「LTV(ライフタイムバリュー)」とは

「ライフタイムバリュー(LTV:Life Time Value)」とは、顧客が取引を通じて企業に与えた価値の合計を意味します。具体的には、一人の顧客が取引を開始してから取引を終わるまでに、その企業にもたらした利益の総計のこと。日本語では、「顧客生涯価値」などと訳されています。

例えば、ある顧客が月額1,000円のサブスクリプションサービスを1年間利用した場合、一般的にライフタイムバリューは1万2,000円。また、顧客の維持などで一人当たり毎月100円の経費が掛かった場合では、経費を差し引き、ライフタイムバリューは1万800円となります。

ライフタイムバリューは、各顧客に最適な対応を取り良好な関係を築こうとするCRM(顧客関係管理)の重要な指標で、近年Webマーケティングの領域で非常に注目されています。もちろん、企業(商品やサービスなど)に対する顧客の愛着が高ければ高い程、ライフタイムバリューは高まる傾向がみられます。

LTV(ライフタイムバリュー)の算出方法

一般的にライフタイムバリューは、以下の計算式で算出することが可能です。

  • 「LTV=(平均購入単価)×(購入頻度)×(継続購入期間)」(売上高を見る場合)
  • 「LTV=(平均購入単価)×(購入頻度)×(収益率)×(継続購入期間)」(粗利を見る場合)
  • 「LTV=(平均購入単価)×(購入頻度)×(取引期間)×(収益率)-(顧客の獲得コスト+維持コスト)」

この他にも、さまざまな計算方法が存在します。さまざまな計算方法があるのは、一人当たりに掛かる企業コストや、購入期間の算出が難しいため。本来、顧客一人一人の数値を算出するのが望ましいですが、企業によっては、セグメントの単位でライフタイムバリューを算出します。

月刊誌を販売する企業の算出例

ここでは、以下のケースを例にしてライフタイムバリューを算出。右の、「(一回当たりの平均購入単価)×(単位期間中における購入頻度)×(取引期間)-(顧客の獲得や維持コスト)」を使い、実際に計算していきましょう。

商品:月刊誌(月額2,000円で、初月は1,500円)
購入期間:2019年11/1~2020年10/31
一人当たりの顧客維持コスト:毎月のDMなどに毎月300円

初月の売上が2,000円、残り11ヵ月分の売上が1万6,500円となるため、(一回当たりの平均購入単価)は約1540円です。月刊誌のため(単位期間中における購入頻度)は1回、また(取引期間)は1年間(12ヶ月)。(顧客の獲得や維持コスト)については、300円×1年間(12ヶ月)で3,600円となることが分かります。

これを計算式に当てはめると、「LTV=(1,540円)×(1回)×(12ヶ月)-(3,600円)」となり、ライフタイムバリュー1万4,880円が求められました。

LTV(ライフタイムバリュー)を最大化するために

ここからは、ライフタイムバリューを最大化する目的や、必要な考え方などについてそれぞれ解説していきます。

LTVを最大化する目的とは

ライフタイムバリューを最大化する目的の一つは、”既存顧客からの利益を最大化すること”です。ネットプロモーターシステム(スコア)の考案者として知られるフレデリック F. ライクヘルド氏によると、新規顧客に販売するコストは、既存顧客に販売するコストの5倍。新規顧客の獲得はコスト高く、利益率が低いため、既存顧客の維持がより大切になると説明しています。

また、顧客の継続率を5%改善すると利益が最低25%も改善されるともいう同氏の「5:25の法則」も、既存顧客を重要視する理由の一つ。つまり、ライフタイムバリューを分析したり最大化したりする目的は、ビジネス構造の最適化であるとも言えるのです。

データの収集

そもそもライフタイムバリューを最大化するには、ライフタイムバリューを求めるための細かなデータを集めなければなりません。基本的にライフタイムバリューは一人一人の顧客に焦点を当てて算出・分析するため、各顧客の売上額や取引期間、企業コストなどのデータが重要です。

一昔前と比べ、昨今は販売チャネルが多様化しているため、オンラインやオフラインを横断した購買データの紐付けが必要です。また、各顧客に対するマーケティング施策の詳細についても、データを収集しなければなりません。従って企業は、顧客との関係を管理するCRMツールなどを導入し、まずは顧客管理に努めて下さい。

LTVを高めるための考え方

ライフタイムバリューを最大化するには、平均購入単価と購入頻度、継続購入期間を上げる施策が重要です。例えば、普段顧客が購入している商品よりもクオリティーが高い商品をDMで紹介したり、顧客にとって価値のある情報をメールマガジンとして配信したりするなど、さまざまな手法が挙げられます。

一方、最大化のためには、各顧客に対するコスト削減も考えなければなりません。具体的には、これまで投入していた運用型広告費の見直しや、人手で行っていたメルマガの配信作業などを機械に取って代えるなど、多様な方法が想像できるのではないでしょうか。

LTV(ライフタイムバリュー)の最大化については弊社FMIに相談を

ライフタイムバリューに関する理解は深まりましたでしょうか。これまでのマーケティングでは、企業利益の最大化を考える際、「顧客単価×顧客数」といったシンプルな図式で語られるケースがほとんどでした。

しかし、CRMの考えやデジタルマーケティングの技術などが浸透し、顧客一人一人に焦点を当てたビジネスが可能になったことで、企業はより細かな単位でビジネス指標を分析しなければならなくなっています。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、ライフタイムバリューの最大化を実現するために必要となるビジネスノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。また、以下のメールマガジンでは、ジャンルを問わずさまざまなビジネス事情について配信しております。

関連記事

村上春樹さんから学ぶ経営⑮「おいキズキ、ここはひどい世界だよ」

わずか60年間で世界有数のハイテク企業になった東京エレクトロン。元社長の東哲郎氏による「私の履歴書」(日本経済新聞)。毎朝の楽しみでした。(手法でなく)考え方に関する記述が多いことに気づき、優秀な経営者とはやはりそうなのだ、と改めて勉強させられました。同時に、学生運動に参加し、大学に戻るまでの苦悩を重く読みました。それでは今月の文章です。

「カテゴリーキラー」とは?圧倒的な競争力を武器に展開する戦略

カテゴリーキラーは、特定の商品分野に集中して圧倒的な品揃えと低価格を武器に展開するマーケティング戦略です。 あらゆる商品をワンストップでそろえる百貨店などの業態とは対照的なのが特徴ですが、インターネットの普及などにより、その戦略も変容を迫られています。 今回はカテゴリーキラーの基本知識や戦略上大切となるポイント、優位性のメリットが得られる理由や、実際の企業事例などについて紹介します。

アート思考とは?注目される理由、実際に使われた事例も解説

新型コロナウイルスの流行、IT技術の普及など、変化が目覚ましい時代。新しいものが次々生み出される中で、常識にとらわれない斬新な考え方が必要になってきています。 そこで注目されているのがアート思考です。ロジカル思考、デザイン思考に続いて話題になっているアート思考は芸術家に近い思考法で、海外はもちろん日本の大企業でも取り入れている企業があります。 今回はそんなアート思考について詳しく解説していきます。

ランキング記事

1

東京オリンピック縮小から考える、「ROE」と「ESG・SDGs」

コロナの影響により、東京オリンピック・パラリンピックはいまいち盛り上がりに欠け、「開催するべきか否か」という「二項対立」議論がわき上がる。勝敗がはっきりしているスポーツの現場とは異なり、ビジネスの現場おいて「二項対立」の思考は、最適解を見失うトラップとなりやすい。今回は、「ROE」と「ESG・SDGs」の関係性に当てはめ、考察した。

2

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

5

中国の「お一人様」社会 単身経済の進行

中国では「一人っ子政策世代」(1979-2014年生)の独身率が高まっている。そもそも未婚者に占める男性比率が高い上に、自らのキャリアや消費を優先する考え方が浸透しているためだ。日本で言う「お一人様」向けサービスの拡充とともに、人口減、高齢化の進行に備えが必要となっている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中