「出前」(直送)から「デリバリー」(受託配送)へ

伝統的な料理配送サービスである「出前」が個々の店舗からの直送(届けるのは店員)であるのに対し、フードデリバリー企業の特徴は、個人事業主として業務受託する配送員と飲食店のマッチングを行うことで、提携店舗数を飛躍的に拡大している点にある。配送員を複数の飲食店が共同利用することから、いわゆる「シェアリングエコノミー」に類されるビジネスモデルだ。

日本国内における最大勢力であるUberEatsは、2016年9月の事業開始からわずか3年後の2019年9月時点で提携店舗数を1万4千店に拡大。さらに足元ではその2倍以上の3万店に到達したようだ(※8月4日付の東洋経済オンライン記事)。その提携店舗網は、地域に根差した飲食店に加えて、大手ファストフード店や大手コンビニや酒専門店等の食品小売業にも波及している。

出前館のビジネスモデル

UberEatsと双璧をなす大阪地盤の上場企業「出前館」は、配送を担当するアルバイト社員と雇用契約を結んでいる(あるいは配送は契約店側で行う)という点において、UberEatsとは別路線を行く。直近の四半期決算(2020年8月期の第3四半期)では提携店舗数は2.4万店に達し、コロナ禍の緊急事態宣言期間を含む3~5月のオーダー数は前年比50%増と、成長ペースを加速させている。

フードデリバリーの伸びしろは大きい

スマホアプリ等によるオンライン注文+個宅配送というサービス体系を備えていることから、フードデリバリーは「外食産業のEコマース(EC)」とも称される。
上の図は2019年時点における商品カテゴリー別のEC化率(=EC取扱高÷小売市場規模)を示したものだ。事務用品、文房具、書籍等といった大手EC企業が取り扱いを拡充してきた分野のEC化率は30~40%に到達している。かつて「服は店で試着して買うもの」として成長性が疑問視されていたアパレル分野(衣服・服飾雑貨)においても、2019年のEC化率は13.9%(前年比+0.9ppt)となり、今なお上昇基調が続いている。

飲食店及びテイクアウト店のEC化率に関する政府統計は存在しないが、調査会社のNPDジャパンの発表によると、2018年の市場規模は4,084億円。これに対して、日本フードサービス協会が発表している外食産業全体の市場規模(給食や社食は除外)は約30兆円となっており、これらに基づくEC化率の推計値は1.4%にとどまっている。フードデリバリーの伸びしろは大きいであろう。

「リアル店舗と同一価格」が課題

ただし、他の商品カテゴリーのECサービスとの比較において、フードデリバリー業界には課題が残っている。ここで、「服は店で買うもの」という下馬評を覆したファッションECの成長エンジンを振り返ってみよう。

筆者の理解では以下の5項目が普及に重要な役割を果たしてきたと考えている。


1 時間価値の増加に伴うショッピングに時間を費やしたくない/できない消費
  者の増加
2 取り扱いブランド数の増加による魅力度の向上
3 購入履歴に基づくレコメンド等のCRM強化
4 安定的かつ低価格な配送サービス
5 リアル店舗と同一価格(セール価格含む)の提供

これらのうち、フードデリバリー企業は既に①~➂の要件を満たし、UberEatsが月額制の定額配送料プランを打ち出すなど、➃のハードルもクリアしつつある。

残された最大の課題は、「⑤リアル店舗と同一価格」の提供である。大手フードデリバリーでの販売価格は、大手FFチェーンの主力商品で比べてみると、店頭価格を概ね20~50%上回る設定となっている(送料は別)。この背景として、飲食店がフードデリバリー企業に支払う手数料の負担(35%前後)が重いためとの指摘もある。いずれにせよ、このプレミアム価格が取り払われない限り、フードデリバリーのEC化率はいずれ天井を打つ日が来るであろう。

フードデリバリーを安くするために

ただし、フードデリバリーの手数料率が不当に高いかというと、筆者はそうは考えていない。例えば、ファッションEC。大手のZOZOTOWNもブランド企業から手数料(商品のリスティング、発注、配送にかかる総額)を受領しているが、その手数料率は上述のフードデリバリーと同程度だ。
それにもかかわらず、ファッションブランドはZOZOTOWNにおいては、店舗と同じ価格設定で商品を販売している。これは、賃借店舗や接客人員にかかる固定費がかさむ既存の店舗事業とは切り離したビジネスユニット(BU)として、ZOZOTOWN事業の採算管理を行っているためだ。

必ずしも製造機能を持たないファッション企業と違い、飲食店がフードデリバリー事業を独立したBUとして取り扱うためには、フードデリバリー対応に特化した製造・発送拠点(客席やレジ・接客係は不要)を新たに展開していく必要があるだろう。

リアル店舗と不可分に紐づいてきた客席スペース相当の店舗コストや人件費が削ぎ落され、フードデリバリーの販売価格は店頭価格とのギャップを縮めていくであろう。また、飲食店のフードデリバリー拠点を集約した複合施設があれば、配送員が一度に複数店舗の商品をピックできるため、配送効率が改善されていくかもしれない。

参照 ※ウーバーイーツ日本代表が語る「急成長」の裏側 東洋経済オンライン2020年8月4日

デリバリーが外食の勢力図を変える

荒唐無稽な構想に聞こえるかもしれないが、ファッション業界では既に、EC特化型の後発ブランドが攻勢を強める一方で、リアル店舗への依存度が高い老舗企業がリストラクチャリング(リストラ)を余儀なくされるといった業界再編が進行している。フードデリバリーの高コスト体質は、配送サービスを利用する飲食店側の変化対応によって克服され、外食産業の勢力図を塗り替えていくであろう。

関連記事

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

料理宅配(デリバリー)の大問題

私は、料理宅配(デリバリー)を使わない。ビジネスモデルに深刻な問題を内包しているからだ。料理宅配業者の多くは赤字で、十分な税金を払っていない。道路など公共財の税負担だけでなく、配達員の交通事故リスクという側面からも、二重のFree Ride(タダ乗り)をしている。それでも赤字続きの料理宅配業界に、健全な発展は可能なのだろうか?

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中