、未知の課題や前例のない問題に対応できる新時代の思考法です。本記事では、デザイン思考の基本的な考え方や、国内外の成功事例について解説します。

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

ランキング記事

1

「選択と集中」の誤算㊤ 大いなる誤訳

2020年3月1日、「経営の神様」と呼ばれたジャック・ウェルチ氏が死去しました。 1990年代後半、経済危機の最中にあった日本で、ウェルチ氏の存在はひときわ強い影響力を持ち、その言葉は「格言」として広まっていきました。しかし、最も有名な「選択と集中」という言葉に関しては、ウェルチ氏の意思が「誤訳」されて伝わっていました――。 フロンティア・マネジメントの代表取締役である松岡真宏が、機関誌「FRONTIER EYES vol.23」(2018年11月)に掲載した記事を再掲いたします。

2

ASEAN トピック「コロナ鎖国」に強いアセアン諸国 食料・エネルギー自給率を比較

コロナウイルスの猛威により、世界中が「巣ごもり状態」、いわば世界中が「鎖国状態」という前代未聞の状況となった。中国では他の地域に先行して生産活動に復調の兆しとの知らせも聞こえるが、地球規模の影響は長期化する可能性が高く、体力の弱い国の財政破綻の可能性すらありうる。一方、近隣ASEAN諸国に目を向けると、食料やエネルギーの自給率の面では、案外強いことに改めて気づかされる。

3

村上春樹さんから学ぶ経営②~作品に潜む成功へのヒント~

前回予告いたしましたように、「村上春樹さんから学ぶ経営」を、シリーズでお届けして参ります。今回のテーマは、「差異化」です。まずは次の一文をお読みください。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

人気のキーワード