「壁と卵 – Of Walls and Eggs」

 
「壁と卵 – Of Walls and Eggs」
photo wallandeggs


これは私が小説を書くときに、常に頭の中に留めていることです。紙に書いて壁に貼ってあるわけではありません。
しかし頭の壁にそれは刻み込まれています。こういうことです。
もしここに硬い大きな壁があり、そこにぶつかって割れる卵があったとしたら、私は常に卵の側に立ちます。

『村上春樹 雑文集』(新潮社)からの引用です。

村上春樹さんがイスラエルの文学賞エルサレム賞を受賞するにあたり、述べた言葉です。

不買運動を警告されるほどの忠告がありましたが、村上春樹さんは熟考に熟考をしたうえで敢えて同地に赴くべきだと判断した・・・と私は考えています。

原油価格と命

今回、侵略を行った国の銀行をSWIFT(国際銀行間通信協会)から締め出すという決断に対し、「効果は大きいが、関係のない国もエネルギー価格の高騰の影響を受ける」といった解説がなされていました。

優先順位がおかしいのではないでしょうか?

同国においては、既に200万人以上(2021年3月9日時点)が難民になっているのです。最終的に難民は1000万人に達するとも言われています。人々は防空壕で息をひそめているのです。人が殺戮され、街が破壊されているのです。

エネルギー価格は小さなことではありません。他にも複雑な事情があるかもしれません。しかし、経済の問題です(エネルギー問題が生死にかかわる場合は除く)。

もし逆の立場であったらどうでしょう。祖国が蹂躙され、いつ爆撃されるかわからない時に、世界の人々はエネルギー価格高騰を理由に躊躇している。圧倒的な力の前になす術もない同国の人々は茫然とすることでしょう。手術中に、電気代が払えないなら手術は中止です、と言われたらどう感じるでしょう。

「国民の皆様にも負担を強いるが、少し厚着をして、暖房の温度を少しだけ下げてくれないだろうか。今は悲しみを分かち合う時だと思う」と訴えるのがリーダーでしょう。

我々は誰しも同国のために何かをしたいと歯ぎしりしている、しかし義勇兵というわけにもいかない。防空壕に暖房はないのです。その訴えに誰しも納得するはずです。

いちばん苦しむのは

いちばん苦しむのは

また、下記も引用します。


現場の鉄砲を持った兵隊がいちばん苦しみ、報われず、酷い目にあわされる、ということだ。
後方にいる幕僚や参謀は一切その責任 をとらない。彼らは面子を重んじ、敗北という事実を認めず、システム言語を駆使したレトリックで失策を糊塗する。

『アンダーグラウンド』(講談社)からの引用です。

オウム真理教信者へのインタビューを通じ、オウム真理教犯罪について悩み、考え、書かれた本ですが、同作品を収録した全集においては、戦争についても言及しています。

今回も同じです。一方の国の兵も市民も傷ついていることでしょう。

勇気づけられる報道もありました。
ドイツの駅では到着した難民が拍手と歓声で出迎えられ、「うちに泊まれますよ」との手書きの紙を持って集まった人々が多くいて、その受け入れ家族数は難民の数を上回ったそうです(国家としても80万人の受け入れを表明。一方で我が国政府はなんと鈍いことか。例えば不稼働の客船で迎えにいくなどあらゆることを考えるべきでしょう)。

個人としても、自分がその立場になった時に駅に集結したドイツ人と同じことができるかどうか。第二次世界大戦下のホロコーストという悲劇を物語に変えた『ライフ・イズ・ビューティフル』(ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演)の主人公グイドを見習うことができるかどうか。

同じ事を起こさせない世界を

このシリーズの第4回「危機と指導者」において引用した文章を再度引用します。


「青豆は一九二六年のチェコ・スロバキアを想像した。第一次大戦が終結し、長く続いたハプスブルク家の支配からようやく解放され、人々はカフェでピルゼン・ビールを飲み、クールでリアルな機関銃を製造し、中部ヨーロッパに訪れた束の間の平和を味わっていた。フランツ・カフカは二年前に不遇のうちに世を去っていた。ほどなくヒットラーがいずこからともなく出現し、そのこぢんまりした美しい国をあっという間にむさぼり食ってしまうのだが、そんなひどいことになるとは、当時まだ誰ひとりとして知らない。」(「1Q84 BOOK1」、新潮社)

感染症が初めて見つかった時に、いかなる非難を浴びようとも完全封鎖し問題になることを防いだ人がいたとすれば、数百万人の命を救った英雄です。

すなわち、問題を解決するリーダーはもちろん素晴らしいが、問題が起きないようにするリーダーはそれ以上に偉大である――同じことを二度とおこさせない世界が待たれます。

共有するべき言葉

エルサレム賞でのスピーチは、インターネット上で容易に見つけられます。

今、我々が共有すべき言葉です。

▼村上春樹さんから学ぶ経営(シリーズ通してお読み下さい)
①作品に潜む成功へのヒント
②作品に潜む成功へのヒント(差異化について)
③「創造する人間はエゴイスティックにならざるを得ない」
④「危機と指導者」
⑤「君から港が見えるんなら、港から君も見える」
⑥「靴箱の中で生きればいいわ」
⑦「僕より腕のたつやつはけっこういるけれど…」
⑧「退屈でないものにはすぐに飽きる」
⑨「どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?」
⑩「王が死ねば、王国は崩壊する。」
⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」
⑫「生涯のどれくらいの時間が、奪われ消えていくのだろう」
⑬「あれは努力じゃなくてただの労働だ」
⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」
⑮「おいキズキ、ここはひどい世界だよ」
⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」
⑰「我々はいまのところそれを欠いている。決定的に欠いている。」
⑱「経済にいささか問題があるんじゃないか」
⑲「ヘンケルの製品、一生ものです」
⑳「おじさんは石とだって話ができるじゃないか」
㉑「世界中の虎が融けてバターになる」
㉒「デュラム・セモリナ。イタリアの平野に育った黄金色の麦。」
㉓「耳作り部門の女の子に恋をして」
番外①「常識を疑え:宇宙は無重力?」

関連記事

「中小企業活性化パッケージ」で事業再生は進むのか

コロナ禍が発生してから、既に2年。2022年3月、「中小企業の事業再生等に関するガイドライン(以下、ガイドライン)」が取りまとめられると共に、中小企業庁・金融庁・財務省から当該ガイドラインを含む「中小企業活性化パッケージ(以下、活性化パッケージ)」が公表された。コロナ禍からの脱却、本格的な「Withコロナ」を見据えた事業再生の支援制度・枠組みの整備がなされたが、これを転換点として、果たして事業再生は進むのか。

事業承継・引継ぎ補助金制度から見える事業承継の潮流

中小企業庁所管の下、後継者不在による休廃業・解散企業数の抑制をすべく事業承継を促す支援策として、事業承継・引継ぎ補助金制度が施行されている。本稿では、事業承継・引継ぎ補助金制度の概要を解説すると共に、同制度から見える事業承継の潮流について考察する。

事業承継とは その方法や検討ポイントについて解説

団塊の世代が後期高齢者を迎える「2025年問題」がメディアに取り上げられる中、中小企業庁によると、全国の約3分の2の企業は後継者不在の状況だという。雇用創出、地域経済の発展、ひいては国力維持の観点からも、とりわけ日本の企業の99%以上を占める中小企業の事業承継問題は極めて重要な課題である。 本稿では、事業承継の定義、その方法や検討すべきポイントについて解説する。

ランキング記事

1

ドミナントデザインとは?優れた製品とイノベーションの関係を解説

世の中には、「これ以上変革のしようがなく、これが当たり前」と思われている仕様の製品やサービスが多く存在します。 そういった仕様を「ドミナントデザイン」といい、産業が進化する過程で研ぎ澄まされた結果として生まれます。 当記事では、ドミナントデザインを生み出す産業構造や、保守的なドミナントデザインに対する革新的なイノベーションとの関係について解説します。

2

ウクライナ侵攻で中古車価格が下落、は本当か?

2022年3月の中古車価格が前月と比較して大幅に下落した。これを受けてマスコミでは、今回の価格下落がロシアによるウクライナ侵攻に起因している可能性が高いと報道、さらなる落ち込みへの懸念を示した。果たして実際にはどうなのか。本稿では、我が国の中古車市場を振り返るとともに、今後の見通しなどについて考えたい。

3

鉄道会社が進む道 100年続くモデルからの脱却

鉄道会社にとって、コロナの感染拡大により、「移動機会の減少」というリスクが一気に顕在化した。鉄道各社は、小林一三(阪急電鉄創業者)が確立した都市部での大量輸送と沿線開発を前提とするビジネスモデルを、早急に進化させる必要性が高まっている。

4

集中戦略とは?企業が選択するべき経営戦略を事例とともに解説

経営戦略において、非常に重要な考え方の1つとされている「集中戦略」。大手企業でも採用されている戦略で、導入後に大きな成功を収めた事例も数多くあります。 しかし、世間では「集中戦略は死んだ」とも言われています。 そこで今回は、集中戦略の概要、メリット・デメリット、成功事例、失敗事例などを説明します。あわせて、「集中戦略は死んだ」と言われる理由や、今後選択すべき経営戦略についても解説します。

5

「SPYxFAMILY」(少年ジャンプ+掲載)に注目~ボーンデジタルの大ヒットアニメとなるか?~

2022年4月から放映開始されたアニメ「SPYxFAMILY」が注目されている。原作は週刊少年ジャンプ本誌には掲載されておらず、デジタル版「少年ジャンプ+」での連載のみ。デジタル発としては異例の大ヒット作のアニメ化に、大きな期待が寄せられている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中