ビジネスインテリジェンス(BI)とは?

ビジネスインテリジェンス(BI:Business Intelligence)とは、企業が日々蓄積する膨大なデータを活用して現状分析をおこない、分析結果をもとにより良い意思決定、経営判断を下すことを言います。

効果的にデータを活用することで、的確かつ迅速な意思決定を導くのがビジネスインテリジェンスの本質です。

ビジネスインテリジェンスが注目される背景

今、ビジネスインテリジェンスが注目されているのは、以下のような背景があります。

企業が扱うデータ量の急増

近年、AIやIot、クラウドサービスの普及にともない、企業が取り扱うデータの量・種類は急速に増加しています。加えて、顧客の消費行動が多様化・複雑化しており、顧客ニーズに応えるための意思決定も困難です。

このような状況において、従来のように経験と勘に頼った意思決定では売上・利益の拡大が見込めないどころか業績悪化を招く原因にもなりかねません。そこで、データを収集・分析し、アルゴリズムに基づいて経営戦略などの意思決定をおこなう「データドリブン経営」という考え方が注目されるようになりました。

関連記事:データレイクとは? データウェアハウスとの違いや導入メリットを解説!

データドリブン経営の障壁になるデータのサイロ化

データドリブン経営を阻む要因の一つとして挙げられるのが、データのサイロ化です。データのサイロ化とは、企業内にデータが散在するなどして他部門との連携や情報共有を図れないことを言います。

日本企業はかねてから縦割り組織と言われており、データが部署や拠点ごとに分散していました。そのうえ、CRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援システム)など部署ごとに異なるシステムを導入しているケースも多く、「情報が重複して管理されている」「情報が横断的に社内へ共有されない」「必要なときに必要な情報を参照できない」という課題を抱えている企業が少なくありませんでした。

データがサイロ化している企業ではデータドリブン経営がうまくいくはずがありません。そこでこの状況を打開できるのがビジネスインテリジェンスであり、そのために活用したいのがBIツールです。

BIツールとは?

BIツールとは、ビジネスインテリジェンスを実現するために企業に蓄積された膨大なデータを分析し、迅速な意思決定を支援するツールです。様々な形式で散在しているデータを集計・連携・加工し、分かりやすくアウトプットできる特徴があります。

クラウド型とオンプレミス型

従来は企業が自社サーバーで運用するオンプレミス型が一般的でしたが、クラウドの普及とともにBIツールもクラウド型が主流になっています。

クラウド型であれば社内にサーバーを構築する必要がなく、オンプレミス型よりリーズナブルです。月額数万円から利用できるクラウド型BIツールもあるので、比較的容易に導入を検討できます。

セルフサービスBIとは

従来のBIツールを使いこなすには、データサイエンティストなど専門的な知識・スキルを持った人材が必要でした。これに対し、昨今主流になっているセルフサービスBIは専門知識を持たない人が使うことを前提に設計されており、直感的に操作できるインターフェイスを備えたBIツールです。セルフサービスBIであれば、現場のエンドユーザーが自身でデータを収集・分析したり、レポートを作成したりすることができます。

BIツールのメリット

BIツールを導入する主なメリットは、以下の3点です。

散在するデータを統合して分析

BIツールの導入により、社内に散在するデータを一箇所に集約したうえで抽出・分析することができます。BIツールによる分析データを見れば良質な知見が得られ、タイムリーかつ的確な意思決定が可能になるはずです。

潜在的な課題を発見

BIツールによる分析結果から、これまでは気づき得なかった課題を抽出できることがあります。潜在的な課題が浮き彫りになることで、後のトラブル・問題を未然に防ぐことができます。

データ集計やレポート作成が瞬時に終わる

BIツールを使えば、データの分析結果を瞬時にグラフなどで分かりやすく可視化できます。これまでExcelなどを使って手作業でおこなっていたデータ集計やレポート作成も、BIツールを使えばあっという間に終わります。

BIツール導入のポイント・注意点

BIツールの導入を検討する際は、以下のようなポイントに注意しましょう。

1.目的を明確にする

他社の真似をしてBIツールを導入しても、有益なパフォーマンスは期待できません。何のためにデータを分析するのか、将来的にデータを活用して何をしたいのか、といった明確な目的がなければ、優秀なBIツールは宝の持ち腐れになってしまいます。BIツールの真価を発揮するには、データを活用する目的を明確にし、データドリブン経営の戦略を固めることが重要です。

2.分析に必要なデータを揃える

BIツールは、自社にとって有用なデータを収集してくれるツールではありません。あくまでも、既存のデータを一箇所に集約して効率的に分析するためのツールです。BIツールを導入してもデータが不足していれば分析の精度が低くなり、有益な知見を得ることもできません。BIツールを導入する際は、精度の高い分析ができるだけのデータが社内にあるかどうかを確認しておく必要があります。

3.自社に合ったBIツールを選定する

BIツールを導入する企業が増える一方で、BIツールを使いこなせている企業はまだ少ないかもしれません。多機能なBIツールを導入したために使いこなすことができず、結果的に使われなくなってしまうケースも多くあります。自社にとって必要な機能を見極めたうえで、自社に合ったBIツールを選定することが重要です。

4.運用できる体制を構築する

BIツールのメリットを最大限に享受するためには、自社で運用できる体制を構築しておくことが重要です。そのためには、BIツールを効果的に運用できる人材の育成が不可欠ですが、セルフサービスBIなど、高度な専門知識がなくても使えるツールを選択することで育成コストを抑えることができます。

将来を予測するビジネスアナリティクス(BA)とは?BIとの違いとは?

ビジネスアナリティクス(BA:Business Analytics)とは、ビジネスインテリジェンスでの分析結果をもとに将来を予測して、次におこなうべき意思決定を最適化するという考え方です。

ビジネスアナリティクスとビジネスインテリジェンスの違い

ビジネスインテリジェンスとビジネスアナリティクスの大きな違いは、その目的です。

  • ビジネスインテリジェンスの目的:企業が有するデータをもとに現状分析をおこない、意思決定を迅速化すること
  • ビジネスアナリティクスの目的:過去・現在のデータから将来を予測し、意思決定を最適化すること

現状分析にとどまらず将来の予測までを担い、意思決定の最適化を促すことができる点が、ビジネスアナリティクスの大きな特徴だと言えるでしょう。

BI・BAを活用してデータドリブン経営を加速

Withコロナと言われる時代、あらゆる企業はデータドリブン経営によって事業環境の変化に対応していかなければなりません。そして、データドリブン経営を強力に支えるのが今回解説したビジネスインテリジェンスであり、ビジネスアナリティクスです。加速度的にデータ量が増え続けていくこれから、旧時代の手法・体制ではデータを有効活用することはできません。BIツールやBAツールを導入して、高度なデータドリブン経営を推進していきましょう。

関連記事

村上春樹さんから学ぶ経営⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」

世界は複雑に見えます。しかしながら、真理は覆い隠されているだけで実は単純なのかもしれません。複雑にみえる物事を解きほぐし、真理を見出す力。優れた経営者は持っています。一方で、偉大な経営者が難解な経営学用語を使っているのを筆者は聞いたことがありません。 それでは今月の文章です。

「生存者バイアス」に惑わされるな

オーナー企業の礼賛、選択と集中への傾倒。これらは「生存者バイアス」という色眼鏡を通して物事を見るという、誤った視座によって生み出された幻だ。同じ戦略を採用して、消滅していった企業群への想いをはせ、冷静に企業分析をするクセを付ける必要がある。

「LTV(ライフタイムバリュー)」とは?注目背景・算出方法・最大化のポイントについて

これまでのビジネスでは、「単価×顧客数」といったシンプルな図式でマーケティングが語られるケースが多くみられました。しかし、デジタル技術の進歩や、販売チャネルの増加などにより、企業はビジネスに関するさまざまな指標を分析しなければならなくなっています。

ランキング記事

1

「生存者バイアス」に惑わされるな

オーナー企業の礼賛、選択と集中への傾倒。これらは「生存者バイアス」という色眼鏡を通して物事を見るという、誤った視座によって生み出された幻だ。同じ戦略を採用して、消滅していった企業群への想いをはせ、冷静に企業分析をするクセを付ける必要がある。

2

ソニー中間期決算 エンタメ好調で増収増益 高成長ビジネスモデルへの戦略を期待

ソニーの2020年度の中間決算は、ゲームや音楽などエンタテインメント系事業の好調に支えられ、増収増益となった。コロナ禍における巣ごもり需要だけでなく、一連の経営改革によりリカーリング型ビジネスへの転換を進めた成果が現れた。

3

村上春樹さんから学ぶ経営⑥靴箱の中で生きればいいわ

通勤にかかる時間。2時間/日×250日/年×40年間=2万時間。死ぬ時に後悔すること間違いないでしょう。2万時間の効率化は極めて有意義だと思います。同時に、「人を見たらウイルスと思え」といった極端な文言が見られたほど、人と人との距離をとることが推奨される社会。しかし、そこに潜む危険について考えてみたいと思います。それでは、今月の文章です。

4

産業用ロボット市場、再び成長軌道に 2021年見通し

米中貿易摩擦、新型コロナウィルスの影響によって、成長を続けてきた産業用ロボット市場にも逆風が吹いている。新型コロナウィルスの感染者が欧米で再拡大していることで、ロボット市場にも不透明感がでてきているが、ポストコロナでは生産活動における3密回避や自動化ニーズの高まりもあり、ロボット市場は再び成長軌道に戻るとの見方が根強い。

5

ボーンデジタルが席巻 急速進化するコンテンツのヒットパターン

ボーンデジタルと呼ばれる、最初からデジタルでの消費を前提とするコンテンツが、急速に拡がっている。10年ほど前から、ニコニコ動画などからプロのクリエイターが誕生し、アニメファンなどを中心にヒットする事例はあった。しかし、ここ数年では米津玄師やYOASOBI(同年12月までCD未発売)、あいみょんなど、ヒットチャートの上位をネット発のアーティストが占め、従来のヒットパターンが大きく変わっている。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中