2019年の世界のロボット販売台数は前年比12%減

図表

国際ロボット連盟によると、2019年の世界のロボット販売台数は前年比12%減の37.3万台となった。前年が過去最高であったことを勘案すると高水準と言えるが、前年割れは7年振りとなる。米中貿易摩擦によって、自動車販売が世界的に伸び悩んだこと、製造業で投資を手控える動きが強まったことなどが原因である。
地域別でみても、世界市場の約4割を占める中国が同9%減の14.05万台と落ち込んだほか、中国除くアジア(同19%減)、北米(同13%減)、欧州(同5%減)も軒並み前年割れとなった。

産業用ロボット販売の世界的回復は2021年以降に

工場イメージ

国際ロボット連盟では、新型コロナウィルスの影響が依然として不透明であることもあり、2020年以降のロボット販売台数の予想数値の公表を控えているが、2020年の同販売台数は2年連続の前年割れとなる公算が強い。

日本の主要なロボットメーカーの動向をみると、安川電機のロボット部門の受注は21年2月期第1四半期が前年比18%減、第2四半期が16%減と落ち込み、21年2月期の同部門売上予想は同9%減とみている。
ファナックのロボット部門の受注は21年3月期第1四半期が前年比22%減、第2四半期が同8%減。
ただ、第2四半期は前四半期比では12%増と回復。同社の山口社長は、「下半期も回復基調が続く」との見方を示しており、ロボット需要は2021年にかけて回復基調が続きそうだ。

中国のロボット市場では中国メーカーのシェアも上昇

ロボットイメージ

中国のロボット販売は、世界に先駆けて回復基調に入っている。これは、通信の次世代規格である5G関連の投資が活発であること、自動車販売の回復、旺盛な自動化ニーズなどによる。
一方、中国では、ロボット販売台数に占める海外メーカーのシェアは71%と依然として高い。ただ、中国ではロボットの国産化に注力しており、中国のロボットメーカーの中国市場におけるシェアは、2017年22%→2018年27%→2019年29%と上昇している。

これは、中国の製造業でのロボット用途が拡大していることに加えて、外資系メーカーが強い自動車向けが2019年に弱含んだことなども影響している。因みに、中国の自動車向けロボットだけでみると、高い精度が要求されることもあり、中国メーカーのシェアは12%程度と全体のシェアを大きく下回っている。

協働ロボットへの注目度が高まる

不二越イメージ
不二越プレスリリースより引用

ロボット市場では、協働ロボットに対する関心が強まっている。これは、ポストコロナでの3密回避の動きが強まっていることも大きい。

協働ロボットは、生産ラインなどで作業者の近くで作業するロボットで、センサーで人を感知して接触事故を防ぐシステムが装備されている。産業用ロボット市場は、自動車向けが過半を占めているが、協働ロボットは幅広い産業で活用される可能性を秘めている。協働ロボットの市場は、ロボット市場の5%程度に過ぎないが、今後の成長が期待できよう。

協働ロボット市場へ、日系企業の参入も相次ぐ

日本では、生産ラインにロボットを設置する際に安全対策として安全柵設置を義務付ける規制が2013年に撤廃されたことにより、その後、多くのメーカーが協働ロボットの開発に乗り出していた。
協働ロボット市場では、デンマークのユニバーサル・ロボット社が先行しているが、日本ではファナック、安川電機なども参入。2020年に入ると、三菱電機、ヤマハ発動機、ダイヘンなどのロボットメーカーが同市場への新製品を投入した他、電子部品大手の京セラも協働ロボットシステムを開発し、21年に同市場に参入すると発表するなど、活発な市場形成が期待できそうだ。

まとめ

コロナ収束後の経済活動の予測は難しいが、3密回避、省人化・自動化というニーズは高まることが予想される。自動化で重要な役割を担うロボットの市場も再び拡大基調に戻ることを期待したい。

関連記事

工作機械受注に回復感 中期的なEVシフトのリスクとは

日本工作機械工業会が公表している工作機械受注は、5月をボトムに回復しており、11月(速報)は前年同月比8%増の882億円と2年2カ月振りの前年比プラスに転じた。一方で、国内外で電気自動車(EV)の普及を加速させる政策を打ち出すニュースも相次いでいる。EVシフトは金属部品の使用を減らすことにつながり、工作機械業界にとってネガティブファクターであり、中長期的なリスク要因となりそうだ。

DX時代 生き残りかけた百貨店の今後

激動の2020年が暮れようとしている。世界中で猛威を振るった新型コロナウィルスの影響で、航空、鉄道、観光、外食といった人々の移動や余暇活動に携わる産業と同じく、流通小売業も打撃を受けた。特に深刻だったのは、インバウンド需要の消失と、自粛期間中の営業休止の2重苦を強いられた百貨店だ。この記事では、DXの時代の百貨店の今後と生き残り戦略について考察した。

「2050年ゼロカーボン」 CO2削減に向けたビジネスの変化

菅義偉首相は2020年10月26日、臨時国会の所信表明演説で、国内の温暖化ガスの排出を2050年までに「実質ゼロ」(ゼロカーボン)とする方針を表明した。この記事では、実現に向けたプロセスの全体像を整理するとともに、それに伴う今後のビジネスの変化について私見を述べたいと思う。

ランキング記事

1

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

2

コロナ禍に有効なアーンアウト条項とは シンガポール案件からの考察

コロナ状況下でもASEAN地域においてPEファンドによる売却が積極的に行われている。アーンアウト条項を通じ、コロナ状況下のリスクを買い手と売り手で分担している例もみられ、危機時の参考事例として紹介・考察したい。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

5

6Gの特徴的機能や2030年代の世界観について解説

2020年現在、スマートフォンのようなマルチメディアのインターネット通信を担う「移動通信システム」は、4Gから5Gへ移行する最中にあります。 その裏では、さらにその先の「6G」実現に向けた研究や議論もすでに始まっているのです。現段階から6Gの概要を知っておけば、6Gの実用化が予想される2030年以降の世界を考える上で大いに役立つでしょう。 本稿では、6Gに関する国内動向や求められる特徴的機能、6Gと共にある2030年代の世界観について解説していきます。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中