コロナ影響も、底堅い実需

財務安全性

消費財においては、マスクや洗浄・除菌などの衛生用品領域では特需が発生している。

一方で、対面でのカウンセリング販売を行う高付加価値化粧品などは、小売店の休業・営業時間短縮等の影響もあり、売り上げの落ち込みは避けられない見通しだ。

また、先が見通しにくい経済環境の中で、日用品領域でも消費者の価格選好性が高まる可能性も高い。

 

とはいえ、消費財の多くは、化粧品であってもスキンケア製品のような必需品も多い。外出自粛や経済環境悪化によって購買の先送りや「低価格シフト」が発生したとしても、実需が大きく変動することは予想しづらい。

実際にリーマン・ショック時においてもそうであったように、少なくとも消費財企業においては、特別損益の影響以外での赤字計上は、筆者のアナリスト経験としては記憶にない状況だ。

 

健全な財務

 

一般的に消費財業界は、ブランドや事業M&Aが活発な業界であるにもかかわらず、米P&Gや仏ロレアルといったグローバルジャイアントを含め、財務状況の健全度は高い。

時価総額が数千億円規模以上の国内上場企業のほとんどは、※1財務レバレッジが2倍を下回り、有利子負債が現預金や年間※2EBITDAを上回ることは稀である。(例外は昨年度に大型ブランド買収を行った資生堂のみである)。

 

現在のところ通常の事業活動は、コロナによる制約を受けて先の見えない状況である。しかし、各社の優先事項は、目先の業績へのこだわりよりも、むしろ社員や社会におけるウイルス感染リスクの低減や、サプライチェーンの維持、あるいは強化などを含むBCP(業務継続計画)を着実に実行することによって、持続可能な組織基盤を強化することに向かっている模様だ。

 

12月期決算の企業が、今期の業績ガイダンスを公表した2月時点と比較しても社会・経済環境は大きく変化しており、4月下旬以降には多くの企業が2020年度業績の下方修正や減益見通しを示すと予想される。

また一部では進行中の中期経営計画の目標数値の修正や、期限の先送りの可能性もあるとみている。しかし、消費財業界においてほとんどの企業が示しているより長い視点の経営ビジョンや、サステナビリティ方針については、筆者は現時点で大きく方向修正されることはないと考えている。

 

コロナ後も、重要性増すサステナビリティ

sastainable

 

2003年にPRI(Principles for Responsible Investment:責任投資原則)が国連で提唱されて以降、日本国内でも署名機関投資家は増え続け、リーマン・ショックや東日本大震災の経験を経て、企業に対して事業を通じた収益拡大と共にCSR(社会的責任)とESG(環境、社会、コーポレートガバナンス)課題への配慮を求める声は更に大きくなっている。

今回のパンデミックに際しては世界経済フォーラム(WEF)が既に企業に向けた従業員対応の指導原則とマネジメント行動を公表するなど、企業の社会的責任に対する世界の期待は変わっていない。

現状で企業存続への深刻なリスクに面する状況ではない以上、消費者生活に密着する消費財メーカーにとって、健全なガバナンスを維持し、社会の持続可能性に対するぶれない姿勢を示すことは、コロナ収束以降の事業活動の回復を目指すために重要といえる。

 

各企業の、衛生用品支援の動き

消毒

中国、日本を含むアジア、北米や欧州へと拡大するコロナウイルス感染の中で、消費財メーカーは東日本大震災や近年の台風被害時と同様に、自社製品や事業を通じて既に様々な社会への支援を行っている。

主なものとしては、花王は中国湖北省に対する衛生用品や生活用品支援や、日本国内においても帰国者への衛生用品支援を行ってきた。また直近では、医療機関等でも不足するアルコール消毒剤の大幅な増産を公表した。ユニ・チャームは2月には中国武漢からのチャーター便帰国者や横浜に停泊したダイヤモンド・プリンセス号乗員乗客への自社製品の支援を行い、現在は国内のマスク供給確保のための増産を継続している。資生堂は3月末から欧州で、4月からは北米で自社設備を用いて、各々の地域で不足するアルコール消毒液を供給するための生産を開始した。いずれも現時点で各社の収益を目的とするためではなく、業界をリードする企業として社会のニーズにできる限り応えようとする姿勢を明確にしている。

 

まとめ

世界的なESG投資の拡大や、経団連の企業憲章へのSDGsの取り込みなど、持続可能な社会の達成に向けた企業の貢献への要請が高まる中で、近年は多くの企業がサステナビリティへの取り組みを強化し、発信を強めてきた。筆者は、今回のコロナ禍による様々な感染対策や、既に高まる世界的な景気後退の懸念などが、企業が進める環境や社会に対する施策を一時的に後退させることはあると見ている。しかしコロナウイルス感染が何らかの形で収束した時には、持続可能な社会に対する世界的な関心はむしろ再び高まる可能性が強いと考える。

 

消費者の日々の生活に深くかかわる消費財企業にとって、現状においても従業員や社会に対する責任感を持ち、事業を通じて持続的に支える姿勢を示し続けることは、消費者からの長期的な信頼感を獲得する好機ともいえる。このため、自社の存続が危ぶまれる状況でない以上、コロナ収束後を見据える企業にとって、長期的なサステナビリティ戦略を継続する意義はむしろ高まっているといえよう。

 

※1財務レバレッジ 総資本÷自己資本。 自己資本比率の逆数。負債を有効活用しているかどうかを測る値だが、増えすぎると負債過多となり安定性が下がる。ROA×財務レバレッジ=ROE。

※2 EBITDA  Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortizationの略で、税引前利益に支払利息、減価償却費を加えて算出される。キャッシュ流出を伴わない費用を戻しいれた利益であり、事業を通じて創出する企業のキャッシュを現す。

 

関連記事

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

料理宅配(デリバリー)の大問題

私は、料理宅配(デリバリー)を使わない。ビジネスモデルに深刻な問題を内包しているからだ。料理宅配業者の多くは赤字で、十分な税金を払っていない。道路など公共財の税負担だけでなく、配達員の交通事故リスクという側面からも、二重のFree Ride(タダ乗り)をしている。それでも赤字続きの料理宅配業界に、健全な発展は可能なのだろうか?

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中