RIZAP開始3か月で▲10kg リバウンド無し

before/after
▲左2020年6月、右2020年9月リバウンドしていない

まずは2つの写真を見ていただきたい。2つとも、プロのカメラマンによる撮影だ。左は2020年6月半ば、ある大手メディアの取材時に撮影されたもの。右は、その3か月後の9月半ば、弊社(フロンティア・マネジメント)の東証一部上場記念で撮影したものだ。体重はこの3か月で約10kg減少し、ベルトの穴は2~3個縮まった。

筆者は身長183cmで、過去10年ぐらい75kg前後の体重だったが、50歳代に入ってからじりじりと上昇。コロナで自粛中の体重増もあり、2020年6月半ばには82kg近くにまで増加していた。現在は71~72kgでの維持となっている。

Frontier Eyes Onlineの読者の多くは、多忙なビジネスパーソンと思われる。私もその一人かもしれない。昼間の業務に加えて、夜の会食も毎週何回も入る。週末も仕事のメールをチェックしたりする。そういう生活スタイルを続けながら、RIZAPをやってみた。

結果にコミット 食事制限にも慣れ

結果は出ている(ようにみえる)。リバウンドも今のところ見られない。ビールやラーメンはしばらく口にしていないが、辛いとは感じなくなった。地下鉄のエスカレーターを使わず、階段を使うようになった。

この記事は、RIZAPのサービスを消費者として体験した感覚を、読者と共有する目的で執筆した。ただし、RIZAPの社外取締役に就任した筆者による体験談だ。

社外取締役ゆえ、無意識に好意的に書くこともあるだろう。十分に割り引いて読んでいただきたい。

リモートで始めたRIZAPのボディメイク

ダイエット食イメージ
▲ファミリーマートなどでもコラボ商品が販売されている

筆者は長年、企業や産業の分析を生業としてきた。数値に基づく分析が仕事の根幹だ。とは言え、実際に体験してこそ、リアリティのある分析や報告が可能だ。

百貨店分析の際はお店に足繁く通い、ダイエーの取締役をした際は、お店の朝市で野菜や果物の販売を経験した。
この文脈から言えば、RIZAPの社外取締役に就任した際、RIZAPの「ボディメイク(BM)」サービスの体験を決めたことは自然な流れだった。

RIZAPでは、痩せることよりも、理想の身体を手に入れるという意味で「BM」という言葉が使われている。コロナウィルスの感染拡大で、本年よりRIZAPではBM事業をリモートで開始した。筆者もまずはリモートでBMを2020年6月より始めた。

RIZAPのBM手法は複雑ではない。低糖質で食事し、週に2回(1回50分)の筋トレを行うだけだ。低糖質食と筋トレは容易に思えるが、極めて禁欲的な人以外、正しく継続するのは難しい。ここをRIZAP社のサービスは刺してくる。

RIZAPで糖質制限 低糖質の食事を続ける方法

牛サラダ
▲吉野家のライザップ牛サラダ

朝昼晩と間食。RIZAPに加入すると、アプリで担当トレーナーに食事内容を報告する。食事の名称を送ろうとしてインプットすると、その食事の糖質・タンパク質・脂質・カロリーが自動表示される。

筆者の場合、1日の糖質摂取量は50g。米で言えば、お茶碗1杯だ。卵料理、チーズ、低糖質パン、肉や魚などを主に食し、炭水化物は控える。トレーナーへの報告義務を思うと、自制的な食事スタイルに変化する。

何を食べれば、糖質を何g摂取することになるのか。2~3週間もすれば、大体自分で分かるようになる。改めてコンビニやスーパーに行くと、低糖質食の増加に気づく。ナチュラルローソンが最も豊富だが、他の大手コンビニでもある程度は購入可能だ。

ネットでも、冷凍の低糖質パンや低糖質スイーツが売られている。筆者もオフィスに自分用の小型冷蔵・冷凍庫を購入し、低糖質パンやサラダチキンを備蓄している。味の改良が必要な商品が少なくないが、1個糖質2gのパンはBM実行者には魅力的だ。

仕事柄、会食も週に複数回ある。その際は、会食の冒頭、宣言する。「RIZAP社の役員に就任したので、低糖質食をしております」と。仕事関係や家族に予め宣言することは、低糖質食を継続する上でMUSTだ。

RIZAPの筋トレは個室で、パーソナルなサポートで

ライザップ本社ビル
▲東京・新宿のライザップ本社

コロナ自粛中ということもあり、週2回の筋トレはまずはリモートで開始した。自宅でスマホとテレビをつなげ、ジムにいるトレーナーからの指示を受けて筋トレする。最初は身体がなまっていることもあり、単なる自重での腕立て伏せやスクワットが辛い。

しかし、人間の身体は凄い。筋トレに慣れてくると、自宅での自重のリモート筋トレでは負荷が不十分となる。また、リモートでのトレーナーとの会話も隔靴掻痒の感があり、自宅での筋トレに満足できなくなる自分に気づく。

そこで、筆者は、BM開始後2か月でリモートを止め、8月後半からはリアルのトレーナーから直接指導を受けることとした。RIZAPのジムは、全て個室で1対1のトレーナーとの時間だ。コロナで他人との接触を控える現在、とても快適だ。

一般的にジムの筋トレエリアには、筋骨隆々の男性がいて、近づきがたい。
個室ならば、他人への気兼ねもない。バーベルの重りの脱着は全てトレーナーがやってくれる。バーベルやダンベルの適切な重さも毎回提案してくれる。
我々はただやるだけ。Just do it、だ。

RIZAP方式は、辛いのか 筋トレ・糖質制限について

ローソンのパン

楽な痩身はない。
RIZAP方式も楽ではない。

ただ、週に何度も走るなど有酸素運動をして、汗だくになることに比べたら楽だ。RIZAPでの筋トレで汗はかかない。50分程度の筋トレだし、十分なインターバルをとってくれるので、じんわり汗が出る程度だ。夜に筋トレする日はアルコールを摂取しない。自動的に休肝日もできた。

糖質制限が辛いという意見もある。確かに、最初の1か月は、糖質への強い欲求が出るときもあった。しかし、1か月もすると慣れる。プライベートな外食で食べ過ぎてしまう時もあるが、羽目を外さず、翌日からいつもの生活に戻れば、特に大きな問題もない。

筆者にとって最大の成果は、自分の体重減少でも、理想の身体獲得でもない。RIZAP社の役職員との共通の話題、接点の獲得だ。RIZAPのBM事業、低糖質食、トレーナーの悩み、ジムの設備の不具合など、具体的な話を共有できるようになり、RIZAPへの理解が深まった。

RIZAPの事業再構築に邁進

rizap外観イメージ

RIZAPの事業再構築は、緒に就いたばかりだ。
筆者自身、BM事業を実際に体験しただけに、その将来性と問題点についても、過去にRIZAPに外部から入った経営者に比べれば、承知できているつもりだ。
今後は、RIZAPの事業再構築に邁進するだけだ。

まずは隗より始めよ

改めて、企業分析したり、経営に携わったりする際、対象企業が提供する商品・サービスを実地で経験し、経営改善をそこから考えるという基本の大切さを理解することができた。やはり、「まずは隗より始めよ」だ。
それとともに、本稿で読者にRIZAPのBMサービスに挑戦していることを宣言し、それが自らにプレッシャーをかけていることも自認している。2021年も色々な目標があるが、私自身がリバウンドしないこともその目標の一つに加えることとしたい。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中