テレワークボックスとしての利用

カラオケテレワークイメージ

コロナ禍の前から、利用が見られたカラオケボックスの機能として、“自宅外のテレワーク用仕事スペース”が有る。防音環境やWi-Fi環境、飲食サービスを備えた個室を提供するカラオケボックスは、使用後のアルコール除菌の徹底や空気清浄機器の強化といったコロナ対策の充実を謳えば、コロナ新規感染者が大幅には減少しない状況にあっても、(自宅ではテレワークが捗らないとの思いを抱く層を中心に)一定の仕事スペース需要を喚起することは可能だろう。

昨今駅などに設置されている狭小なオフィス用ポッドと比較しても、快適性で優位に立つと考えられる。

終電繰り上げに伴う簡易宿泊の需要

終電イメージ

また、コロナ禍が落ち着き、夜間の娯楽需要が回復に向かう場合、鉄道各社による終電繰り上げは、乗り過ごしや乗り遅れによるカラオケボックスの深夜滞在需要を後押しする可能性がある。

現在カラオケボックスでは各個室をロックできず、簡易に寝床を確保するという観点ではセキュリティ面で不安があるものの、自動車で昨今導入が進展しつつあるスマートフォンを利用したロックを導入すれば、比較的容易に簡易宿泊機能を備えることが可能となるだろう。

オンライン教育への利用も

このようなカラオケボックスの環境は、仕事スペースとして利用されるだけではなく、教育スペースとして利用することも可能である。既に、一人用カラオケスペースにて双方向オンライン英会話サービスを提供する試みが行われており、今後通信制高校/大学の授業や、様々な教育コンテンツを投入することも考えられるだろう。

カラオケボックスが多用途のエンタメ施設に

マイクイメージ

既述の簡易宿泊機能、テレワーク用仕事スペース機能とは別に、コロナ環境下やアフターコロナでも期待されるカラオケボックスの新用途は、動画視聴/VR体験施設としての機能である。
既に、JOYSOUNDブランドを展開するエクシング社は、カラオケボックスでライブビューイングなどの動画コンテンツを視聴するサービス「みるハコ」を展開している。

コロナ環境下で密を避けるライブ体験として、自宅でのオンラインライブ視聴が注目されているが、どうしても画面サイズ、音響環境などの観点からライブの臨場感を得ることは容易ではない。

カラオケボックスでは、大きな画面や優れた音響環境、複数人での同時視聴といったオンラインライブ環境を実現することが可能となるため、今後オンラインライブでのライブビューイングスペースとして、カラオケボックスの存在感が増す可能性が有るだろう。

また、一部のカラオケボックスでは、VRゴーグルを装着して、大人数の観客を集めた仮想ライブステージ上でカラオケを楽しむ“VRカラオケ”サービスも提供されている。先述の動画視聴サービスとVRゴーグルを組み合わせた新しいVRコンテンツ提供も可能となるだろう。

このように、カラオケボックスの特性と新技術を組み合わせれば、カラオケボックスは単なる“歌えるハコ”という存在から、少人数でコロナ環境下でも安心して楽しめる“多用途エンタメスペース”という存在に進化していく可能性がある。

進化を牽引するM&Aに期待

現時点では、コロナ環境下で、カラオケボックス事業者の収益環境は概ね厳しく、新規投資を伴うカラオケボックスの進化が急速に進むとは予測しがたい。しかし、上述のような“進化”を積極的に牽引する意図を持つ企業やファンドの動き、即ちM&Aによる既存カラオケボックス事業者の変革に注目していきたい。

関連記事

対談ウェビナー① 「次世代経営者の人材育成」 株式会社スコラ・コンサルト 柴田昌治プロセスデザイナー代表

どうして、日本企業には経営人材が育たないのか。何が変革を阻んでいるのか。大企業が抱える病理とは…。バブル期の80年代後半から、日本企業の「組織風土改革」に取り組んできた株式会社スコラ・コンサルト創業者の柴田昌治氏と、フロンティア・マネジメント株式会社大西正一郎代表が、2回に分けて討議します。

新「両利きの経営」のススメ 「変革型」経営者人材を育てよ

「経営者人材の育成」はどの企業でも重要課題とされているが、その中でも自らの企業のビジネスモデルを新たに構築する「変革型」の経営者人材を育成することは、難しい。本稿では、筆者のこれまでの経験を踏まえて、「変革型経営者人材」を育成するための処方箋をお伝えしたい。

展望2021年 内向き化する世界と企業のセキュリティリスク

2020年はまさに「コロナで始まりコロナで終わった」1年だった。新型コロナウイルスの感染拡大は、米中対立をさらに悪化させ、インドやオーストラリアの中国離れも加速した。国際協調の重要性が長年指摘されるなか、各国の「内向き化」はかえって進んだ。では、2021年の世界情勢はどう進んでいくのだろうか。(和田大樹 OSCアドバイザー/清和大学講師)

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中