持株会社とは?グループ会社を統括する

持株会社とは、他の株式会社を支配する目的で、その会社の株式を保有する会社です。

株式会社は株主総会決議によって経営方針が左右されるため、株式を独占する割合(持株比率)が増えるほどに強力な支配権を得ることができます。

持株会社となるのに必要な持株比率は厳密に定義されていませんが、経営の舵取りに参加できる筆頭株主となるか、過半数以上の株式を保有して相手を子会社化するなど、アプローチは複数存在します。

持株会社の企業例

代表例としては、複数抱える子会社を手足として幅広い事業を営む「ホールディングス」や「グループ」と名の付く、以下のような企業が挙げられます。

  • セブン&アイホールディングス
  • アサヒグループホールディングス
  • 花王グループ
  • 大和証券グループ本社

いずれも、膨大な関係企業をひとつの法人格として扱い、組織を効率よく束ねる戦略を採っています。

持株会社は2種類に大別可能

持株会社は、純粋持株会社と事業持株会社の2種類に大別できます。

支配のみが事業の純粋持株会社

純粋持株会社とは、自ら事業は行わず、株式保有で他社を支配することだけを目的とする持株会社です。

本業で売上が発生しないため、子会社からの配当や、子会社に対する経営指導・ブランド使用許可といったサービスの対価を収益としています。

自ら事業を行う事業持株会社

事業持株会社とは、株式保有で他社を支配しながら、自らも製造や販売といった事業を営む持株会社です。

両者の違いは、「他社の支配が本業であるか否か」という点で判断できます。

カンパニー制や事業部制との違い

分社体制で経営効率化を図る戦略として持株会社とよく比較されるのが、「事業部制」と「カンパニー制」というふたつの組織体制です。

事業部制の目的は経営管理

事業部制は、企業の製品やサービス、または展開する地域ごとに事業部門を置き、運営に必要な権限を付与して業績管理や予算策定を行わせる組織体制です。

組織再編や事業仕分けなどを判断する経営管理を目的に導入され、経営判断を委ねるほどの権限は譲渡しません。

カンパニー制の目的は成長

カンパニー制では、事業部門をひとつの独立した企業のように扱い、投資権や人事権などの経営戦略上重要な権限も譲渡します。

部門間競争力の強化や事業の効率的遂行、次世代リーダーの育成、従業員への資本コストの意識付けといった「成長」を目的する場合が多いです。

これらふたつの体制と比較すると、持株会社は事業単位が法人ごとに分かれており、経営戦略上重要な決定は自身で行うという点が特徴的と言えるでしょう。

持株会社のメリットとデメリット

では、持株会社を設立し、経営をグループ統合するにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

会社のメリット

持株会社のメリットは、以下のようにまとめられます。

  • 経営と事業の分離による効率化
  • 意思決定のスピード化
  • トップダウン情報伝達の簡易化
  • 買収・合弁のスムーズ化
  • リスクの分散

ポイントは、持株会社が組織全体の利益を念頭に置いた経営に集中し、傘下企業が実際に利益をあげる事業に集中するという棲み分け構造にあります。

この構造によって経営が効率化するだけでなく、指示系統をひとつに絞ることで、トップダウンの意思決定および伝達がスピーディに行いやすくなります。

また、グループ全体が会計上連結決算となる点も重要です。

全体事業の採算が浮き彫りになることで、新規事業への参入やリスク管理、買収・合弁(M&A)による事業整理もしやすくなります。

持株会社のデメリット

持株会社のデメリットは、以下のようにまとめられます。

  • 法人維持コストの増加
  • ボトムアップ情報伝達の複雑化

上記デメリットは、グループの規模が拡大するほど露わになります。

複数の法人を抱えると、各企業の人事・総務・経理といった管理業務は重複し、その分費用がかかります。

また、法人税や法人事業税といった税金も会社単位で発生するため、法人維持コストの増加は覚悟しなければなりません。

また、傘下企業から親企業に対するボトムアップの情報伝達は、運用次第では複雑かつ対応が遅くなる可能性があります。

同じ階層にある企業同士(例:子会社同士)の情報伝達についても同様です。

いかにグループ全体の統制を乱さずに運営するかが、成功の分かれ目となるでしょう。

規制対象から重要戦略へ変化した純粋持株会社

純粋持株会社については、戦後からバブル崩壊までの約50年間において、法律によって設立および経営を規制されていました。

持株会社という仕組みが、経営戦略としてどういった評価の変遷を受けてきたのか、簡単な歴史とともに解説します。

かつての財閥とともに規制対象へ

純粋持株会社は、もともと戦前・戦中の日本経済とは切り離せない存在である「財閥」が採用する形態でした。

当時の財閥はM&Aを繰り返して傘下企業をコントロールし、市場のみならず国家権力に対しても影響力をもつ巨大組織に成長します。

ところが戦後になってGHQによる手が入ると、自由な市場競争を促すため『過度経済力集中排除法』や『独立禁止法』が制定され、財閥解体と同時に、持株会社の設立や持株会社化が禁止されたのです。

時代の要請により解禁される

ターニングポイントを迎え、持株会社は再び解禁されることになります。

背景となったのは、1996年橋本内閣の時代に起きた「金融ビッグバン」です。

当時は銀行におけるバブル崩壊後の不良債権処理が滞り、金融業界全体で構造改革の必要性が叫ばれていました。

そこで、1986年のイギリスに倣った「金融ビッグバン構想」が掲げられ、自由で公正かつ国際的な市場を目指すさまざまな改革が行われます。

この改革の一環として、1997年に独占禁止法が改正され、純粋持株会社が解禁となりました。

結果、大手銀行は規模の拡大による経営基盤の強化を目指し、持株会社の仕組みを利用した統合による金融再編に踏み切ることになります。

金融持株会社について

金融持株会社は、上記で解説した金融ビッグバンの後、銀行や証券、保険会社の大手を中心して設立されるようになった純粋持株会社の一類型です。

みずほフィナンシャルグループや三菱UFJフィナンシャルグループといった大手持株会社が代表例に挙げられます。

傘下に銀行・証券・信託・保険・リース・クレジットといった金融分野を営む複数の会社を抱え込み、資金融通や業務集約といった手法で経営を効率化できるのがメリットです。

金融機関は他業種と比べて市場への影響力が強いため、他社の株式を保有できる上限が銀行法によって15%までに制限されています。(銀行法52条の24)

事業規模が拡大したら持株会社を選択肢に

グループ経営の構造を人に例えるならば、持株会社は頭脳、子会社は手足に当たります。

統率を乱さずに運営できれば、幅広い事業への挑戦を可能にする盤石の体制を築くことが可能です。

企業経営の過程で事業規模が拡大したり、複数事業を扱うようになった場合、持株会社の設立を選択肢に入れるべきでしょう。

また、持株比率を調節すれば、頭脳と手足を入れ替えることも可能です。

株式の贈与や譲渡によって、事業承継に利用できる柔軟性もあるため、持株会社を重要な経営戦略のひとつとして覚えておきましょう。

Frontier Eyes Onlineでは、ビジネスで使える情報や、最新のビジネストレンドを解説しています。

よろしければメルマガのご登録をお願いいたします。

<参考>
会社法(平成十七年法律第八十六号)
会社法施行規則(平成十八年法務省令第十二号)
独占禁止法の改正
金融ビッグバンによる現代金融システムの変容
金融グループを巡る制度の変遷等(事務局説明資料)(PDF:954KB)
銀行法等の一部を改正する法律の成立
銀行法(昭和五十六年法律第五十九号)
財務サポート「事業承継」

関連記事

API化の効用とは? ~オープンイノベーションを加速させるビジネスツール~

API(Application Programming Interface)とは「あるシステムから別のシステムの機能やデータを容易に使うための仕組み」のことである。この記事では、APIを活用したビジネスの成功事例を紹介するとともに、そのメリットについて解説する。

バリュエーション(企業価値評価)とは 主な指標やアプローチも解説

M&A(Mergers and Acquisitions)はその名の通り企業の合併と買収なので、値付けはその最も重要な要素になります。つまり企業の値付けを行うバリュエーションはM&Aにおけるキーワードであるわけです。今回はそんなバリュエーションとは一体どういうもので、現場ではどのように用いられているか等について解説します。

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

5

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中