リバース・イノベーションとは?

リバース・イノベーションとは、途上国や新興国向けに開発されたプロダクトが「逆」輸入され、先進国の市場で普及する現象です。

従来のグローバリゼーションの枠組みでは、イノベーションはシリコンバレーをはじめとした先進国企業で起こり、新たな製品やサービスが途上国のマーケットへ一方向的に浸透していくものだと考えられていました。

しかし、近年はそれとは逆に、新興国や途上国に開発拠点を設け、現地で生み出された製品やサービスを取り入れる動きが増えてきています。

リバース・イノベーションの生みの親・ビジャイ・ゴビンダラジャン教授

リバース・イノベーションという発想は、2009年にダートマス大学のビジャイ・ゴビンダラジャン教授とクリス・トリンブル教授によって提唱されました。

ゴビンダラジャン教授はイノベーションの世界的な権威であり、かつて米国GE社のチーフ・イノベーションコンサルタントとして、途上国発のイノベーションに自ら携わった人物です。

ゴビンダラジャン教授とトリンブル教授の共著”Reverse innovation”は世界的なベストセラーとなり、従来のイノベーションのイメージを逆転させました。

リバース・イノベーションとグローカリゼーションの違い

2000年代初頭まで、多国籍企業のグローバル戦略の中心はグローカリゼーション(glocalization)でした。

グローカリゼーションとは、グローバル化(globalization)、現地化(localization)の2つの言葉を組み合わせた造語です。先進国のプロダクトを途上国に向けてローカライズ(仕様変更)していく経営戦略を指します。

グローカリゼーションでは資本や開発拠点は先進国に集まりますが、リバース・イノベーションでは原則として新興国に置かれます。

また、既存のプロダクトを洗練させるのではなく、ターゲットとなる新興国の状況に合わせ、ゼロから製品開発を行うケースも多々あります。

2000年代に入り、グローカリゼーションからリバース・イノベーションに移行する多国籍企業が増えてきました。

リバース・イノベーションが注目を集める2つの理由

リバース・イノベーションが多国籍企業の注目を集める理由は2つあります。

理由1.多国籍企業の成長戦略に適している

中国やインドなどの新興国の経済が発展し、巨大なマーケットに成長した昨今、グローカリゼーションのような先進国主導型のグローバル戦略は通用しません。

途上国の市場は今や激戦区であり、先進国のプロダクトの単純な廉価版ではシェアを得られなくなっています。

経済産業省によると、世界の実質GDP成長率における新興国・途上国のシェアは4割も占めています。新興国の巨大なマーケットで成功するためには、現地ニーズに合わせた製品開発やマーケティングが欠かせません。

先述の電池で動く心電図マシンのように、新興国での商品開発を行う過程で、先進国にはない新たな技術やアイディアが生まれるケースもあります。

理由2.新興国を開発拠点にした方が効率的

新興国のニーズを把握するためには、新興国に開発拠点を置くのがもっとも効果的です。例えば、インドでの心電図マシン開発の例を挙げてみましょう。

先進国の心電図マシンを改良し、コストカットに成功しても、インドでは普及しません。インドには病院がほとんどなく、マシンは持ち運びできるものでなければならないためです。

また、インドは農村地帯が多く、マシンに必要な電力供給さえままならない地域が少なくありません。そこで、米国GE社はインドに開発拠点を起き、電池で動くリュックサック型の心電図マシンを開発しました。

このマシンはアメリカに「逆」輸入され、現在では世界90ヶ国でシェアを獲得しています。新興国の市場で成功するには、まず新興国の実情を知る必要があります。

日本企業におけるリバース・イノベーションの事例2つ

新たなグローバル戦略として、リバース・イノベーションを選ぶ日本企業も少なくありません。国内のリバース・イノベーションの事例を2点紹介します。

事例1.株式会社LIXILの循環型無水トイレシステム開発

LIXILはベトナムのハノイ建設大学と協力し、水を使用しない循環型無水トイレシステム「エコ・サニテーション」の開発を進めています。インフラが整っておらず、水の確保もままならないベトナムの農村から、製品開発の着想を得ています。ケニアやインドネシアでもエコ・サニテーションでし尿を安全に再資源化する試みを行っています。[注1]

事例2.本田技研工業株式会社のスーパーカブの海外戦略

本田技研工業の大ヒット製品スーパーカブは、海外でも人気が高く、コピー商品が出回っていました。これを逆に利用したのが、ユニークな海外戦略です。ホンダは模倣品のメーカーの1社を買収し、合弁会社にすることで、多額のコストをかけずに現地の生産拠点を確保しました。

日本企業がリバース・イノベーションを行ううえでの2つのポイント

海外に生産拠点を持つ日本企業がリバース・イノベーション戦略をとる場合、どんな課題があるのでしょうか。2つのポイントに注意する必要があります。

ポイント1.グローバル人材を育成し、ダイバーシティに対応した組織体制の構築を

リバース・イノベーションでは、新興国や途上国に資本を集中させるのが基本です。現地の生産開発拠点では、日本とは宗教・文化が異なる現地人材の採用も必要になってきます。日本の商習慣が通用しない局面も多々あるため、まずはグローバル人材を育成し、ダイバーシティに配慮した組織体制を構築しましょう。

関連記事:「海外現地法人」と「海外支店」「駐在員事務所」の違い。会計は? 税は?

ポイント2.先進国のプロダクトの「移植」ではなく現地のニーズの「明確化」

リバース・イノベーションでやってはならないのが、「先進国のプロダクトをそのまま新興国に当てはめよう」という考え方です。新興国と先進国では、文化や宗教の違いをはじめとして、インフラ、生活習慣、商習慣、所得水準など、様々な「差」があります。

この「差」を明確化し、現地の人々が本当に欲しがっている商品を開発することこそが、リバース・イノベーションの原点です。不便で貧しい環境で必要とされる製品は、往々にして低コスト・高品質・ユニバーサルアクセスの3つの条件を満たし、先進国の市場でも高く評価されます。

リバース・イノベーションで海外進出を

イノベーションを起こすためには、先進国の開発拠点に多額の資本を集中させ、途上国に浸透させるという古い考え方がいまだに根付いています。中国やインドのような新興国が巨大なマーケットに成長した現代では、現地のニーズにピントを合わせた製品開発を行わなければ、競争力を確保できません。

<参考>
第1節 世界経済における新興・途上国の役割の変化:通商白書2018年版(METI/経済産業省)

関連記事

「経営論点主義の弊害」を防げ コーポレートガバナンス強化のための取締役会運営の改善策

コーポレートガバナンス・コードが2021年6月、再改定された。上場企業のコーポレートガバナンスの強化が求められる中、独立社外取締役の役割がより一層重要となってきている。しかし、独立社外取締役にとって、実質的な議論がなされるような取締役会運営ができているのであろうか。本稿では、「経営論点主義の弊害」を取り上げ、それについての対応策を述べる。

マーケティング・コミュニケーションとは?役割や成功事例を解説

商品やサービスを売るために役立つコミュニケーション活動が「マーケティング・コミュニケーション」です。メディアのデジタル化により企業と顧客の双方向のやり取りが可能になり、その重要性は高まっています。 企業は広告や広報、SNSといった多彩な領域でマーケティング・コミュニケーションの展開が求められていますが、正しく実行できている企業は多くありません。 本記事では、マーケティング・コミュニケーションの意味から役割、成功事例まで解説していきます。

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

5

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中