テレワークとは?時間や場所にとらわれない新たなワークスタイル

テレワークとは、Web会議システムやビジネスチャットツールなどのICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所にとらわれず柔軟に働ける新たなワークスタイルです。

「テレワーク」という言葉は、接頭辞のtele-(遠い)とwork(働く)を組み合わせたもので、「オフィスから離れた場所で働く」という意味の造語です。

アメリカでは、「Work From Home(WHF)」という言葉も使われます。新型コロナウイルスが感染拡大し、4月7日には緊急事態宣言が出されましたが、企業活動を継続していくための手段としてテレワークが注目されています。

テレワークを導入する際の3つのポイント

新型コロナウイルスの流行によって、急にテレワークの導入が必要になった企業も多いでしょう。新たにテレワークを導入する企業は、次の3点に注意しましょう。快適な労働環境をつくるため、労務管理の仕組みづくり、円滑なテレワークのためのITツールの活用、テレワーカーの作業環境づくりが欠かせません。

ポイント1. 労務管理の仕組み

テレワーカーの労務管理を行ううえで、必要な視点は次の3つです。

課題 解決案
勤務時間の管理 ・通常の労働時間制を続け、勤怠管理システムを活用して在宅での勤務時間を把握する
・事業所外みなし労働時間制を導入する
・裁量労働時間制を導入する
労働災害の対策 在宅ワークであっても、業務以外の私的行為ではなく、業務に由来するものは労災保険の給付対象とする
人事評価制度 労働時間ではなく、労働によって生まれた成果や業績を評価する「成果主義賃金制度」への移行が理想的

ポイント2. テレワーカーの作業環境整備

新型コロナウイルスの流行により、在宅勤務の長期化が予想されます。テレワーカーの健康維持のため、会社負担を基本としつつ、作業環境を整備しましょう。

課題 解決案
作業環境の確保 会社負担で机や椅子を支給する。機密性の高い業務の場合は、作業環境に関するルールをつくり、自宅でプライバシーを確保できるようにする
健康管理 テレワーカーはPCを使った長時間作業をすることが多く、厚生労働省の「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」に従い、作業時間や休憩時間のルールを作る

新型コロナウイルス感染症対策で増えたテレワークの導入事例3つ

新型コロナウイルス感染症の広がりを受け、テレワークの導入事例が増えています。テレワーク未導入企業の参考となるような国内の事例を3つ紹介します。

GMOインターネットグループ:新型コロナ対応によるテレワーク移行の先行事例

GMOインターネットグループは、新型コロナウイルスが猛威をふるっていなかった1月下旬の段階でテレワークに移行した先行事例です。

2020年1月27日、渋谷・大阪・福岡の従業員4,000人を対象に感染予防対策を行ったうえで、在宅勤務体制に移行しました。

在宅勤務への移行から1週間後、従業員へのアンケート調査を行いました。9割近くがおおむね高評価だったものの、「リモート環境が遅い」「椅子机とPCサプライがなく、作業効率が低下」「紙ベースの業務に支障」といった生の声が上がり、在宅勤務体制の改善に活用しました。

クックパッド:在宅勤務の長期化にともない、作業環境を継続的に改善

レシピサイトを運営するクックパッドは、2020年2月18日より、まず10日間の在宅勤務を実施しました。

その後、新型コロナウイルスの状況を鑑みて、5月末まで国内拠点の全従業員を対象とした在宅勤務体制に移行しました。

日常的にクラウドサービスを活用しており、クラウド環境で社内ツールが使えたため、短期的に見ると課題は許容されうるものでした。

しかし、在宅勤務の長期化にともない、テレワーカーの作業環境を改善する必要が出てきたため、オフィスチェアやデスクを会社負担でレンタルし、労働者の健康に配慮しました。

テレワークの導入が新型コロナウイルスの感染拡大下における企業成長の鍵

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの企業がテレワーク制度を活用しています。これまでも、東日本大震災の際の計画停電や働き方改革実現会議の発足にともない、在宅勤務体制を整える動きはありましたが、従来にない規模でテレワークの導入が進んでいます。

本来、テレワーク制度はまず試験導入を行い、フィードバックを得ながら段階的に導入していくものです。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大下でも事業活動を継続するためには、本稿で解説したポイントをもとに、急ピッチでテレワークを推進する必要があるでしょう。

関連記事

事業承継で存在感増す、PEファンド

PEファンド(以下「ファンド」)によるオーナー企業への投資が加速している。ファンドが買手となった事業承継のうち、過半数の経営者が現役世代の50代以下であり、自社の成長に向けたファンドの機能を重視する傾向が有りそうだ。事業承継系M&Aの領域で存在感を増すファンド。オーナー企業側のニーズや、増加の背景を探ってみたい。

不動産証券化とは?その類型やメリットなどを解説

「人生100年時代」、「貯蓄から投資へ」、「老後までに2,000万円」、といったキーワードが政府により盛んに喧伝される中、株や債券といった伝統的な投資対象資産による運用だけではなく、「オルタナティブ資産」への投資の重要性が増しています。オルタナティブ資産の代表格としては、不動産、PEファンド、インフラストラクチャー等が挙げられますが、本稿では、多様な形式での不動産への投資を可能とする、「不動産の証券化」についてご説明します。

「中小企業活性化パッケージ」で事業再生は進むのか

コロナ禍が発生してから、既に2年。2022年3月、「中小企業の事業再生等に関するガイドライン(以下、ガイドライン)」が取りまとめられると共に、中小企業庁・金融庁・財務省から当該ガイドラインを含む「中小企業活性化パッケージ(以下、活性化パッケージ)」が公表された。コロナ禍からの脱却、本格的な「Withコロナ」を見据えた事業再生の支援制度・枠組みの整備がなされたが、これを転換点として、果たして事業再生は進むのか。

ランキング記事

1

ドミナントデザインとは?優れた製品とイノベーションの関係を解説

世の中には、「これ以上変革のしようがなく、これが当たり前」と思われている仕様の製品やサービスが多く存在します。 そういった仕様を「ドミナントデザイン」といい、産業が進化する過程で研ぎ澄まされた結果として生まれます。 当記事では、ドミナントデザインを生み出す産業構造や、保守的なドミナントデザインに対する革新的なイノベーションとの関係について解説します。

2

ウクライナ侵攻で中古車価格が下落、は本当か?

2022年3月の中古車価格が前月と比較して大幅に下落した。これを受けてマスコミでは、今回の価格下落がロシアによるウクライナ侵攻に起因している可能性が高いと報道、さらなる落ち込みへの懸念を示した。果たして実際にはどうなのか。本稿では、我が国の中古車市場を振り返るとともに、今後の見通しなどについて考えたい。

3

「SPYxFAMILY」(少年ジャンプ+掲載)に注目~ボーンデジタルの大ヒットアニメとなるか?~

2022年4月から放映開始されたアニメ「SPYxFAMILY」が注目されている。原作は週刊少年ジャンプ本誌には掲載されておらず、デジタル版「少年ジャンプ+」での連載のみ。デジタル発としては異例の大ヒット作のアニメ化に、大きな期待が寄せられている。

4

原発を再稼働すべきか 円安、ウクライナ侵攻から考える

福島県沖地震による電力不足、LNG市場の逼迫、円安、ウクライナ侵攻にともなう経済制裁。将来的に再開可能とみられる原発を、いまこそ再稼働するべきだろうか?

5

集中戦略とは?企業が選択するべき経営戦略を事例とともに解説

経営戦略において、非常に重要な考え方の1つとされている「集中戦略」。大手企業でも採用されている戦略で、導入後に大きな成功を収めた事例も数多くあります。 しかし、世間では「集中戦略は死んだ」とも言われています。 そこで今回は、集中戦略の概要、メリット・デメリット、成功事例、失敗事例などを説明します。あわせて、「集中戦略は死んだ」と言われる理由や、今後選択すべき経営戦略についても解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中