ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)とは

「ギグ・ワーク」とは、企業に雇用されることなく、単発・短期の仕事を請け負う働き方のこと。また、こうした非正規労働によって成り立つ経済のことを「ギグ・エコノミー」と呼びます。場合によっては、ギグ・エコノミーとギグ・ワークを同義の言葉としてケースもみられます。

ギグ(Gig)とは、ミュージシャンが行う”単発ライブ”などを意味する俗語。これを、経済(Economy)や労働(Work)と掛け合わせたのが、正にギグ・エコノミー、ギグ・ワークです。

ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)を説明する際にしばしば挙げられるのが、「クラウドソーシング(※1)」などのオンラインプラットフォーム。また、これらを活用し単発の仕事を請負う労働者は、ギグ・ワーカーと呼ばれます。(※1:インターネット上で不特定多数の人に対し業務内容や報酬などを説明し、単発の仕事を発注する業務形態のこと)

その他、オンラインのデリバリーサービスなど、成功報酬型の労働スタイルも、ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)に含まれます。

また、ギグ・エコノミーに類似する概念として、「シェアリングエコノミー」が存在します。ギグ・エコノミーはあくまで”人材”を共有するという考えがベースですが、シェアリングエコノミーでは、”モノ”を共有するというアイデアが焦点。サービスの利用者同士で、車や家などのモノをシェアするといったイメージです。

ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)が注目される背景

ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)が注目される背景の一つは、自社のビジネスを巡る環境やテクノロジーが急速に変化し、自社の社員だけでは業務が賄えなくなっていることです。例えば、Webサイトの制作などを担うIT業界では、需要が急激に増える昨今、全ての依頼に対してすぐにアウトプットを生み出すことは難しくなっています。そこで、クラウドソーシングなどを活用し、業務の一部をフリーランスに任せるケースが増えているということです。

また、副業やフリーランスなど多様な働き方が社会で浸透していることも、ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)が増えている要因の一つです。特にギグ・ワーカーは、労働法や、特定企業の就業規則、場所などに縛られないため、自由な働き方が可能。自身のライフスタイルを実現するための方法として、ギグ・ワークを選ぶ人が増えているといいます。

そして、ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)が注目される最も大きい背景が、テクノロジーの
発展です。クラウドソーシングなどのオンラインプラットフォームが増えたり、マッチングの精度が向上したりしたことで、企業は必要なタイミングで仕事を発注し、労働者が空いた時間で仕事を請け負ったりスキルを発揮したりする機会が増加しました。

ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)のメリット・デメリット

ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)のメリット・デメリットは、企業と労働者によって異なります。ここでは、対象ごとにそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

企業が得られるメリット・デメリット

メリット
社会保険料や福利厚生にかかる費用を払う必要がないため、余計なコストが掛かりません。また、賞与も不要なので、企業は人件費を大幅に削減することが可能です。ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)を活用すると、企業は適切な時期に適切な分だけ仕事を依頼することができるため、繁忙期が過ぎたタイミングでも不要な従業員を抱えるリスクが少なくなります。さらに、時間やお金を使い、人材を社内で育てる必要もなくなることもメリットです。

デメリット
社内の従業員に仕事を依頼しないため、労働者をコントロールすることが困難です。仕事を依頼したものの、労働者が期日に合わせてアウトプットを提出しない。また、求めるアウトプットの基準を満たさないなど、さまざまなデメリットがあります。

労働者が得られるメリット・デメリット

メリット
労働法や、特定の企業の就業規則、労働時間、場所などに縛られないため、ワークライフバランスを実現することが可能に。組織に属さないため、仕事のノルマや人間関係に悩むことが少なくなります。また、自身のスキルに応じた仕事を、好きな時間に好きな分だけ請け負えるため、すぐに現金を受け取れることもメリットの一つです。

デメリット
ギグ・ワークのみで生計を立てる場合、企業の福利厚生などを受けることができず、不測の事態に対応することが難しくなります。労災による保証がないケースもしばしばみられます。また、自身のスキルに応じた単発の仕事を自分自身で都度探さなければならず、収入も不安定になりがちです。

ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)の事例

ここでは、ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)の例や提供元などについて解説していきます。

「Uber」
ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)の例としてしばしば取り挙げられるのが、配車やデリバリーを手掛ける「Uber(ウーバー)」のサービス。ドライバーらは、好きなタイミングで好きな数だけ仕事を請け負うことができ、すぐに収入を得ることが可能です。また、新型コロナウイルス感染症対策としてデリバリーサービスを利用する機会が増えた昨今。ギグ・ワーカーとして、登録する人が増加しているといいます。

クラウドソーシング
クラウドソーシングサービスを展開する「ランサーズ」や「クラウドワークス」では、ライティングやWebページの制作、翻訳、データの入力など、ありとあらゆる単発の仕事の募集が掲載されています。ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)を体現するサービスとして最も有名で、依頼者や請負者は年々拡大しているとうことです。

最新のビジネス事情については弊社フロンティア・マネジメントに相談を

ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)に関する理解は深まりましたでしょうか。需要が過多になり業務が追いつかない。また、繁忙期や閑散期があり人材マネジメントが難しい。こうした企業では、ギグ・エコノミー(ギグ・ワーク)の活用も考えてみてはいかがでしょうか。

フロンティア・マネジメント株式会社(FMI)では、最新のビジネスノウハウやプロセスに関して、経営のスペシャリスト集団がきめ細かに顧客をサポート。オウンドメディアやメールマガジンでは、お客様の悩みや課題の解決を導く、さまざまな情報を発信しています。

関連記事

村上春樹さんから学ぶ経営⑳ おじさんは石とだって話ができるじゃないか

五輪に関するネット上の匿名での投稿(すなわち本音)をみると高評価が多く、無事に終わって本当に良かったと思います。ゆくゆくは二つの五輪(オリンピックとパラリンピック)の統合と、差別をなくした上で「WeThe15」ではなく「WeThe100」(弱みが全くない人など存在しません)の実現を期待したいところです。

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

混流生産とは?メリットや種類、自動車業界の詳細な事例を紹介

混流生産は、1つの生産ラインに複数の品種を混ぜて流す生産形態です。市場の動きへの柔軟な対応を可能にする多品種少量生産の1種で、自動車業界を筆頭にさまざまな業界に導入されています。 需要が多様化した成熟市場に不可欠な生産方式ですが、資金や技術の不足から導入できない企業は少なくありません。とりわけ、知識不足が導入する上でのネックとなっています。 そこで、本記事では、混流生産の定義やメリット、自動車業界で展開される実例を紹介します。

ランキング記事

1

EVは本当に最適か?⑤ 基幹産業=自動車を守る為に

ゼロカーボン社会に向け、EV(電気自動車)は本当に最適なのだろうか?シリーズ最終回は、日本が技術的優位に立つ「Hy-CAFE」(Hy:水素/C:Cold fusion/A:Ammonia/F:Fuel cell/燃料電池/E:e-fuel」を生かした、自動車の次世代エネルギー革命についてまとめた。

2

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

3

「安すぎる日本」で国民は苦しむか? 最低賃金引上げの合理性を問う

最低賃金引上げが叫ばれている。日本の賃金は国際的に見て安いらしい。一般消費財でも、スターバックスコーヒーやマクドナルドなどグローバルブランドの商品が日本では先進国中で最低価格となっており、「安すぎる日本」として話題になっている。最低賃金引き上げは、本当に筋のよい政策なのだろうか。

4

相続登記義務化のインパクトとは?

不動産を相続した場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があり、この手続きを「相続登記」と呼ぶ。従来相続登記は任意であったが、2021年6月の法改正により2024年を目途に義務化されることになった。相続登記義務化の背景と、そのインパクトは何かを考察する。

5

プロスポーツチームの戦略オプション②~スタジアム・アミューズメント化経営の要所

コロナ禍において、プロスポーツチームが取り得る戦略オプションは、どのようなものがあるだろうか。今回は取り組みが活性化してきている「スタジアム・アミューズメント化」経営について、その提供価値と実現スキームに焦点を当てて解説していく。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中