Webtoonとは

Webtoonとは

Webtoonは、韓国発の電子コミック配信サービスであり、スマートフォンでの閲覧に最適化されている。フルカラーで制作され、縦スクロールで読みやすいコマ割りになっている。

特に、韓国の「NAVER」と「Kakao」がグローバルで2強を形成している。

コミック市場で現在世界最大市場となっている日本(電子と紙の出版物を併せて7,000億円弱)においても、Kakaoの日本法人が運営する電子コミックサービス「ピッコマ」、NAVERが実質的に運営する「LINE マンガ」(Yahoo傘下のebook Japan買収を発表)が大きな存在感を示している。

特に「ピッコマ」に関しては、アプリでの月商が100億円規模にも達していると目されている。

また、Kakaoは「Kadokawa」の株式約7%を保有する筆頭株主となっている。

Webtoonとは

▼参考記事はコチラ
「韓国「Webtoon」から世界へ 日本→アニメ化の分業確立へ」

このような日本の電子コミック市場での韓国勢の攻勢は、先述したスマートフォンに適した電子コミック形態であるWebtoonの市場認知が拡がり、Webtoonで先行する韓国の有力タイトルを自社アプリ上に展開できる点が一因と考えられる。

個人制作の日本、分業制作の韓国

個人制作の日本、分業制作の韓国

日本のマンガの多くは紙の雑誌・単行本に向けに作られ、白黒ページ中心、ヨコ2ページの「見開き」での見栄えを重視している。通常の日本型の漫画制作は、マンガ家(原作・作画)のアイディア、独創性が重視される。あまり分業は意識されず、マンガ家は基本的にすべての工程に関わる。比較的組織化が進んでいるケースはあっても、マンガ家の作業をアシスタントが「補佐」して仕上げるという、個人営業型の制作スタイルとなっている。

ゲームに似ているWebtoonの分業システム

一方、Webtoonは、フルカラーという形態もあり、作画やプロット、採色などの制作工程を別工程で進めて統合する工房型制作スタイルを採ることが一般的とされる。

このような分業を前提とした制作スタイルは、デザイナー、脚本、プログラミング等をパラレルに進めて統合するゲーム開発と近似している。

今後、開発費高騰でスマホゲームの新規タイトル開発が困難となった中小スマホゲーム会社が、ゲーム開発リソースをWebtoon開発に転用する可能性もあるだろう。

更新頻度を維持するためにも分業は必要

配信に関しては、動画配信や投稿小説にもみられる通り、更新頻度が重要である。読者に注目され人気ランキングで高い地位を保持するためには、定期的な更新頻度を継続する必要がある。

この更新頻度の維持のためにも、分業による生産性向上が必須である。

世界的に存在感を増すWebtoon

世界的に存在感を増すWebtoon

スマホでの閲読に適したWebtoonは、韓国、日本のみならず、グローバルでの存在感も上がってきている。

NAVER傘下でWebtoonを展開するNAVER Webtoonは、グローバルのMAU(月間アクティブユーザー)が7,000万人以上に達しており、IPOを検討している。2021年8月には米国を代表するコミックブランドで、関連IPの映画化も多いDCコミック(スーパーマン、バットマンなど)との提携を発表。DCコミックのキャラクターがWebtoon化される見込みである。

今後も、このようなグローバルIPとWebtoonとの連携は、NAVERの経営スピードを考慮すると、ますます進展していくものと考えられる。

Kakaoに関しても、日本法人のカカオジャパンが、先日600億円規模の資金調達を発表しており、グローバル化やコンテンツの拡充のために積極投資を行う方針としている。

既に韓国では、日本でもドラマが大ヒットした『梨泰院クラス』を代表に、Webtoonのドラマ化などコンテンツの2次展開も積極的に行われている。日本でも韓国Webtoon作品のアニメ化が行われるなど、Webtoonがグローバルコンテンツの源流としても存在感を高める可能性がある。

国産Webtoon制作の機運も

国産Webtoon制作の機運も

このようなグローバル電子コミック市場やコンテンツ関連市場でのWebtoonの存在感向上に対し、日本のコンテンツ関連会社にもWebtoon制作機運が高まってきている。

出版関連や電子コミックプラットフォームにとどまらず、ゲーム会社やコンテンツ関連会社も新規事業としてWebtoon制作参入を検討する会社も増えている模様である。

その際には、先述の通り、分業を意識した制作チームを保持する必要があり、従来の有名マンガ家一人を抱えればよいという考えを、改める必要がある。

また、更なる効率化のためのツールを含めた制作のデジタル化が求められるだろう。

生まれるビジネスチャンス

このような観点から、ゲーム開発人材を自前で抱えるスマホゲーム会社や、ゲーム開発者の派遣で実績を有するエンターテインメント系人材派遣会社にとって、Webtoonはチャンスとなる。現在マンガコンテンツを制作する会社にとって、Webtoon制作には多岐にわたる人材が新たに必要となる。ゲーム会社・人材派遣会社と、マンガコンテンツ関連会社の連携、場合によってはM&Aの進展が注目される。

関連記事

TSMC熊本進出の衝撃㊤:進出の短中期影響は1.3兆円

半導体の世界最古にして最大のファウンドリーメーカー、TSMCが熊本県に進出することを発表した。フロンティア・マネジメントの試算では、熊本県を中心に中短期で1.3兆円の経済効果を予想する。この記事では㊤㊦に分けて、熊本県を中心に九州ひいては日本の半導体産業発展に向けた提言をしたい。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊦長期トレンドと22/3月期の注目点

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3月期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。過去20年間で最高水準となるが、エレクトロニクス大手の収益性回復→復活は本物だろうか?今回の記事㊦では、長期トレンドの分析、21/7-9月期業績と22/3月期の注目点について、言及したい。

鉄スクラップ考① 知られざる景気の先行指標

米国のFRB議長として活躍していたグリースパン氏がかつて、雑誌記者とのインタビューの中で、「もし離れ小島に流され、たった一つの経済指標しか手に入らない状態となったとしたら、何が欲しいか?」と問われ、「鉄スクラップの価格」と答えた。日本では米国などと比べると取り上げられる機会は多くないものの、鉄スクラップ価格は景気の先行きを占う、重要な経済指標なのである。同時に、鉄スクラップは今後の鉄鋼産業をみるうえでも重要なカギを握っていると筆者は考えている。 今回からシリーズで、鉄スクラップについて考えたい。

ランキング記事

1

アシックスの逆襲「箱根駅伝着用ゼロ」から復活

2022年の箱根駅伝は、青山学院大学が6度目の総合優勝を遂げた。記録は自らの大会記録を大幅に更新する10時間43分42秒。この記事では、レースの高速化を支えるランニングシューズを例に、21年の大会で「箱根駅伝着用ゼロ」に沈んだアシックスの巻き返し戦略に焦点を当てる。

2

バルミューダ事例に学ぶインサイダー取引対応

2021年11月中頃、洗練されたデザインが人気の家電メーカー「バルミューダ」が華々しくスマートフォン市場に参入といった話題に、冷や水を浴びせるようなニュースがメディアを賑わせた。社外取締役によるインサイダー取引に係る社内規程違反と関係者の処分についてだった。本件を題材にインサイダー取引対応について考えてみたい。

3

2022年展望 不動産 住宅販売のリスクは、金利動向次第

2020年から2021年にかけて住宅の売行きが増加して、特に戸建住宅の売行きが好調だ。しかし、世界各国でインフレが進行しており、各国の利上げ次第では日本の長期金利にも影響し、高額物件の販売にブレーキがかかる可能性もある。

4

2022年展望 中国 急激な規制から安定的な政策へ

中国は2021年、経済や文化、教育など様々な方面で、規制や制限を強化した。前年の急激な政策の影響を和らげるため、2022年の中国の経済政策は「穏」(安定)に変化していくとみられる。

5

2022年展望  「二刀流」経営の本質に迫る

2021年、米大リーグの大谷翔平選手は投打にわたる「二刀流」として大活躍した。「二刀流」は、非常に難易度が高い。しかしながら、経営においても変化が早い昨今の経営環境に対応するには、複数の業界での経験・知見を持つことはとても有効だ。筆者自身も弁護士としての経験・知見が、コンサルタントや経営者としての仕事に生きている。2022年以降の経営の注目トレンドは「二刀流」であり、本稿ではその本質に迫る。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中