スガシカオの音楽を初めて耳にしたとき、まず印象づけられたのは、そのメロディーラインの独自性だったと思う。彼のメロディーラインは、ほかの誰の作るメロディーラインとも異なっている。多少なりとも彼の音楽を聴き込んだ人ならおそらく、メロディーをひとしきり耳にすれば、「あ、これはスガシカオの音楽だな」と視認(聴認)することができるはずだ。(中略)そういうその人ならでは、、、、、、、の心地よいテイストにいったん病みつきになると、なかなかそこから離れられない。下世話な言い方をすれば、ヤクの売人がカスタマーに注射を一本打っておいてから、「どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?また今度お金もっておいで」、みたいなことになってしまうわけだ。

「意味がなければスイングはない」(文藝春秋)――村上春樹さんが音楽について語った本――からの引用です。村上春樹さんは在学中からジャズ・バーを経営していたのですが、専業作家転身後は「音楽を仕事の領域にもちこみたくない。純粋に個人的な喜びとして、音楽とかかわっていたかった」。しかし、やがて音楽について語りたいという衝動が強くなり、この本として実現しました。
村上春樹さんは無類の音楽好きとして知られ、海外でも中古のレコードショップを見て回るのが趣味で、良質な中古レコード店があるかどうかが「良い都市」の基準になっているほどです。保有している音楽CD、レコードの数は一万枚を超すそうです(1日1枚聴いても30年かかります!)。

つい、またお金を~

さて、企業が、自分だけに許された場所すなわちニッチを確立するとは、どのような状態になることでしょうか?その答えが、お客様が「またをお金持って行ってしまう」ということだと思うのです。

私はボクシングジムに通っていますが、そこで流れる有線音楽。聞いたことがない曲でも、「よい曲だな、よい声だな」と感じて歌い手を確認するとやはり〇〇さんの新曲だったりします(聴認できる)。
芸術に限らず日常生活においても、私はAビールが好き、いや僕はBビールだな、僕はC百貨店しか行かない、いやいや百貨店といえばD百貨店でしょう・・・。あのお菓子だけはやめられない、あの焼き鳥屋には通ってしまう。

これらの選好は数値で説明できるものではありません。誰しもあると思うのです、この歌手の、あの作家の新作がでたら必ず買う。時に期待未満であっても後悔しない、不調なこともあるよ、きっと次はすごいぞと思う。

ニッチとは贔屓(ひいき)である

トイレのボタンイメージ

ニッチとは日本語でいえば「贔屓」(ひいき)なのです。もしくは「その企業の名前を聞いて思い浮かべるもの」「暖簾」(のれん)「枕詞」(まくらことば)。強い企業は枕詞が明確です。ウォシュレットと言えばTOTO、スパークプラグと言えば日本特殊陶業、セラミックコンデンサと言えば誰しも村田製作所を思い浮かべる(二つ目は自動車ファン、三つめは設計者限定ですが)。

ここで少し話を変えまして、最近サブスクというカタカナが流行りです。ところで、なぜ日本人はこれほど日本語に誇りをもたないのでしょうか?
「Go To Travel」、「STAY HOME」、「ソーシャルディスタンス」。滑舌悪い私には発音できません。

「おしりだって、洗ってほしい。」(TOTO)など数々の名コピーを生み出した異才 仲畑貴志氏(コピーライター)は、会議で「アカウンタビリティが」と言う人がいて、

「それなに?」
「説明義務」
「そんな簡単なこと、日本語で言おうよ」

と嘆いています(ちなみに、仲畑氏は日本電産創業者永守重信氏の高校の後輩で、「永守氏に首相になってほしい」と書いています)。

究極のサブスク、ファンクラブ

ファンのイメージ

閑話休題。定期的にいただける収入がある。事業を行う上でこれほど有難いことはないでしょう。そのような心の支えがあると、余裕をもって事業に取り組むことができますし、また、それを原資として新しい事業に取り組むこともできるでしょう。
私がすごいと思う定期収入の仕組みはファンクラブです。今では当然のように思われていますが、最初に考えた人は偉大です。最強のアイドルグループ「嵐」は年間100億円もの会員収入があるそうです(年間4000円×250万人)。
関西大学の宮本勝浩名誉教授によると、嵐の経済効果は、会員費収入の他、コンサートのチケット代金225億円、CD・DVD等の売上高150億円、CM・テレビ出演の収入30億円、総額500億円(報道されている700億円は、ファンの交通費・宿泊費などを含む)。
例えば、メンバー1人に5億円の報酬を支払っても25億円でしかありません。ジャニーズ事務所が高収益企業であろうことは容易に推定できます。

再び閑話休題。なぜここでサブスクの話をしたのか。それは、ニッチとは無形のサブスク、いや、経常収入なのです。この歌手が新しいアルバムを出したら必ず買う、この作家が新作を出したら必ず買う。

時に期待外れであってもまた新作がでると買ってしまう。極端にいえば弱みも含めて好きでいてくれる。その企業が提供するものに病みつきになり、離れなくなる。知らず知らずのうちにお金を持って行ってしまう。これこそがニッチであり、このような関係をお客様と構築出来たら無敵です。

まとめの前に・・・

昨年(2019年)、私は詩集を出版しました。ソニーミュージックの作詞講座に通い、土日には偉大な作詞家の詩を書き写して勉強しました。その一つがスガシカオさんの「夜空ノムコウ」(SMAPに提供)です。

まとめです。

企業からみると自分だけの場所を獲得する。顧客からみると「枕詞企業」になる。すなわちニッチを確立し、お客様にファンとなっていただき、またお金持ってきていただけるようになりたいものです(弊社も私も)。

※「ヤク」とは一般に違法薬物を指し、所持や使用は犯罪です。このケースは、村上春樹さんによる「もののたとえ」であり、違法行為を助長する意図はありません。

▼村上春樹さんから学ぶ経営(シリーズ通してお読み下さい)
①作品に潜む成功へのヒント
②作品に潜む成功へのヒント(差異化について)
③「創造する人間はエゴイスティックにならざるを得ない」
④危機と指導者
⑤「君から港が見えるんなら、港から君も見える」
⑥「靴箱の中で生きればいいわ」
⑦「僕より腕のたつやつはけっこういるけれど…」
⑧「退屈でないものにはすぐに飽きる」
⑩「王が死ねば、王国は崩壊する」
⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」
⑫「生涯のどれくらいの時間が、奪われ消えていくのだろう」
⑬「あれは努力じゃなくてただの労働だ」
⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」
⑮「おいキズキ、ここはひどい世界だよ」
⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」
⑰「我々はいまのところそれを欠いている。決定的に欠いている。」
⑱「経済にいささか問題があるんじゃないか」
⑲「ヘンケルの製品、一生ものです」
⑳「おじさんは石とだって話ができるじゃないか」
㉑「世界中の虎が融けてバターになる」
㉒「デュラム・セモリナ。イタリアの平野に育った黄金色の麦。」

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中