2019年の世界のロボット販売台数は前年比12%減

図表

国際ロボット連盟によると、2019年の世界のロボット販売台数は前年比12%減の37.3万台となった。前年が過去最高であったことを勘案すると高水準と言えるが、前年割れは7年振りとなる。米中貿易摩擦によって、自動車販売が世界的に伸び悩んだこと、製造業で投資を手控える動きが強まったことなどが原因である。
地域別でみても、世界市場の約4割を占める中国が同9%減の14.05万台と落ち込んだほか、中国除くアジア(同19%減)、北米(同13%減)、欧州(同5%減)も軒並み前年割れとなった。

産業用ロボット販売の世界的回復は2021年以降に

工場イメージ

国際ロボット連盟では、新型コロナウィルスの影響が依然として不透明であることもあり、2020年以降のロボット販売台数の予想数値の公表を控えているが、2020年の同販売台数は2年連続の前年割れとなる公算が強い。

日本の主要なロボットメーカーの動向をみると、安川電機のロボット部門の受注は21年2月期第1四半期が前年比18%減、第2四半期が16%減と落ち込み、21年2月期の同部門売上予想は同9%減とみている。
ファナックのロボット部門の受注は21年3月期第1四半期が前年比22%減、第2四半期が同8%減。
ただ、第2四半期は前四半期比では12%増と回復。同社の山口社長は、「下半期も回復基調が続く」との見方を示しており、ロボット需要は2021年にかけて回復基調が続きそうだ。

中国のロボット市場では中国メーカーのシェアも上昇

ロボットイメージ

中国のロボット販売は、世界に先駆けて回復基調に入っている。これは、通信の次世代規格である5G関連の投資が活発であること、自動車販売の回復、旺盛な自動化ニーズなどによる。
一方、中国では、ロボット販売台数に占める海外メーカーのシェアは71%と依然として高い。ただ、中国ではロボットの国産化に注力しており、中国のロボットメーカーの中国市場におけるシェアは、2017年22%→2018年27%→2019年29%と上昇している。

これは、中国の製造業でのロボット用途が拡大していることに加えて、外資系メーカーが強い自動車向けが2019年に弱含んだことなども影響している。因みに、中国の自動車向けロボットだけでみると、高い精度が要求されることもあり、中国メーカーのシェアは12%程度と全体のシェアを大きく下回っている。

協働ロボットへの注目度が高まる

不二越イメージ
不二越プレスリリースより引用

ロボット市場では、協働ロボットに対する関心が強まっている。これは、ポストコロナでの3密回避の動きが強まっていることも大きい。

協働ロボットは、生産ラインなどで作業者の近くで作業するロボットで、センサーで人を感知して接触事故を防ぐシステムが装備されている。産業用ロボット市場は、自動車向けが過半を占めているが、協働ロボットは幅広い産業で活用される可能性を秘めている。協働ロボットの市場は、ロボット市場の5%程度に過ぎないが、今後の成長が期待できよう。

協働ロボット市場へ、日系企業の参入も相次ぐ

日本では、生産ラインにロボットを設置する際に安全対策として安全柵設置を義務付ける規制が2013年に撤廃されたことにより、その後、多くのメーカーが協働ロボットの開発に乗り出していた。
協働ロボット市場では、デンマークのユニバーサル・ロボット社が先行しているが、日本ではファナック、安川電機なども参入。2020年に入ると、三菱電機、ヤマハ発動機、ダイヘンなどのロボットメーカーが同市場への新製品を投入した他、電子部品大手の京セラも協働ロボットシステムを開発し、21年に同市場に参入すると発表するなど、活発な市場形成が期待できそうだ。

まとめ

コロナ収束後の経済活動の予測は難しいが、3密回避、省人化・自動化というニーズは高まることが予想される。自動化で重要な役割を担うロボットの市場も再び拡大基調に戻ることを期待したい。

関連記事

アナログな小売業 DX成功への処方箋

小売企業の多くが、DXへの取り組みを進めている。しかし、実際にデジタル革新が進んでいると、胸をはる業者は少ない。どうしてうまく進まないのか、ではどうすればいいのか。この記事では当社(フロンティア・マネジメント)のコンサルティング業務から見えてきた、DXの頻出課題と突破するための処方箋を提示したい。

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

EVは本当に最適か?② ガソリン車はなくなるのか 次世代燃料「e-fuel」とは

日本の自動車産業にとって、EVは最適な手段なのであろうか。第2回では、次世代燃料「e-fuel」について紹介するとともに、それが将来のHEV(ハイブリッド車)とBEV(外部充電式電気自動車)の販売シェアに及ぼす影響などについて考察する。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

3

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

4

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

5

任天堂は、新たな黄金期到来か?「サイクル」のピークか? 新体制下での最高益更新

任天堂はGW明けの2021年5月6日、過去最高益となる2021/3期決算を発表した。Wiiが大ヒットしていた2008/3期以来13年ぶりの更新となり、現在時価総額は8兆円を超えた。コロナ禍の「巣ごもり」による追い風はあったものの、40代で老舗企業を率いる古川俊太郎社長の下、若い力とシニア世代の力を融合させたガバナンス例として注目される。任天堂の好調は循環的な「波」によるものか、新たな成長トレンド入りなのか、検証した。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中