遅れてとどいた決算、見えない今期の見通し

電機大手8社(日立製作所、東芝、三菱電機、富士通、パナソニック、シャープ、ソニー、キヤノン)の決算は、コロナ問題の影響もあって通常より遅い4月末~6月初旬にかけ発表された。

2020年度業績予想に関して、明確な数値を出したのは、8社中3社(日立製作所、東芝、三菱電機)にとどまる。3社はコロナの影響に一定の前提を置いて発表したが、その前提自体が不確実性が高く、実際に短期業績を正確に予測するのは困難だ。

一方、Withコロナの経営環境下、現行の中期計画に関して、経営の方向性やのスタンスに対するコメントは、中期計画や経営方針に対するコメントを聞くに、基本変わっていない。

時間軸的にコロナの短期的影響や対策が優先されることは納得できるが、秋以降の経営方針や今後新規作成・修正が行われる中期計画には、メガトレンド・環境認識を再定義した上での戦略を策定し、ステークホルダーと共有していく必要があるだろう。

規模縮小の中、営業利益率は改善

リーマン・ショック前の2007年度電機大手8社の業績は、売上高54兆円強・営業利益3兆円弱(営業利益率5.5%)・EBITDA6.2兆円(EBITDAマージン11.5%)・自己資本16.5兆円・ネットデット2.2兆円・従業員数150万人・時価総額24.7兆円(2008年3月末)だった。
これに対し、2019年度は、売上高42兆円強・営業利益2.6兆円(営業利益率6.2%)・EBITDA4.8兆円(EBITDAマージン11.5%)・自己資本16.9兆円・ネットデット1.8兆円・従業員数132万人・時価総額26.4兆円(2020年3月末)、である。
過去12年間で売上高▲12兆円・営業利益▲3700億円・EBITDA▲1兆3600億円・従業員数▲17.7万人と、大きく減少する一方、営業利益率は0.7%ポイント上昇し、ネットデットは4000億円弱減少・時価総額は1.7兆円増加した。

この期間、特に2012年度までは、明らかな構造改革ステージだった。不採算事業の撤退や人員削減、設備投資抑制などが業績などの絶対額のマイナスに影響。その後、経営効率の改善がなされ、ようやくリーマンショック前の姿に戻ったのが2018-2019年度の姿といえる。

ただし、2018→2019年度は国内外の経済環境変化に加え、期末にかけてのコロナ影響が加わり、減収減益となっている。

コロナで二極化する業績

コロナ問題の影響で成長する領域は、デジタル化・ネットワーク化がB2B・B2C市場両方で加速し、不足するインフラの整備(5Gインフラやデータセンターなど)と新しいインターフェイスの普及拡大(エッジ・コンピューティングパワーの増強、メモリ容量拡大、VR/ARなど)、さらに収益獲得機会のサブスクリクション化、サービス領域におけるエコシステムの形成(金融、EC、コンテンツ提供、他)などが挙げられる。
未だ時間軸を含め明白ではないものの、上記のコンセンサスが形成されつつある。

こうした環境変化の想定を前提に、米国・中国などのネットワーク・ジャイアントと言われる企業群のうち多くは、株価上でコロナ前の水準を既に上回っている。

一方、オールドファッション化したといわれる金融・自動車・素材などは、業績的にも株価的にも厳しい状況で業績以上に二極分化が起こっている。

Withコロナと言われる事業環境下、大手8社の2020/1-3月期や短期収益の状況を見ると、コロナ影響以外のインパクトを含め、最も厳しいのが自動車・エレクトロニクスの部品・デバイス関連事業が大きい企業。またMFPなどオフィスでの従来型機器やそれをベースとしたビジネスや製造設備関連を主力とする会社も厳しい。

一方で新たなネットワーク社会を形成するためのインフラやそのサービスを行う会社は好調で、サブスクリプションを含むネットワークサービス事業も好調だ。各社とも事業ポートフォリオ転換影響が一定規模あるため表面上の数字で判断が難しいものの、現時点で8社のWithコロナにおける中長期成長ポテンシャルが高いとは言えない。

縮小均衡に陥らないために

現状が続けば、さらに企業間格差が拡大するが、全体としてはリーマン・ショック後の12年と同様、「事業は縮小均衡で収益性はリストラ等固定費削減でやや上昇」という結果に終わりかねない。
事業としては、本質的な成長や収益獲得機会から見てポテンシャルの高い、Withコロナ時代におけるネットワークインフラ構築、先端的インターフェイスを支えるデバイスとインターフェイス、コンテンツ創造、サブスクリプション型サービス、などへ移管。またメガトレンドから見ても、脱日本・脱製造業を加速して進めていく必要があるのではないか。

まとめ

新たな経営環境における自社ポジションの明白化を進め、成長領域への資源集中や収益獲得機会の転換などの経営方針・成長戦略を論理的に構築し、多くのステークホルダーとの共有をいち早く行う企業が、次の成長機会を手にする可能性が高いと考える。

関連記事

中国が席巻、スマホゲームの新潮流~中国の開発力と資金力の活用~

中国のゲームが、世界を席巻している。PCオンラインゲームやスマホゲームで世界一の市場に成長しているのに加え、開発力でも圧倒している。テンセント(騰訊)など中国大手は、豊富な資金を背景に各国のゲームメーカーに出資。日本のスマホゲーム市場でも、「荒野行動」(NetEase)など、中国開発タイトルが上位にランクインしている。

クラウドキッチンとは?Uber Eatsとともに変貌を遂げる飲食ビジネスのこれから

新型コロナウイルスの流行と、約2ヶ月に及ぶ緊急事態宣言による人々の外出自粛は、外食産業に深刻な影響をおよぼしています。一方で、ここ数年飲食業界で話題になっていた「クラウドキッチン」が、コロナショックによってさらなる注目を集めることになりました。 クラウドキッチンは、ネット注文&デリバリーに特化した新しいビジネスモデルです。Uber Eatsなどのデリバリーアプリの普及に後押しされる形で拡大しつつあるクラウドキッチンは、今後の飲食ビジネスを変容させる可能性を秘めています。本記事はクラウドキッチンについて、その仕組みや特徴、クラウドキッチンを活用するメリットなどを解説していきます。

エッジAIとは?概要からクラウドAIとの違い、事例まで解説

カメラを使った「顔認証システム」や、無人での自律走行が可能な「ロボット農機」など、末端のデバイス(カメラ、農機)に直接学習モデルを実装するケースが増えてきました。システムの末端(エッジ)にAIを搭載しているため、この技術を「エッジAI(edge AI)」と呼びます。 エッジAIの市場規模は年々拡大をつづけ、多くの産業分野で注目を集めています。本記事では、エッジAIの概要やクラウドAIとの違いについて、実際の導入事例を紐解きつつ解説します。

ランキング記事

1

新たな消費スタイル「トキ消費」とは?モノからコト、さらに次の消費行動へ

誰もがスマートフォンを持ち、SNSを通じてリアルタイムに情報や体験を共有する現代、「トキ消費」という新たな消費スタイルが生まれています。企業の経営者やマーケティング担当者は、最新の消費行動やニーズのトレンドを抑え、新たな戦略を立てなくてはいけません。本記事では、新たな消費スタイル「トキ消費」や「イミ消費」の特徴や、従来の「モノ消費」「コト消費」との違いについて、具体例を挙げながら解説します。

2

村上春樹さんから学ぶ経営①~作品に潜む成功へのヒント~

弊社のネットメディア立ち上げにあたり、できれば面白いことを書きたいと考えました。筆者の出自はハイテク産業の調査であり、ハイテク産業に関するあれこれを書くことが期待されていることでしょう。ただ、それではつまらない。なにせ私の著作の一つは『経営危機には給料を増やす ~ 世界一位企業をつくった天邪鬼経営』(日本経済新聞出版)。もちろん、時にはハイテクさんに関することも書くとして、変わった切り口で経営を議論していきたいと考えました。

3

ドローン宅配のメリット&課題を解説!物流に革命を起こすのはAmazonか?楽天か?

かねてから物流業界は、ドライバー不足や再配達の増加が課題とされていました。そこに、新型コロナウイルスの影響で宅配需要が急増し、物流業界はいまだかつてない窮地に陥っています。そんな物流業界の救世主として期待を一身に集めているのが「ドローン宅配」です。 今回は「空に革命を起こす」と言われるドローン宅配について、メリットや懸念点などを中心に解説していきましょう。

4

「PCR」で読み解くポストコロナのサービス業

「つながりたい」「つながりたくない」。ポストコロナの消費者は、矛盾する2つの欲求を抱える。サービス業は両立できないニーズにどう応えるのか。「PCR」(Place/Point,Content,Remote)をキーワードに読み解いた。

5

「池袋」サブカルの聖地への進化

池袋が、サブカルの聖地としての存在感を増している。女性のアニメファン層を取り込み、秋葉原と並びたつ存在に成長した。「消滅可能都市」に指定されるなど危機感を強める豊島区によって、積極的な施設整備が進められており、勢いはさらに加速しそうだ。

人気のキーワード