キャズム理論とは?

キャズム(chasm)とは、製品・サービスが市場を独占するために超えなければいけない一線です。直訳すると「溝」という意味になります。

颯爽と現れて市場を賑わせた製品・サービスも、ある時期消えていくことが少なくありません。

一方で、キャズムを超えた製品・サービスは順調にシェアを拡大し、市場を独占する確率が大きく上がるとされています。

新しい製品・サービスが市場を攻略するため、キャズムを超えることの重要性を説いたのが「キャズム理論」です。

キャズム理論はアメリカの経営コンサルタント、ジェフリー・A・ムーアが1991年、著書『Crossing the Chasm(邦題 キャズム)』で提唱して広く知られるようになりました。

キャズム理論のベースになる「イノベーター理論」

キャズム理論のベースになっているのは、1962年に示されたイノベーター理論です。

イノベーター理論は、新しい製品・サービスの市場への普及に関するマーケティング理論で、アメリカの社会学者、エベレット・M・ロジャースが著書『Diffusion of Innovations(邦題 イノベーション普及学)』で提唱しました。

イノベーター理論では、新しい製品・サービスが市場に登場した際の購入への態度によって、消費者を次の5つに分類し、新しい製品・サービスはイノベーターから順に受け入れられていくとしています。

  1. イノベーター
  2. アーリーアダプター
  3. アーリーマジョリティ
  4. レイトマジョリティ
  5. ラガード

①イノベーター(革新者)

イノベーターは、新しいものが好きな冒険家。

テクノロジーに関する知識が豊富で、新製品をいち早く取り入れる消費者グループです。「テクノロジーマニア」とも呼ばれ、全体の2.5%を占めています。

まだ誰も使っていない段階でどんどん使ってみたいと考える層です。

②アーリーアダプター(初期採用者)

アーリーアダプターは、流行に敏感なオピニオンリーダー。

イノベーターほど積極的ではありませんが、新たなテクノロジーを敏感に採用する消費者グループです。「ビジョナリー」とも呼ばれ、全体の13.5%を占めています。

自ら情報を収集し、将来性を感じた時点で使ってみたいと考える層です。

③アーリーマジョリティ(前期追随者)

アーリーマジョリティは、どちらかと言うと受け身で現実的。

新しい技術の採用には比較的慎重で、着実な進歩を求める消費者グループです。

「実利主義者」とも呼ばれ、全体の34.0%を占めています。先行している人の事例を重視し、確実に実利を満たすことが分かれば使いたいと考える層です。

④レイトマジョリティ(後期追随者)

レイトマジョリティは、進歩よりこれまでの慣習を重んじるタイプ。

アーリーマジョリティよりも慎重で、自分に役に立つものはずっと使い続ける消費者グループです。「保守派」とも呼ばれ、全体の34.0%を占めています。

周囲の大多数の人たちが使うようになってから同じ選択をする層です。

⑤ラガード(遅滞者)

ラガードは、トレンドに無関心で非常に保守的なタイプ。

新しいテクノロジーが自分の期待に応えてくれることは少ないと考えており、ハイテクマーケティング市場に参加してこない消費者グループです。「懐疑派」とも呼ばれ、全体の16.0%を占めています。

流行に左右されることがなく、基本的には新しい製品やサービスを使う気がありません。

イノベーター理論

アーリーアダプターを重視するイノベーター理論

イノベーター理論では、普及率がイノベーターとアーリーアダプターの割合を足した16%に達すると需要が一気に加速するため(普及率16%の論理)、アーリーアダプターへのマーケティングが重要だと説いています。

キャズム理論の本質

キャズム理論でも、イノベーター理論の5つの顧客分類を踏襲していますが、異なっているのは、アーリーアダプターとアーリーマジョリティの間に大きな溝(キャズム)があることを指摘している点です。

キャズム理論では市場を、イノベーターとアーリーアダプターで構成される「初期市場(少数の革新者層)」と、アーリーマジョリティやレイトマジョリティで構成される「メインストリーム市場(一般層)」に分け、2つの市場の間には容易には超えられないキャズムが生じると説いています。

キャズム理論

新しいテクノロジーを市場に普及させる際、イノベーター理論はアーリーアダプターへのマーケティングを重視します。

一方、キャズム理論では、初期市場からメインストリーム市場へとシェアを拡大するには、アーリーアダプターだけでなくアーリーマジョリティに対するマーケティングも不可欠であると説いているのです。

キャズムを超えるのが難しいのはなぜか?

キャズムを超えるのが難しい理由の一つとして、初期市場の顧客層とメインストリーム市場の顧客層では、購買に影響する「価値観」に大きな差があるからだと言われます。

初期市場のユーザーは流行に敏感なので、「新しさ」が大きな魅力です。目新しいテクノロジーで、今後トレンドになりそうであれば購買意欲が刺激されます。

一方で、メインストリーム市場のユーザーにとって新しさは重要ではありません。

それよりも、「信頼できるか」「周囲が使っているか」「本当に役立つか」といったことに対して時間をかけて検討します。新しさより「安心」を求める傾向が強いと言えるでしょう。

キャズムを超えた企業の事例

キャズムを超えるには、何とかしてメインストリーム市場にいるアーリーマジョリティに受け入れてもらう必要があります。

必ずキャズムを超えられる手法は存在しませんが、「キャズム超え企業」の事例からヒントを得られるかもしれません。

ネスレ日本の「ネスカフェアンバサダー」

ネスレ日本株式会社は、「ネスカフェアンバサダー」を活用してキャズムを超えたと言われます。

ネスカフェアンバサダーは、コーヒーマシン「ネスカフェバリスタ」をオフィスに普及させるためのキャンペーン戦略です。ネスレ日本はWeb上でアンバサダー(ファン)を募集し、アンバサダーに選ばれた人のオフィスに無料でバリスタを貸し出しました。

アンバサダーは、オフィスでバリスタを楽しんでいる写真をSNSに投稿したり、ネスレのアンケートに協力したりします。

こうしてバリスタの活用事例を発信する「アンバサダー・マーケティング」をきっかけに、アーリーマジョリティを獲得していったのです。[注1]

シリコンバレーに目をつけたUber Technologies

タクシー配車サービスでキャズムを超えた事例として有名なのが自動車配車サービス「Uber」やオンラインフードデリバリーサービス「Uber Eats」を運営するUber Technologies Inc.です。

Uber Technologies がアーリーアダプターとしてターゲットにしたのは、シリコンバレーのスタートアップ企業で働く人々でした。

彼らはITテクノロジーへの関心が高く、シリコンバレー界隈はタクシーが捕まりにくいという事情がありました。

そこで、Uber Technologies はシリコンバレーで開催されるテック系イベントのスポンサーになり、イベント参加者に無料でサービスを提供したのです。

サービス利用者がSNSやブログで紹介したことでサービスは拡散され、アーリーマジョリティの獲得に成功しました。

キャズムを超えるには“現在地”の把握から

いつの間にか消えてしまう製品・サービスになるのか、誰もが知っている製品・サービスになるのか、それはキャズムを超えられるかどうかにかかっています。

キャズムを超えていくには、今、市場のどこにいるのかを正確に理解したうえで、アーリーアダプターとアーリーマジョリティ、それぞれに合わせた緻密なマーケティングを展開していく必要があります。

Frontier Eyes Onlineでは、ビジネス・経済に関する様々な情報を提供しています。

よろしければ、メルマガのご登録をお願いします。

参考
[注1] 自発的なファン活動を生む アンバサダーというしくみ

関連記事

コストリーダーシップ戦略とは?差別化・集中戦略との違いやメリット・リスクを解説

新商品・新サービスを開発する際、「いくらで生産して、いくらで販売するのか」という価格設定は重要なポイントになってきます。商品・サービスの価格を検討するうえでキーワードになるのが「コストリーダーシップ戦略」です。今回は、コストリーダーシップ戦略の概要、差別化戦略や集中戦略との関係、メリットやリスクなどについて解説していきます。

「コアコンピタンス」の意味とは? ケイパビリティの違いと企業の事例を解説

「コアコンピタンス」とは、企業が持つ様々な能力や機能のうち、「他社には真似できない企業の核となる能力」のことです。 競争と変化が激しいビジネスにおいて、自社の戦略や方向性を策定する上で、競合他社と差別化をはかりながら、客観的な自社の優位性を見極める必要があります。そ本記事では、コアコンピタンスの意味、ケイパビリティの違いについて企業事例を交えて解説します。

BPR(業務改革)とは何か? BPMやCMMIとの違いとともに業務効率手法を探る

政府主導のもとに始まった働き方改革に加えて、日進月歩でビジネスのデジタルシフトも進んでいます。近時の変化は、「第4次産業革命」に例えられるなど、100年に1度の変革期とも言われるほどです。 業界・業種問わず、何かしらの業務改善やITシステムやクラウドサービスの導入に着手していない企業はいないでしょう。そのような動きのなかで、BPR(Business Process Re-engineering=ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)が注目を集めています。 この記事では、既存事業を根本から「再構築=リエンジアリング」する「BPR=業務改革」について解説します。

ランキング記事

1

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

2

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

3

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

4

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

5

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中