「LTV(ライフタイムバリュー)」とは

「ライフタイムバリュー(LTV:Life Time Value)」とは、顧客が取引を通じて企業に与えた価値の合計を意味します。具体的には、一人の顧客が取引を開始してから取引を終わるまでに、その企業にもたらした利益の総計のこと。日本語では、「顧客生涯価値」などと訳されています。

例えば、ある顧客が月額1,000円のサブスクリプションサービスを1年間利用した場合、一般的にライフタイムバリューは1万2,000円。また、顧客の維持などで一人当たり毎月100円の経費が掛かった場合では、経費を差し引き、ライフタイムバリューは1万800円となります。

ライフタイムバリューは、各顧客に最適な対応を取り良好な関係を築こうとするCRM(顧客関係管理)の重要な指標で、近年Webマーケティングの領域で非常に注目されています。もちろん、企業(商品やサービスなど)に対する顧客の愛着が高ければ高い程、ライフタイムバリューは高まる傾向がみられます。

LTV(ライフタイムバリュー)の算出方法

一般的にライフタイムバリューは、以下の計算式で算出することが可能です。

  • 「LTV=(平均購入単価)×(購入頻度)×(継続購入期間)」(売上高を見る場合)
  • 「LTV=(平均購入単価)×(購入頻度)×(収益率)×(継続購入期間)」(粗利を見る場合)
  • 「LTV=(平均購入単価)×(購入頻度)×(取引期間)×(収益率)-(顧客の獲得コスト+維持コスト)」

この他にも、さまざまな計算方法が存在します。さまざまな計算方法があるのは、一人当たりに掛かる企業コストや、購入期間の算出が難しいため。本来、顧客一人一人の数値を算出するのが望ましいですが、企業によっては、セグメントの単位でライフタイムバリューを算出します。

月刊誌を販売する企業の算出例

ここでは、以下のケースを例にしてライフタイムバリューを算出。右の、「(一回当たりの平均購入単価)×(単位期間中における購入頻度)×(取引期間)-(顧客の獲得や維持コスト)」を使い、実際に計算していきましょう。

商品:月刊誌(月額2,000円で、初月は1,500円)
購入期間:2019年11/1~2020年10/31
一人当たりの顧客維持コスト:毎月のDMなどに毎月300円

初月の売上が2,000円、残り11ヵ月分の売上が1万6,500円となるため、(一回当たりの平均購入単価)は約1540円です。月刊誌のため(単位期間中における購入頻度)は1回、また(取引期間)は1年間(12ヶ月)。(顧客の獲得や維持コスト)については、300円×1年間(12ヶ月)で3,600円となることが分かります。

これを計算式に当てはめると、「LTV=(1,540円)×(1回)×(12ヶ月)-(3,600円)」となり、ライフタイムバリュー1万4,880円が求められました。

LTV(ライフタイムバリュー)を最大化するために

ここからは、ライフタイムバリューを最大化する目的や、必要な考え方などについてそれぞれ解説していきます。

LTVを最大化する目的とは

ライフタイムバリューを最大化する目的の一つは、”既存顧客からの利益を最大化すること”です。ネットプロモーターシステム(スコア)の考案者として知られるフレデリック F. ライクヘルド氏によると、新規顧客に販売するコストは、既存顧客に販売するコストの5倍。新規顧客の獲得はコスト高く、利益率が低いため、既存顧客の維持がより大切になると説明しています。

また、顧客の継続率を5%改善すると利益が最低25%も改善されるともいう同氏の「5:25の法則」も、既存顧客を重要視する理由の一つ。つまり、ライフタイムバリューを分析したり最大化したりする目的は、ビジネス構造の最適化であるとも言えるのです。

データの収集

そもそもライフタイムバリューを最大化するには、ライフタイムバリューを求めるための細かなデータを集めなければなりません。基本的にライフタイムバリューは一人一人の顧客に焦点を当てて算出・分析するため、各顧客の売上額や取引期間、企業コストなどのデータが重要です。

一昔前と比べ、昨今は販売チャネルが多様化しているため、オンラインやオフラインを横断した購買データの紐付けが必要です。また、各顧客に対するマーケティング施策の詳細についても、データを収集しなければなりません。従って企業は、顧客との関係を管理するCRMツールなどを導入し、まずは顧客管理に努めて下さい。

LTVを高めるための考え方

ライフタイムバリューを最大化するには、平均購入単価と購入頻度、継続購入期間を上げる施策が重要です。例えば、普段顧客が購入している商品よりもクオリティーが高い商品をDMで紹介したり、顧客にとって価値のある情報をメールマガジンとして配信したりするなど、さまざまな手法が挙げられます。

一方、最大化のためには、各顧客に対するコスト削減も考えなければなりません。具体的には、これまで投入していた運用型広告費の見直しや、人手で行っていたメルマガの配信作業などを機械に取って代えるなど、多様な方法が想像できるのではないでしょうか。

LTV(ライフタイムバリュー)の最大化については弊社FMIに相談を

ライフタイムバリューに関する理解は深まりましたでしょうか。これまでのマーケティングでは、企業利益の最大化を考える際、「顧客単価×顧客数」といったシンプルな図式で語られるケースがほとんどでした。

しかし、CRMの考えやデジタルマーケティングの技術などが浸透し、顧客一人一人に焦点を当てたビジネスが可能になったことで、企業はより細かな単位でビジネス指標を分析しなければならなくなっています。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、ライフタイムバリューの最大化を実現するために必要となるビジネスノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。また、以下のメールマガジンでは、ジャンルを問わずさまざまなビジネス事情について配信しております。

関連記事

事業承継で存在感増す、PEファンド

PEファンド(以下「ファンド」)によるオーナー企業への投資が加速している。ファンドが買手となった事業承継のうち、過半数の経営者が現役世代の50代以下であり、自社の成長に向けたファンドの機能を重視する傾向が有りそうだ。事業承継系M&Aの領域で存在感を増すファンド。オーナー企業側のニーズや、増加の背景を探ってみたい。

不動産証券化とは?その類型やメリットなどを解説

「人生100年時代」、「貯蓄から投資へ」、「老後までに2,000万円」、といったキーワードが政府により盛んに喧伝される中、株や債券といった伝統的な投資対象資産による運用だけではなく、「オルタナティブ資産」への投資の重要性が増しています。オルタナティブ資産の代表格としては、不動産、PEファンド、インフラストラクチャー等が挙げられますが、本稿では、多様な形式での不動産への投資を可能とする、「不動産の証券化」についてご説明します。

「中小企業活性化パッケージ」で事業再生は進むのか

コロナ禍が発生してから、既に2年。2022年3月、「中小企業の事業再生等に関するガイドライン(以下、ガイドライン)」が取りまとめられると共に、中小企業庁・金融庁・財務省から当該ガイドラインを含む「中小企業活性化パッケージ(以下、活性化パッケージ)」が公表された。コロナ禍からの脱却、本格的な「Withコロナ」を見据えた事業再生の支援制度・枠組みの整備がなされたが、これを転換点として、果たして事業再生は進むのか。

ランキング記事

1

ドミナントデザインとは?優れた製品とイノベーションの関係を解説

世の中には、「これ以上変革のしようがなく、これが当たり前」と思われている仕様の製品やサービスが多く存在します。 そういった仕様を「ドミナントデザイン」といい、産業が進化する過程で研ぎ澄まされた結果として生まれます。 当記事では、ドミナントデザインを生み出す産業構造や、保守的なドミナントデザインに対する革新的なイノベーションとの関係について解説します。

2

ウクライナ侵攻で中古車価格が下落、は本当か?

2022年3月の中古車価格が前月と比較して大幅に下落した。これを受けてマスコミでは、今回の価格下落がロシアによるウクライナ侵攻に起因している可能性が高いと報道、さらなる落ち込みへの懸念を示した。果たして実際にはどうなのか。本稿では、我が国の中古車市場を振り返るとともに、今後の見通しなどについて考えたい。

3

「SPYxFAMILY」(少年ジャンプ+掲載)に注目~ボーンデジタルの大ヒットアニメとなるか?~

2022年4月から放映開始されたアニメ「SPYxFAMILY」が注目されている。原作は週刊少年ジャンプ本誌には掲載されておらず、デジタル版「少年ジャンプ+」での連載のみ。デジタル発としては異例の大ヒット作のアニメ化に、大きな期待が寄せられている。

4

原発を再稼働すべきか 円安、ウクライナ侵攻から考える

福島県沖地震による電力不足、LNG市場の逼迫、円安、ウクライナ侵攻にともなう経済制裁。将来的に再開可能とみられる原発を、いまこそ再稼働するべきだろうか?

5

集中戦略とは?企業が選択するべき経営戦略を事例とともに解説

経営戦略において、非常に重要な考え方の1つとされている「集中戦略」。大手企業でも採用されている戦略で、導入後に大きな成功を収めた事例も数多くあります。 しかし、世間では「集中戦略は死んだ」とも言われています。 そこで今回は、集中戦略の概要、メリット・デメリット、成功事例、失敗事例などを説明します。あわせて、「集中戦略は死んだ」と言われる理由や、今後選択すべき経営戦略についても解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中