2020年度の国内建設投資は6年振りの前年割れに

図表

建設経済研究所では、国内建設投資は2020年度に前年比3.4%減の59.71兆円、2021年度に同5.8%減の56.25兆円と前年割れが続くと予想する。
2020年度は、政府建設投資は増勢を維持するものの、民間建設投資が同7%減と落ち込み、6年振りの前年割れとみている。
一方、2021年度は、民間建設投資が前年比1%増と回復するが、政府建設投資が同17.4%減と大きく落ち込むとみている。ただ、現在の設備投資抑制の一因となっている新型コロナの影響の収束状況によって、民間建設投資は変動する可能性がありそうだ。

レンタル市場は東日本大震災(2011年)以降急拡大

建設機械のレンタル業の市場規模は、1990年代は建設投資が縮小する中で、建設機械の所有からレンタルへのシフトもあり、横ばい圏で推移していた。現時点では、日本で使用されている建設機械の約6割がレンタルとなっている模様だ。

2011年以降は、東日本大震災後の復興需要、自然災害の復旧工事などを背景に建設投資が増加基調に転じたこともあり、2019年の建設機械のレンタル市場は、2010年比で2.6倍の1.2兆円と急拡大した。

新型コロナで、建設機械レンタル市場には減速感

建設イメージ

2020年に入ると、新型コロナの影響による建設工事の遅れなどもあり、建設機械レンタル大手各社の売上も増勢が鈍化。業界大手の「西尾レントオール」の売上高の伸び率は、20年1-3月3.5%増、4-6月8.7%減、カナモトは同20年2-4月3.7%減、5-7月1.0%減と両社ともに4月以降に減速感がでている。
前述したように、国内の建設投資は2020年以降に減少基調に転じると予想されている。これに伴い、レンタル用の建設機械の稼働率低下、レンタル価格の下落に繋がる可能性が高く、2021年度の建機レンタル各社の収益は厳しくなりそうだ。

中国建設機械メーカーの台頭も中期的な懸念要因

建設機器メーカーイメージ

中国の建設機械メーカーでは、最大手の「三一重工」(SANY、長沙市)が中国内や東南アジアなどで台頭しているが、日本での存在感は薄い。しかしながら、中国メーカーの台頭は、建設機械の中古機の市場に影響を及ぼす可能性がある。

日本の建機レンタル会社では、レンタルで使用した機械を中古車市場で売却することも収益の1つとなっている。日本や香港の中古車市場では、日本の中古機の人気が高く、中国や東南アジア、中東などのバイヤーが購入者となっている。
今後は、中国メーカーの中古機が大量に出回る可能性があることや、中国や東南アジアでは日本の中古機から中国メーカーの新車にシフトという動きもあり、日本メーカーの中古機の価格下落リスクが懸念される。

業界再編が加速する可能性も

日本建設機械レンタル協会の正会員は2020年5月で1,078社ある。このうち、同協会が毎年実施している調査で回答した企業715社でみると、資本金5,000万円以下の会社が約8割を占めており、地方の中小規模の会社が大半を占めている。
日本の建設機械のレンタル市場では、アクティオ、カナモト、西尾レントオール、レンタルのニッケンの大手4社が、売上規模1,000億円超の大手である。これらの大手企業は、地方の中小レンタル会社を傘下に収めて、シェアを上昇させている。今後も、建設投資の抑制、レンタル価格の下落、中古車価格の下落などの影響が強まれば、中小のレンタル会社は苦境に陥る可能性が高く、業界再編が加速することになりそうだ。

大手主導による業界再編が進む公算大

建設機械レンタル業界では、大手メーカーは(1)買収や提携によって販売網を拡充、(2)建設機械以外の分野でのレンタル事業の拡販、(3)海外レンタル会社の買収などによって、売上拡大を目指す動きを強めている。一方で、中小のレンタル会社は、単独での業容の拡大を図るのは難しく、大手や中堅のレンタル会社との連携強化が重要となってきそうだ。

関連記事

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊤(短期業績からの分析)

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。 リーマンショック以降では最高水準となる。 今回の記事㊤では、21/4-6月期業績の動向と、アジアをリードするサムスン電子とTSMCについて。次回㊦は10月後半から発表される21/7-9月期の注目点について、言及したい。

高炉3社の収益は前年度の8倍へ 「失われた付加価値」奪還への挑戦

鉄鋼大手各社の業績が急ピッチで回復している。2022年3月期の高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)が公表している事業利益(神戸製鋼所は経常利益)計画の合計額は1兆300億円と、コロナ禍で苦しんだ前期の1,270億円の8倍の水準に達する。 この中には製鉄原料(鉄鉱石や原料炭)の在庫評価益など、実体の収益とは異なる会計上のかさ上げ要因が含まれている点に留意する必要がある。それでも、これらの特殊要因を除く3社合計の実質的な事業利益/経常利益の改善幅は5,100億円に達する。

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

ランキング記事

1

「ウマ娘」ショック 2000年代初頭と酷似、開発費高騰リスクを抱えるスマホゲーム業界

「ウマ娘」「原神」など多額の開発費を投下したタイトルのヒットや、中国メーカーの台頭により、スマホゲームの世界でも開発費が高騰しつつある。この状況は、3Dの高度なグラフィックスに対応を迫られ、メーカーの合従連衡が続いた2000年台初頭から中盤にかけての状況に酷似している。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

コロナ後に生き残れるか?旅行代理店、変革のラストチャンス

コロナ禍の長期化により、旅行業全般が窮地に陥っている。2021年8月現在も感染の拡大は続いており、回復は少なくとも国内旅行が2022年度、海外旅行が2024年度と予想する。しかし、伝統的な対面型の旅行代理店はICTの発展に伴う直販化・OTA(Online Travel Agent)の台頭で、元々苦しい状況にあった。旅行業界の変革や消費者意識の変化のスピードは加速しており、コロナ禍は事業改革への最後のチャンスであるといえる。

4

渋沢栄一が現代に生きていたら NHK大河ドラマ「青天を衝け」が佳境

渋沢栄一が生きていれば、何をしただろうか?何を思っただろうか?苦境にある現在の日本経済を見て、何を作り、何を学ぼうとするだろうか?幕末~昭和の激動の時代を生き、500社以上の設立に関わった渋沢栄一の生涯から、将来の指針を得たいと思う。(トップ画像提供 深谷市)

5

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中