60歳以上が15歳以下人口を上回る

60歳以上

中国国家統計局が2019年2月28日に発表した「国民経済と社会発展統計公報」によると、2018年12月31日現在、中国の60歳以上の人口が初めて0~15歳の人口を上回り、総人口に占める割合が17.9%に達したことがわかった。

60歳以上の人口は、2013年に初めて2億人を突破してから、わずか5年間で約4700万人も増加した。

2050年頃には中国の高齢者人口は4.87億人とピークになり、総人口の34.9%を占めると予想される。

中国が高齢化社会に突入し、高齢化がもたらす課題は日増しに表面化している。

そうした状況から、中国政府は2011年の「第12次五カ年計画」の綱要で初めて、「在宅を基礎に、コミュニティー(社区)を頼りに、機構を支えとする」という高齢者サービス体系の確立を目標に掲げ、社会における高齢者サービスの確立を高齢者事業における重要な柱と位置づけた。

2012年の『中華人民共和国高齢者権益保障法』改訂版では、「積極的に高齢化に対処する」として、正式に国家戦略レベルまで引き上げられた。

さらにその後数年の間に、高齢者関連の政策が次々と打ち出されている。

高齢者産業への民間参入相次ぐ

民間参入

政策が牽引役となったことで、保険会社、不動産会社、上場会社が、高齢者産業の様々な分野に一気に参入している。

なかでも「泰康保険」(中国の大手保険会社)は地域、業種とも広範囲にわたり、武漢、瀋陽、大連などの都市で高齢者コミュニティー(社区)を展開するとともに、病院の買収を通じて、保険、医療、介護の連携を急速に進めた。

不動産デベロッパーでは、碧桂園、万科企業、緑地集団、保利集団(いずれも不動産大手)といった企業が、高齢者用コミュニティーやマンションの開発で、高齢者向け不動産業界に参入した。

上場会社では、事業転換とバリューチェーンの拡大がメインであり、泰達バイオ(天津泰達生物)による上海睦隣の介護部門の買収、医療関連の宜華健康による親和源(介護企業)の買収などが挙げられる。

この大きな流れと同時に、中国政府もPPPモデル(官民協力)で社会資本の導入による地域の高齢者産業の発展を奨励している。

2019年1月時点で、確定済みの高齢者関連の基本公共プロジェクトは58件で、投資金額は437億元(約7000億円)におよぶ。

ただ、中国の全体的な高齢者産業はいまだ発展の初期段階で、解決すべき問題が多くある。

たとえば、要介護高齢者に対する介護サービス職だけで推計1300万人の需要があり、専門介護スタッフは深刻な人手不足となっている。

また、コミュニティー(社区)内でも、高齢者が最も関心を寄せる予防医療への投資はまだ不足している状態にある。

さらに2018年末時点での全国高齢者介護サービス用ベッド数は746万床で、高齢者1,000人に対するベッド数は30床と、「第13次五カ年計画」の目標35~40床にはほど遠い状態だ。

高齢者産業の規制緩和がさらに進む

ただ、中国社会科学院が発表した2016年の『中国高齢者産業発展白書』によると、中国の高齢者産業の市場規模は2030年には13兆元に達する見通しで、まだまだ発展する見通しだ。

中国国家発展改革委員会などの18部門は2019年2月19日、共同で『社会領域における公共サービスの短所を補い長所を強化して品質向上に力を入れて推進し、強大な国内市場の形成を促進するアクションプラン』を発表しており、高齢者サービス市場も全面的に開放されている。

民政部は以前の養老事業許可証制度を廃止し、許認可期間の短縮により社会資本の参入を奨励しており、介護、用具、食品など高齢者の日常サービスへの提供を考える企業にとっては得難いチャンスになるとも言えるだろう。

※機関誌「FRONTIER EYES」vol.25(2019年5月発行)掲載記事を修正の上再掲 

関連記事

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

ベトナムの事例から見る海外事業成功の秘訣 「長生き」するにはサステブルな体制の構築を

昨今、海外事業展開に関する相談が増えている。その内容は「コロナ後の海外事業の再活動」という“攻め”の相談から「海外進出をした事業の立て直し・撤退」という“守り”の相談まで様々だ。物理的に往来するには厳しい状況が続くが、充電期間と前向きに捉え、中期の視点で海外事業に関して検討する、再検討する「チャンス」である。今回は教育・人材派遣事業を皮切りに、昨今では小売り・AI・ロボティクスと広く展開、現在13カ国で事業を行っているTribe Holdings Japanの山本氏をゲストに、海外事業成功のヒントを紹介する。

オタク経済からナマケモノ経済へ 変わる中国の食文化

EC先進国の中国では新型コロナウイルス拡散以降、外食デリバリー事業や外食製品や生鮮食品のECビジネスが急激に拡大した。オタク経済からナマケモノ経済への生活習慣の変化と、安全志向の強まる中国食品市場を考察する。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中