「出前」(直送)から「デリバリー」(受託配送)へ

伝統的な料理配送サービスである「出前」が個々の店舗からの直送(届けるのは店員)であるのに対し、フードデリバリー企業の特徴は、個人事業主として業務受託する配送員と飲食店のマッチングを行うことで、提携店舗数を飛躍的に拡大している点にある。配送員を複数の飲食店が共同利用することから、いわゆる「シェアリングエコノミー」に類されるビジネスモデルだ。

日本国内における最大勢力であるUberEatsは、2016年9月の事業開始からわずか3年後の2019年9月時点で提携店舗数を1万4千店に拡大。さらに足元ではその2倍以上の3万店に到達したようだ(※8月4日付の東洋経済オンライン記事)。その提携店舗網は、地域に根差した飲食店に加えて、大手ファストフード店や大手コンビニや酒専門店等の食品小売業にも波及している。

出前館のビジネスモデル

UberEatsと双璧をなす大阪地盤の上場企業「出前館」は、配送を担当するアルバイト社員と雇用契約を結んでいる(あるいは配送は契約店側で行う)という点において、UberEatsとは別路線を行く。直近の四半期決算(2020年8月期の第3四半期)では提携店舗数は2.4万店に達し、コロナ禍の緊急事態宣言期間を含む3~5月のオーダー数は前年比50%増と、成長ペースを加速させている。

フードデリバリーの伸びしろは大きい

スマホアプリ等によるオンライン注文+個宅配送というサービス体系を備えていることから、フードデリバリーは「外食産業のEコマース(EC)」とも称される。
上の図は2019年時点における商品カテゴリー別のEC化率(=EC取扱高÷小売市場規模)を示したものだ。事務用品、文房具、書籍等といった大手EC企業が取り扱いを拡充してきた分野のEC化率は30~40%に到達している。かつて「服は店で試着して買うもの」として成長性が疑問視されていたアパレル分野(衣服・服飾雑貨)においても、2019年のEC化率は13.9%(前年比+0.9ppt)となり、今なお上昇基調が続いている。

飲食店及びテイクアウト店のEC化率に関する政府統計は存在しないが、調査会社のNPDジャパンの発表によると、2018年の市場規模は4,084億円。これに対して、日本フードサービス協会が発表している外食産業全体の市場規模(給食や社食は除外)は約30兆円となっており、これらに基づくEC化率の推計値は1.4%にとどまっている。フードデリバリーの伸びしろは大きいであろう。

「リアル店舗と同一価格」が課題

ただし、他の商品カテゴリーのECサービスとの比較において、フードデリバリー業界には課題が残っている。ここで、「服は店で買うもの」という下馬評を覆したファッションECの成長エンジンを振り返ってみよう。

筆者の理解では以下の5項目が普及に重要な役割を果たしてきたと考えている。


1 時間価値の増加に伴うショッピングに時間を費やしたくない/できない消費
  者の増加
2 取り扱いブランド数の増加による魅力度の向上
3 購入履歴に基づくレコメンド等のCRM強化
4 安定的かつ低価格な配送サービス
5 リアル店舗と同一価格(セール価格含む)の提供

これらのうち、フードデリバリー企業は既に①~➂の要件を満たし、UberEatsが月額制の定額配送料プランを打ち出すなど、➃のハードルもクリアしつつある。

残された最大の課題は、「⑤リアル店舗と同一価格」の提供である。大手フードデリバリーでの販売価格は、大手FFチェーンの主力商品で比べてみると、店頭価格を概ね20~50%上回る設定となっている(送料は別)。この背景として、飲食店がフードデリバリー企業に支払う手数料の負担(35%前後)が重いためとの指摘もある。いずれにせよ、このプレミアム価格が取り払われない限り、フードデリバリーのEC化率はいずれ天井を打つ日が来るであろう。

フードデリバリーを安くするために

ただし、フードデリバリーの手数料率が不当に高いかというと、筆者はそうは考えていない。例えば、ファッションEC。大手のZOZOTOWNもブランド企業から手数料(商品のリスティング、発注、配送にかかる総額)を受領しているが、その手数料率は上述のフードデリバリーと同程度だ。
それにもかかわらず、ファッションブランドはZOZOTOWNにおいては、店舗と同じ価格設定で商品を販売している。これは、賃借店舗や接客人員にかかる固定費がかさむ既存の店舗事業とは切り離したビジネスユニット(BU)として、ZOZOTOWN事業の採算管理を行っているためだ。

必ずしも製造機能を持たないファッション企業と違い、飲食店がフードデリバリー事業を独立したBUとして取り扱うためには、フードデリバリー対応に特化した製造・発送拠点(客席やレジ・接客係は不要)を新たに展開していく必要があるだろう。

リアル店舗と不可分に紐づいてきた客席スペース相当の店舗コストや人件費が削ぎ落され、フードデリバリーの販売価格は店頭価格とのギャップを縮めていくであろう。また、飲食店のフードデリバリー拠点を集約した複合施設があれば、配送員が一度に複数店舗の商品をピックできるため、配送効率が改善されていくかもしれない。

参照 ※ウーバーイーツ日本代表が語る「急成長」の裏側 東洋経済オンライン2020年8月4日

デリバリーが外食の勢力図を変える

荒唐無稽な構想に聞こえるかもしれないが、ファッション業界では既に、EC特化型の後発ブランドが攻勢を強める一方で、リアル店舗への依存度が高い老舗企業がリストラクチャリング(リストラ)を余儀なくされるといった業界再編が進行している。フードデリバリーの高コスト体質は、配送サービスを利用する飲食店側の変化対応によって克服され、外食産業の勢力図を塗り替えていくであろう。

関連記事

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

ゲーム会社は、成長領域へ事業ポートフォリオ集中を

コロナの影響で好調と言われてきたゲーム業界。しかし、アミューズメントや遊技機などを抱える企業が外出自粛の影響を大きく受け、同業界内でも企業業績や成長期待度、株価パフォーマンスは大きな差が生じている。

【2020年度】5G・AI・IoTなどの次世代テクノロジートレンドと、ビジネスへの示唆

筆者は2018年から、年初にいわゆる次世代テクノロジーの変化について展望することを習慣にしている。本稿では2019年の次世代テクノロジーの動向を振り返りつつ、2020年における次世代テクノロジーの動向を主に日本国内について(実際には日本とそれ以外の地域の動きは連動しているがあえて日本のエリア特性が際立つ軸として)、「基盤技術」「通信」「デバイス」「投資」の4つの切り口で展望し、企業経営への示唆導出を試みる。

ランキング記事

1

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

2

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

3

ダメ企業の株価が高いワケ  回復阻む市場原理

債務超過の可能性さえある業績不振企業が、株式市場で100円以上の高い株価で取引されている。株式市場参加者の合理的な行動によって、上場不振企業の株価が十分に下落しないためだ。不振企業の高株価は当該企業の資金調達の阻害要因であり、コロナ禍の今、政府からの時限的サポートが期待される。

4

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中