国別のコロナウイルスへの耐性

 

高耐性:○ 

 

■タイ

バンコク

2020年GDP成長率を1.0ポイント下方修正(修正後:1.5~2.5%)観光大打撃、航空会社不振の報道が多いが、財政安定(=金融政策余地あり)は他のアセアン諸国との比較で突出して優位。課題は実質的な軍事政権(野党解党など民主化運動封じ込め)であるが、コロナ問題のような有事における政策運営のスピード感では有利と言える。

(M&A等進出に際しての注目産業)

精密機器・飲料・食品・通信(商用5G開始)の産業に注目。人件費高く低付加価値の工業品・繊維製品は採算確保が難しい。

 

■インドネシア

ジャカルタ

経済けん引が内需主導との特性を持つ点は、コロナ問題に伴う世界需要減の影響は受けないことになりプラスとなる。この点は同時に、国内需要分を国内生産で対応出来ていないとの課題でもあり、自動車産業を含めまだまだ国内での工業化が遅れている。昨年2期目に入ったジョコ大統領は首都機能移転や外資誘致政策を矢継ぎ早に発動しており、この部分が伸びしろと言える。

(M&A等進出に際しての注目産業)

自動車・運送等ロジスティクス・インフラの産業に注目。小売・食品・不動産は地場系独占にて協業以外で入り込む余地は小さい。

 

少々リスクあるが期待値高い:△

■ベトナム

ホーチミン

サムスンを中心とする韓国企業の主要製造拠点がある。生産活動がコロナ問題で停滞する可能性が、同国輸出の最大リスクとなる。逆にグローバルベースでファーウェイやiPhoneの中国生産が停滞し、その間にGalaxy販売量が増えれば追い風にもなる。

国民車(ビングループ)は苦境。デザイン・基礎技術・部品の多くが欧州からの輸入であり、値段が欧州輸入車と変わらず高すぎる(例:SUV車$70,000㌦)点が難題(政府が欧州からの輸入関税を引き下げる等出来るか?)。

本来国民車は、安い価格を武器にした戦略(インド・マレーシアが得意)。部品まで現地生産でまかなう、タイ製日本メーカー車(ホンダSUVなど)がコスパよく引き続き人気。

近時のカンボジア(政治面)に対するEU制裁を受け、同国からの縫製品供給が減少、これがベトナム縫製産業にプラスに働く可能性が大きい。

(M&A等進出に際しての注目産業)

自動車部品・運送等ロジスティクス・インフラ・ファシリティマネジメントの産業に注目。縫製についてはコロナ問題収束に伴うグローバル需要次第。

 

課題多い:×

■マレーシア

マレーシア クアラルンプールの街並み

マハティール首相辞任劇から株価指数は過去10年来の下落を見せた。2020年の成長率の予想は3%台に下方修正。1月、3月と利下げ実施。首相交代の影響は未だ終わっていない。

コロナ問題はムヒディン新首相にとってはいきなりの試練となる。マハティール氏の反撃糸口(次の国会で内閣不信任案~内閣総辞職~総選挙に追い込む公算)となる可能性もある。よって公共インフラ投資などへの政策運営は、停滞が見込まれる。外資誘致策を打ち出す余裕はないだろう。国会は当初3月9日予定が、5月18日開催に延期された。これがムヒディン氏にとって吉と出るか凶と出るかは要注目だ。

(M&A等進出に際しての注目産業)

コロナ問題・政治問題収束次第で、自動車・運送等ロジスティクス・ファシリティマネジメントの産業に注目。

 

■シンガポール

マーライオン

2020年GDP成長率を1.2ポイント下方修正(修正後:△0.5~1.5%)、コロナ問題による観光・輸出業へのマイナスインパクトに加え、同国上場企業の中には事業が中国市場の企業も少なくなく、株価インパクトは同国経済動向以上に中国動向に引っ張られる可能性が大きい。

グラブ社というユニコーン企業を輩出しており、様々なスタートアップ投資機会は多くある一方、これらスタートアップ企業への中国からの投資バックアップが大きく影響していることもあり、現時点ではこれら投資機会への関心も、やや慎重にならざるを得ない。

(M&A等進出に際しての注目産業)

コロナ問題収束次第で、医薬・IT系のスタートアップ機会に注目。

 

まとめ

コロナ問題に伴う最近の経済インパクトとは、ヒトの行動が強制的にストップされることに伴う経済活動の停滞と、その不透明感に伴う金融市場の縮小であり、震災時に類似する部分はある。

他方、局所的な震災の影響と異なり、コロナは世界中に恐怖心を与え、いつまで続くか分からない点で、平常化までに時間を要す可能性が高い。そのような中でM&A戦略を策定する中で、対象企業だけでなく、投資対象国の体力(=耐性)についても十分留意の上での検討が必要となる。

(以上)

関連記事

Zuva イベントレポート 中国のユニコーン候補企業のトップに聞く

フロンティア・マネジメントの提携先であるZuva株式会社(注1)による、中国の注目すべきスタートアップ企業3社を紹介するオンラインイベントが、2020年8月6日(木)に開催された。Zoomのオンラインセミナー機能を使って開催された『オンラインミートアップイベント』をレポートする。

コロナ渡航制限下のシンガポールとM&A

シンガポールは、新型コロナウイルス(COVID-19)対策として、厳しい行動制限であるサーキットブレーカー(以下、CB)措置を経て、ここまでのところ経済活動の制限緩和と市中感染の抑え込みを両立させたように見える。長引く渡航制限や徹底した感染対策が生む経済や実務への影響、M&Aにおける示唆を整理する。筆者の見立てでは、1-2年後には、ローカル化されたM&Aが一挙に増えるとみている。

ニューリテールの動き追う、中国の一歩進んだ生鮮市場

中国では、ECによる生鮮販売が日本より先を行く形で拡大している。様々なビジネスモデルが登場し、受領時間も30分から1時間と進歩を続けている。コロナ禍で日本でも消費者意識が変化する中、生鮮の販売網はどう変わっていくのか。ビジネスモデルごとに現状をまとめた。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

フードデリバリーの大きな「伸びしろ」と課題

UberEatsや出前館に代表されるフードデリバリー企業の隆盛が著しい。新型コロナウィルス感染の影響による飲食店利用の減少と在宅時間の増加が相まって、ファストフード(FF)店やレストランの料理の配送サービスが足元で急増している。本稿では、流通・小売業界におけるEコマース市場の歴史等を参考に、フードデリバリー業界の将来シナリオについて論考していきたい。

5

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中