クラウドキッチンとは?

クラウドキッチンとは、飲食スペースを持たないデリバリー専業の業態・ビジネスモデルのことです。

一般的なレストランビジネスは、実店舗を構え、厨房で調理したものを飲食スペースで提供します。

これに対し、クラウドキッチンは実店舗を構えずネットで注文を受け、借りたキッチンで調理したものを消費者の自宅などにデリバリーします。

Uber Eatsや楽天デリバリー、出前館などのデリバリーアプリの一般化とともに、クラウドキッチンを活用して料理を提供する飲食店・シェフが増えつつあります。

クラウドキッチンは実店舗を持たず、存在が見えにくいことから「ダークキッチン」や「シャドーキッチン」とも呼ばれます。

また、クラウドキッチンというビジネスモデルを導入している飲食店を「ゴーストレストラン」や「バーチャルレストラン」と呼ぶこともあります。

フードデリバリーの市場規模

スマホの普及によってデリバリー・出前サービスが進化し、飲食店・ユーザー双方の利便性が高まったことから、フードデリバリーの市場規模は右肩上がりで推移しています。

NPD Japanが2019年4月に発行したレポートによると、国内フードデリバリーの市場規模は2015年が3,564億円であったのに対し、2018年は4,084億円と堅調に拡大しています(※)。

※出典:NPD Japan「<外食・中食 調査レポート>成長する出前市場、2018年は4,084億円で5.9%増」

2020年は新型コロナウイルスの流行によって中食ニーズが高まり、デリバリーの利用者が急増しています。

コロナショックが終息を迎えても消費者がレストランに戻ってくる保証はなく、むしろ外食を避けるのではないかという見方も多く、フードデリバリー市場は今後も大きく成長していくことが見込まれています。

クラウドキッチンの特徴と活用するメリット

従来のレストランビジネスとの比較をまじえながら、クラウドキッチンの特徴やクラウドキッチンを活用するメリットを解説していきます。

実店舗不要=開業コストの大幅削減

従来のレストランビジネスはいわゆる「箱ビジネス」で、実店舗を構えるのが大前提です。

家賃や内装費、インフラ整備や厨房設備など、開業コストは1,000万円超とも言われます。

好立地に出店するほど賃料は高くなりますが、売上が立地に大きく左右されることから莫大な初期投資をして開業するのが通常でした。

一方、クラウドキッチンは店舗を構える必要がなく、テーブル・椅子、内装も不要です。キッチンスペースの賃料だけで済むので、開業コストは大幅に下がります。

後述するKitchen BASEのようなシェア型のクラウドキッチンを利用すれば、初期投資はほとんどかからないでしょう。

立地の影響を受けにくいのもポイントで、リスクを抑えて飲食ビジネスを展開できます。

接客スタッフ不要=人件費の大幅削減

レストランビジネスは毎月の家賃や光熱費のほか、接客スタッフの人件費が負担になります。外食産業は従業員の離職率が高く、採用コスト・教育コストの負担も大きくなりがちです。

クラウドキッチンは、接客の必要がないので人件費を抑えられ、毎月の固定費を大幅に削減できます。

その代わり、料理の配送はUber Eatsなどのデリバリーアプリに外注する必要がありますが、実店舗を持つ飲食店に比べればランニングコストの負担は大きく軽減できるはずです。

オンラインデリバリー利用者数の増加=販売チャネルの拡大

近年、可処分所得の減少により外食を控える傾向にあり、共働き世帯の増加もあって中食を利用する人が増えています。

いつでもどこでも様々なジャンルのメニューを選び、専門店の料理を手軽に楽しむことができるオンラインデリバリーは、現代の消費者ニーズにマッチしたサービスだと言えます。

新型コロナウイルスの流行も影響し、2020年は中食ニーズが急増しています。

クラウドキッチンを活用したオンラインデリバリーは今後、飲食店の主要な販売チャネルになっていくでしょう。

クラウドキッチンの事例

クラウドキッチンの事例を、日本と海外で一つずつ紹介します。

日本の事例:Kitchen BASE(キッチンベース)

Kitchen BASE(キッチンベース)は、2019年に東京・中目黒にオープンしたシェア型のクラウドキッチンです。株式会社SENTOENが運営しています。

約20坪のシェアキッチンには4つの独立した厨房設備があり、デリバリー向け店舗や宅配弁当など、複数の入店者に月額制で提供しています。

キッチンを貸し出すだけでなく、入店者のマーケティング支援をおこなうのがKitchen BASEの大きな特徴です。

デリバリーの注文は基本的にオンラインでおこなわれるため、売上や客単価、リピート率などのデータが日々蓄積されていきます。

このようなデータを分析して入店者にフィードバックしているため、入店者はデータに基づいて客観的に経営を見直すことができ、メニューの改善など販促強化につなげることができます。

海外の事例:Rebel Foods

Rebel Foodsは、インドでクラウドキッチンを展開するスタートアップ企業です。

世界的に見てもインドはクラウドキッチンの成長が著しく、数多くのフードテックベンチャーが参入するほか、Amazonもインドのクラウドキッチンに参入し、競争が激化しています。

そのなかでRebel Foodsは、インド国内15都市で1,100ヶ所以上のクラウドキッチンを展開。

2020年5月には5,000万ドル(約53億円)の資金調達をおこない、インドの次期ユニコーン企業になることが期待されています。

クラウドキッチンのこれから

日本でもクラウドキッチンに参入する企業が相次いでおり、飲食業界の活性化が期待されている一方で、クラウドキッチンに懸念がないわけではありません。

今後、クラウドキッチンが台頭し、店舗を持たないゴーストレストランが増えていけば、当然、競争が激化していきます。

そうなると、プラットフォームで露出するための広告コストが高騰する可能性があります。

また、現状ではUber Eatsなどのデリバリープラットフォームに集客を依存しているため、テイクレートの上昇によって利益が少なくなるといったデメリットも考えられます。

飲食業界に新しい風を吹き込むクラウドキッチン

ネット注文&デリバリーに特化したクラウドキッチンは、まさに現代の消費者ニーズに合致するビジネスモデルです。

ゴーストレストランの増加によって競争激化が予想されますが、ユーザーにも、シェフにも、新たな体験をもたらす存在として期待が寄せられています。

独立を考えるシェフにとってもクラウドキッチンは心強く、開業にともなうコストやリスクを大幅に下げることができます。

レシピと調理技術さえあれば、誰でも飲食ビジネスを始められる時代が到来しつつあるのです。

既存の飲食店も、近い将来はクラウドキッチンやオンラインデリバリーの仕組みを活用し、マルチチャネルで商品を提供することが必須になっていきそうです。

Frontier Eyes Onlineでは、ビジネス・経済に関する様々な情報を提供しています。

よろしければ、メルマガのご登録をお願いします。

関連記事

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

料理宅配(デリバリー)の大問題

私は、料理宅配(デリバリー)を使わない。ビジネスモデルに深刻な問題を内包しているからだ。料理宅配業者の多くは赤字で、十分な税金を払っていない。道路など公共財の税負担だけでなく、配達員の交通事故リスクという側面からも、二重のFree Ride(タダ乗り)をしている。それでも赤字続きの料理宅配業界に、健全な発展は可能なのだろうか?

ランキング記事

1

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

2

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

3

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

4

人的資本とは 経営の新しい潮流

人材を資源ではなく付加価値を生む「資本」として見直す潮流が拡がっている。企業の「人的資本」に関する情報開示が制度化されるのに伴い、人事部門は従来の定型業務中心の役割から、企業の中長期戦略を実現するための戦略人事への転換が求められている。

5

村上春樹さんから学ぶ経営㉕ ニッチ再び。大谷選手と「何かを捨てないものには、何もとれない」

私が経営の根幹だと考える「ニッチ」(『隙間』の意味ではありません)について、再び論じたいと思います。大谷翔平選手の活躍が常識外であったため、少々長い回となります。それでは今月の文章です。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中