2020年度の国内建設投資は6年振りの前年割れに

図表

建設経済研究所では、国内建設投資は2020年度に前年比3.4%減の59.71兆円、2021年度に同5.8%減の56.25兆円と前年割れが続くと予想する。
2020年度は、政府建設投資は増勢を維持するものの、民間建設投資が同7%減と落ち込み、6年振りの前年割れとみている。
一方、2021年度は、民間建設投資が前年比1%増と回復するが、政府建設投資が同17.4%減と大きく落ち込むとみている。ただ、現在の設備投資抑制の一因となっている新型コロナの影響の収束状況によって、民間建設投資は変動する可能性がありそうだ。

レンタル市場は東日本大震災(2011年)以降急拡大

建設機械のレンタル業の市場規模は、1990年代は建設投資が縮小する中で、建設機械の所有からレンタルへのシフトもあり、横ばい圏で推移していた。現時点では、日本で使用されている建設機械の約6割がレンタルとなっている模様だ。

2011年以降は、東日本大震災後の復興需要、自然災害の復旧工事などを背景に建設投資が増加基調に転じたこともあり、2019年の建設機械のレンタル市場は、2010年比で2.6倍の1.2兆円と急拡大した。

新型コロナで、建設機械レンタル市場には減速感

建設イメージ

2020年に入ると、新型コロナの影響による建設工事の遅れなどもあり、建設機械レンタル大手各社の売上も増勢が鈍化。業界大手の「西尾レントオール」の売上高の伸び率は、20年1-3月3.5%増、4-6月8.7%減、カナモトは同20年2-4月3.7%減、5-7月1.0%減と両社ともに4月以降に減速感がでている。
前述したように、国内の建設投資は2020年以降に減少基調に転じると予想されている。これに伴い、レンタル用の建設機械の稼働率低下、レンタル価格の下落に繋がる可能性が高く、2021年度の建機レンタル各社の収益は厳しくなりそうだ。

中国建設機械メーカーの台頭も中期的な懸念要因

建設機器メーカーイメージ

中国の建設機械メーカーでは、最大手の「三一重工」(SANY、長沙市)が中国内や東南アジアなどで台頭しているが、日本での存在感は薄い。しかしながら、中国メーカーの台頭は、建設機械の中古機の市場に影響を及ぼす可能性がある。

日本の建機レンタル会社では、レンタルで使用した機械を中古車市場で売却することも収益の1つとなっている。日本や香港の中古車市場では、日本の中古機の人気が高く、中国や東南アジア、中東などのバイヤーが購入者となっている。
今後は、中国メーカーの中古機が大量に出回る可能性があることや、中国や東南アジアでは日本の中古機から中国メーカーの新車にシフトという動きもあり、日本メーカーの中古機の価格下落リスクが懸念される。

業界再編が加速する可能性も

日本建設機械レンタル協会の正会員は2020年5月で1,078社ある。このうち、同協会が毎年実施している調査で回答した企業715社でみると、資本金5,000万円以下の会社が約8割を占めており、地方の中小規模の会社が大半を占めている。
日本の建設機械のレンタル市場では、アクティオ、カナモト、西尾レントオール、レンタルのニッケンの大手4社が、売上規模1,000億円超の大手である。これらの大手企業は、地方の中小レンタル会社を傘下に収めて、シェアを上昇させている。今後も、建設投資の抑制、レンタル価格の下落、中古車価格の下落などの影響が強まれば、中小のレンタル会社は苦境に陥る可能性が高く、業界再編が加速することになりそうだ。

大手主導による業界再編が進む公算大

建設機械レンタル業界では、大手メーカーは(1)買収や提携によって販売網を拡充、(2)建設機械以外の分野でのレンタル事業の拡販、(3)海外レンタル会社の買収などによって、売上拡大を目指す動きを強めている。一方で、中小のレンタル会社は、単独での業容の拡大を図るのは難しく、大手や中堅のレンタル会社との連携強化が重要となってきそうだ。

関連記事

「ESG」による攻めの経営 企業価値向上と不可分に

国内で新型コロナウイルス感染が確認されてから、1年が経過した。この間、感染防止や医療体制の整備、あるいは雇用環境や企業業績の悪化といった社会課題に対して、多くの企業が様々な支援活動を行ってきた。「ESG(環境、社会、ガバナンス)」戦略が「企業価値」に与える影響は増しており、「社会的資本」としての企業の在り方が問われている。

成長加速・寡占化する半導体産業

世界の半導体市場は、コロナ禍にもかかわらず拡大を続けている。一方で、ファウンダリー(半導体製造業者)は、台湾のTSMCが急成長を遂げており、兆円単位の設備投資でライバルを突き放し、寡占化が進んでいる。日本においては、一部分野で競争力が残っているうちに、国家単位のプロジェクトで半導体製造=フィジカル領域での競争力を早急に強化する必要がある。

対面販売、共有されない顧客データ 化粧品業界DXへの壁

日本の化粧品業界が得意とする「対面販売」の仕組みが、EC強化やデジタル化の動きの妨げとなっている。業界の慣習では、顧客データは販売店が管理する仕組みで、メーカー側に共有されない。対面販売に支えられてきた化粧品大手にとって、デジタル化推進、特にオンラインとオフラインの融合に必須といえる、「生の顧客データ」が蓄積されないという、大きな課題に直面している。

ランキング記事

1

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」

世界は複雑に見えます。しかしながら、真理は覆い隠されているだけで実は単純なのかもしれません。複雑にみえる物事を解きほぐし、真理を見出す力。優れた経営者は持っています。一方で、偉大な経営者が難解な経営学用語を使っているのを筆者は聞いたことがありません。 それでは今月の文章です。

3

「ESG」による攻めの経営 企業価値向上と不可分に

国内で新型コロナウイルス感染が確認されてから、1年が経過した。この間、感染防止や医療体制の整備、あるいは雇用環境や企業業績の悪化といった社会課題に対して、多くの企業が様々な支援活動を行ってきた。「ESG(環境、社会、ガバナンス)」戦略が「企業価値」に与える影響は増しており、「社会的資本」としての企業の在り方が問われている。

4

「原神」のヒットが促す変革 中国miHoYo社製ゲーム

中国miHoYo(ミホヨ)社開発のスマホゲーム「原神」のヒットが続いている。2020年9月に公開され、直近の日本でのアンドロイドの課金ランキングでは1位、中国のiOSの課金ランキングでは6位となっている。高額な開発費による美麗なグラフィックに加え、任天堂「ゼルダの伝説」に似たオープンワールド型アクションRPGを、スマホで実現した意欲作であり、今後のゲーム開発のあり方を大きく変える力を秘めている。

5

【パワハラ防止法施行】パワハラ対策の注意点と方法を解説 経営陣はどう対応すべきなのか

パワーハラスメント(パワハラ)が、企業のレピュテーション上の大きなリスクとなっている。ESG投資が盛り上がりを見せる中、株価等にも大きな影響を与える状況となっている。改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)が6月に施行されたのを機に何が変わるのか、そしてどのような対策が求められるのかを解説する。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中