未来は経験では予想できない

一つ目は、新聞やネットで頻繁に目にする、米国の失業保険申請者数。
unemployee
このグラフをみて、「ブラック・スワン―不確実性とリスクの本質」(ナシーム・ニコラス・タレブ著、ダイヤモンド社)を思いだした方も多いかも知れません。

同書の上巻89ページの図表は上記図表と瓜二つです(上下逆ですが)。七面鳥が毎日人間から餌を与えられ幸せな日々をおくり、人間との信頼関係指数が日々改善していたったところ、突然裏切られる(食べられてしまう)という話です。「ブラック・スワン」に関し深く考えた同書を、筆者は再度読み直しました。

A large gallopavo with a red head, beige plumage and strong beak

 

そして二つ目。日本政府が公表した南海トラフ地震の被害者数の予想です。東日本大震災の後に死者数の予想は2.5万人から23万人に修正されています。

南海トラフ地震の被害予定
今後、日本政府もしくはWHOから発表される(かもしれない)次の感染病の予想は、これまでと異なったものになることでしょう。予想の無力さ、虚しさを改めて実感させられ、筆者が思い出したのはこの一文です。

「青豆は一九二六年のチェコ・スロバキアを想像した。第一次大戦が終結し、長く続いたハプスブルク家の支配からようやく解放され、人々はカフェでピルゼン・ビールを飲み、クールでリアルな機関銃を製造し、中部ヨーロッパに訪れた束の間の平和を味わっていた。フランツ・カフカは二年前に不遇のうちに世を去っていた。ほどなくヒットラーがいずこからともなく出現し、その小ぢんまりした美しい国をあっという間にむさぼり食ってしまうのだが、そんなひどいことになるとは、当時まだ誰一人として知らない。歴史が人に示してくれる最も重要な命題は「当時、先のことは誰にもわかりませんでした」ということかもしれない。」(「1Q84 BOOK1」、新潮社)

10年にわたる経済発展に沸いていた2019年の世界は1926年のチェコ・スロバキアと同じかもしれません。

未来は予想できない。そして、どんなことが起きても適切に対応し、国民を守り、企業を生存させなくてはならない為政者、経営者は大変な重責だと改めて考えさせられます。今回の危機で「指導者に求められるもの」として筆者が感じたのは以下です。

非難を覚悟で断行する

Close-up of black swan with red beak
例えば1月末に国境を完全封鎖した指導者がいれば、彼・彼女は後世に名を遺したでしょうが、その時点では想像を絶する非難を浴びたことでしょう。「ウイルスぐらいでなぜそんなことするのだ」「俺の生活どうしてくれるんだ」、と。
思い出していただきたいのです。3月初旬でさえ安倍総理が韓国からの入国を制限した時、韓国はもちろん国内からも強い非難を浴びたのですが、非難したことを誰も反省していません。状況を深く認識し、自分の判断を信じる覚悟が必要だと感じさせられました。

間違ったと思ったときは素早く変更する

とはいえ、常に正しくあることは不可能でしょう。アメリカのトランプ大統領の発言が過去3か月どのように変化したか(間違ったか)を検証する報道がされています。確かに間違いました。しかし、後から言うのは簡単です。指導者はその時々に決断し、もし間違っていれば修正していく勇気が必要だと感じます。間違ったのは、間違ったことではなく、未来を予測できないという真理のもとで間違いを認め訂正しなかったことだと言えないでしょうか。

ニューヨーク州の知事が高く評価されているのは(あれほどの死者が出ているにもかかわらず)、情感があるからでしょう。日々伝えられる死者の数は単なる数字に還元され、麻痺していきます。しかし、身近な人にはただ一つの死でしかありません。「無名って恐ろしいわね(中略)ただ115人戦死というだけ」(「気狂いピエロ」、ジャン=リュック・ゴダール監督)。

評価されるべき、認識されない指導者

book
武漢で最初の患者が出たときに、その患者を完全に隔離し、野生動物を食料とすることを禁じた指導者がいたとすれば、数十万人の命を救った英雄ということになります。しかし、この場合は、そもそもウイルス問題を世界が認識することなく、彼・彼女もその存在すら認識されません。

大きな問題を(問題が起きた後に)解決した人はもちろん評価されるべきですが、危険を未然に防ぎ(もしくは初期に解決し)、大きな問題にさせない指導者こそ偉大であり、我々はそのような評価眼を持たなくてはいけないと感じます。
ちなみに、アメリカのオバマ前大統領は2014年12月2日の演説で、「感染症の脅威は過去のものではない。今後も十分起こりうる。感染症に対応できるインフラを構築する必要がある。素早く認識し、素早く隔離し、素早く対応する仕組みだ。これは民主党共和党を超えた国家の問題である、国民の命にかかわる問題である。米国がこの問題にどのように対処できるのか率先して世界に示すべきだ」と述べていますが、残念ながら誰も脅威とは思わず、そして大統領も実行できませんでした。

まとめ

そもそも何が起きても生き残るようにするにはどうしたら良いのか。その企業がなくなったら困る企業であるしかない、代替できない企業であるしかないということになりますが、これは今後の連載で考えていきたいと思います。

▼続きはこちら
村上春樹さんから学ぶ経営⑤君から港が見えるんなら、港から君も見える
村上春樹さんから学ぶ経営⑥靴箱の中で生きればいいわ
村上春樹さんから学ぶ経営⑦「僕より腕のたつやつはけっこういるけれど…」
村上春樹さんから学ぶ経営⑧退屈でないものにはすぐに飽きる
村上春樹さんに学ぶ経営⑨どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?

▼過去記事はこちら
村上春樹さんから学ぶ経営①~作品に潜む成功へのヒント~
村上春樹さんから学ぶ経営②~作品に潜む成功へのヒント~
村上春樹さんから学ぶ経営③「創造する人間はエゴイスティックにならざるを得ない」

ランキング記事

1

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

2

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

3

ダメ企業の株価が高いワケ  回復阻む市場原理

債務超過の可能性さえある業績不振企業が、株式市場で100円以上の高い株価で取引されている。株式市場参加者の合理的な行動によって、上場不振企業の株価が十分に下落しないためだ。不振企業の高株価は当該企業の資金調達の阻害要因であり、コロナ禍の今、政府からの時限的サポートが期待される。

4

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中