ビジネスインテリジェンス(BI)とは?

ビジネスインテリジェンス(BI:Business Intelligence)とは、企業が日々蓄積する膨大なデータを活用して現状分析をおこない、分析結果をもとにより良い意思決定、経営判断を下すことを言います。

効果的にデータを活用することで、的確かつ迅速な意思決定を導くのがビジネスインテリジェンスの本質です。

ビジネスインテリジェンスが注目される背景

今、ビジネスインテリジェンスが注目されているのは、以下のような背景があります。

企業が扱うデータ量の急増

近年、AIやIot、クラウドサービスの普及にともない、企業が取り扱うデータの量・種類は急速に増加しています。加えて、顧客の消費行動が多様化・複雑化しており、顧客ニーズに応えるための意思決定も困難です。

このような状況において、従来のように経験と勘に頼った意思決定では売上・利益の拡大が見込めないどころか業績悪化を招く原因にもなりかねません。そこで、データを収集・分析し、アルゴリズムに基づいて経営戦略などの意思決定をおこなう「データドリブン経営」という考え方が注目されるようになりました。

関連記事:データレイクとは? データウェアハウスとの違いや導入メリットを解説!

データドリブン経営の障壁になるデータのサイロ化

データドリブン経営を阻む要因の一つとして挙げられるのが、データのサイロ化です。データのサイロ化とは、企業内にデータが散在するなどして他部門との連携や情報共有を図れないことを言います。

日本企業はかねてから縦割り組織と言われており、データが部署や拠点ごとに分散していました。そのうえ、CRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援システム)など部署ごとに異なるシステムを導入しているケースも多く、「情報が重複して管理されている」「情報が横断的に社内へ共有されない」「必要なときに必要な情報を参照できない」という課題を抱えている企業が少なくありませんでした。

データがサイロ化している企業ではデータドリブン経営がうまくいくはずがありません。そこでこの状況を打開できるのがビジネスインテリジェンスであり、そのために活用したいのがBIツールです。

BIツールとは?

BIツールとは、ビジネスインテリジェンスを実現するために企業に蓄積された膨大なデータを分析し、迅速な意思決定を支援するツールです。様々な形式で散在しているデータを集計・連携・加工し、分かりやすくアウトプットできる特徴があります。

クラウド型とオンプレミス型

従来は企業が自社サーバーで運用するオンプレミス型が一般的でしたが、クラウドの普及とともにBIツールもクラウド型が主流になっています。

クラウド型であれば社内にサーバーを構築する必要がなく、オンプレミス型よりリーズナブルです。月額数万円から利用できるクラウド型BIツールもあるので、比較的容易に導入を検討できます。

セルフサービスBIとは

従来のBIツールを使いこなすには、データサイエンティストなど専門的な知識・スキルを持った人材が必要でした。これに対し、昨今主流になっているセルフサービスBIは専門知識を持たない人が使うことを前提に設計されており、直感的に操作できるインターフェイスを備えたBIツールです。セルフサービスBIであれば、現場のエンドユーザーが自身でデータを収集・分析したり、レポートを作成したりすることができます。

BIツールのメリット

BIツールを導入する主なメリットは、以下の3点です。

散在するデータを統合して分析

BIツールの導入により、社内に散在するデータを一箇所に集約したうえで抽出・分析することができます。BIツールによる分析データを見れば良質な知見が得られ、タイムリーかつ的確な意思決定が可能になるはずです。

潜在的な課題を発見

BIツールによる分析結果から、これまでは気づき得なかった課題を抽出できることがあります。潜在的な課題が浮き彫りになることで、後のトラブル・問題を未然に防ぐことができます。

データ集計やレポート作成が瞬時に終わる

BIツールを使えば、データの分析結果を瞬時にグラフなどで分かりやすく可視化できます。これまでExcelなどを使って手作業でおこなっていたデータ集計やレポート作成も、BIツールを使えばあっという間に終わります。

BIツール導入のポイント・注意点

BIツールの導入を検討する際は、以下のようなポイントに注意しましょう。

1.目的を明確にする

他社の真似をしてBIツールを導入しても、有益なパフォーマンスは期待できません。何のためにデータを分析するのか、将来的にデータを活用して何をしたいのか、といった明確な目的がなければ、優秀なBIツールは宝の持ち腐れになってしまいます。BIツールの真価を発揮するには、データを活用する目的を明確にし、データドリブン経営の戦略を固めることが重要です。

2.分析に必要なデータを揃える

BIツールは、自社にとって有用なデータを収集してくれるツールではありません。あくまでも、既存のデータを一箇所に集約して効率的に分析するためのツールです。BIツールを導入してもデータが不足していれば分析の精度が低くなり、有益な知見を得ることもできません。BIツールを導入する際は、精度の高い分析ができるだけのデータが社内にあるかどうかを確認しておく必要があります。

3.自社に合ったBIツールを選定する

BIツールを導入する企業が増える一方で、BIツールを使いこなせている企業はまだ少ないかもしれません。多機能なBIツールを導入したために使いこなすことができず、結果的に使われなくなってしまうケースも多くあります。自社にとって必要な機能を見極めたうえで、自社に合ったBIツールを選定することが重要です。

4.運用できる体制を構築する

BIツールのメリットを最大限に享受するためには、自社で運用できる体制を構築しておくことが重要です。そのためには、BIツールを効果的に運用できる人材の育成が不可欠ですが、セルフサービスBIなど、高度な専門知識がなくても使えるツールを選択することで育成コストを抑えることができます。

将来を予測するビジネスアナリティクス(BA)とは?BIとの違いとは?

ビジネスアナリティクス(BA:Business Analytics)とは、ビジネスインテリジェンスでの分析結果をもとに将来を予測して、次におこなうべき意思決定を最適化するという考え方です。

ビジネスアナリティクスとビジネスインテリジェンスの違い

ビジネスインテリジェンスとビジネスアナリティクスの大きな違いは、その目的です。

  • ビジネスインテリジェンスの目的:企業が有するデータをもとに現状分析をおこない、意思決定を迅速化すること
  • ビジネスアナリティクスの目的:過去・現在のデータから将来を予測し、意思決定を最適化すること

現状分析にとどまらず将来の予測までを担い、意思決定の最適化を促すことができる点が、ビジネスアナリティクスの大きな特徴だと言えるでしょう。

BI・BAを活用してデータドリブン経営を加速

Withコロナと言われる時代、あらゆる企業はデータドリブン経営によって事業環境の変化に対応していかなければなりません。そして、データドリブン経営を強力に支えるのが今回解説したビジネスインテリジェンスであり、ビジネスアナリティクスです。加速度的にデータ量が増え続けていくこれから、旧時代の手法・体制ではデータを有効活用することはできません。BIツールやBAツールを導入して、高度なデータドリブン経営を推進していきましょう。

関連記事

村上春樹さんから経営を学ぶ⑱「経済にいささか問題があるんじゃないか」

オリンピックが始まります。かつて日本のお家芸だった男子マラソンでは、アフリカ勢に押され、栄光は過去のものになりました。さて、経済では日本の台頭に苦しんだ米国は、正面から争うのではなく「競争の場」を変えることで復活しました。今度は日本がそれをやる番です。それでは今月の文章です。

「前経営陣批判」の罠 現経営陣のネガティブ・バイアスを見分けよう

業績不振の企業経営者の多くは、前経営陣の負の遺産を(無意識的に)強調する傾向がある。歴史を紐解くと、新たな為政者は自らの正統性を主張するため、その前の時代を必要以上に貶めている。インタビューなどで経営陣と接する第三者として我々は、この精神構造を十分に割り引いて企業分析する必要がある。

地銀再編とは? (予想される変化と今後の動向を解説)

地銀再編の言葉が使用されて久しいが、今後の再編に対する見方は様々だ。その場合に重要なことは、地方銀行の収益性向上の視点のみならず、地銀再編によって顧客(消費者・企業)に対してどのようなメリット・デメリットがあるかの視点である。本稿では、顧客視点からみた地銀再編の姿について解説する。

ランキング記事

1

地銀再編とは? (予想される変化と今後の動向を解説)

地銀再編の言葉が使用されて久しいが、今後の再編に対する見方は様々だ。その場合に重要なことは、地方銀行の収益性向上の視点のみならず、地銀再編によって顧客(消費者・企業)に対してどのようなメリット・デメリットがあるかの視点である。本稿では、顧客視点からみた地銀再編の姿について解説する。

2

「前経営陣批判」の罠 現経営陣のネガティブ・バイアスを見分けよう

業績不振の企業経営者の多くは、前経営陣の負の遺産を(無意識的に)強調する傾向がある。歴史を紐解くと、新たな為政者は自らの正統性を主張するため、その前の時代を必要以上に貶めている。インタビューなどで経営陣と接する第三者として我々は、この精神構造を十分に割り引いて企業分析する必要がある。

3

世界でシェアの高いドローンメーカーは?国内メーカーの展望も解説

ドローンは、世界中の産業、工業など幅広い場面で活躍しています。無人で飛び回りさまざまな業務をこなすドローンは、使い方次第でビジネスを大きく変えられる先進技術です。 ドローンの有用性に注目が集まる中、ドローンのメーカー間のシェア争いも激化しています。ドローン市場はメーカーの新規参入や入れ替わりが激しいのが特徴です。日本のドローンメーカーも、より高度な技術開発を急いでいます。 そこでこの記事では、世界でシェアの高いドローンメーカーを解説。また世界でシェアを伸ばす国内ドローンメーカーについてもご紹介します。

4

白酒偏重、中国の酒造業を分析 「貴州茅台酒」時価総額トヨタ超え

中国の酒造業界で、蒸留酒「白酒」(báijiǔ)の割合が増加している。「貴州茅台酒」(Moutai,貴州省)のように、時価総額でトヨタ自動車を上回る企業も現れた。宴席の減少、健康志向、高齢化社会に向かう中でも、どうして拡大傾向を見せているのか。中国の酒造業の現状について考察する。

5

横浜市のIR(統合型リゾート)事業者有力候補 ゲンティン(Genting Singapore)とは

横浜市における統合型リゾート(IR)の事業者の選定が大詰めを迎えている。2021年6月11日に締め切った公募では、ゲンティン(Genting Singapore)とマカオでカジノを運営するメルコ(本社は香港)を中心にした2グループが応募したとみられる。この記事では最有力と目されるゲンティンを通じ、IRの方向性や他企業の参入機会を探る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中