Webtoonとは

Webtoonとは、韓国発のデジタルコミックであり、世界的に人気が出ている。スマートフォンに適した縦読みスクロール型が特徴だ。紙での出版を前提としていないため、カラー作品が多い。2020年に日本でも人気となった「梨泰院クラス」など韓流ドラマの原作となっている例もある。

「Webtoon」本腰を入れたソニー、クランチロール

「Webtoon」本腰を入れたソニー、クランチロール

Webtoon作品のアニメ化に特に力を入れているのは、ソニーだ。

ソニーが2020年末に約1,200億円で買収したグローバルアニメ配信事業者「クランチロール」(2021年2月現在、有料会員数400万人超、登録ユーザー1億人超を抱える)は、韓国NAVER社のサービス「NAVER WEBTOON」における人気作品のうち、「神之塔」、「ゴッド・オブ・ハイスクール」、「ノブレス」の3タイトルを続々とアニメ化し、グローバルで配信した。

このうち、「神之塔」、「ノブレス」は、ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下SME)の孫会社であるリアルト・エンタテインメントがプロデュースを担当。神之塔の主題歌には、韓国J.Y.Park氏(NiziUのプロデュースで有名)がプロデュースするStar Kidsを登用するなど、SMEの各ビジネスが連動する企画となっていた。

日本より世界で人気

日本国内でのこの3作品の人気については、大きな反響ということにはならなかったが、「神之塔」は、グローバル配信元であるクランチロールにおいて、2020年4月期に最もよく視聴された作品のひとつとなり、アメリカ、フランス、ドイツ、ブラジルで視聴頻度が高かった模様である。

日韓の国際分業が確立

日韓の国際分業が確立

今回のプロジェクトの意義は、日韓の国際的な分業体制の枠組みが形成されたことにあるだろう。

韓国Webtoon原作作品のグローバル展開に際し、原作側のNAVER社とグローバル配信を担当する「クランチロール」がタイアップ。日本で制作されるアニメの資金を共同拠出した。

縦読みスタイルの普及、韓国優位に

日本の一般的な電子コミックは横スクロースで、“ページをめくる動き”に準拠した閲覧スタイルとなっている。日本のマンガ作品の多くは紙の雑誌にまず連載されるため、派手なアクションを「見開き」でみせるスタイルが根強いためだ。

一方、Webtoonの縦スクロールという閲覧スタイルは、動作が簡便なためスマートフォンとの相性が良い。作品も紙ではなく、最初からウェブを前提に作られている。今後グローバルでのデジタルコミックが浸透していくことになれば、韓国Webtoonのやり方が優位に立つ可能性もある。

国内でも存在感増すWebtoon

国内でも存在感増すWebtoon

日本国内においても、電子コミック関係者が、2020年の電子コミックのトレンドとして、Webtoonの人気上昇を挙げるなど、Webtoonは徐々に存在感を高めつつある。

ゲーム化が焦点

今後の注目点としては、日本のコミック発IP展開に見られるようなゲーム化と、そのグローバル展開となるだろう。

グローバル知名度を獲得したアニメIPは、ゲーム企画を進めやすい。

今回の原作側のNAVERやアニメ化を担当したSMEもスマートフォン向けゲームでの実績は十分で、資金も潤沢にある。

今後ゲーム化を予め視野に入れた大型プロジェクトを推進する可能性もあるだろう。

Kakao社、Kadokawa大株主に

Kakao社、Kadokawa大株主に

また、韓国Webtoonプラットフォームを有するKakao社の動きにも注目したい。

Kakao社は、日本では「ピッコマ」の名称で電子コミックサービスを展開している。

そのサービスメニューにWebtoonを揃えているほか、ニコニコ動画や多くのマンガ・ライトノベル作品を抱えるKadokawaに約7%を出資し、筆頭株主となるなど日本での活動を積極化してきている。

Webtoonをめぐる動きに注視を

今後、NAVERのようなメディアミックス展開を志向する可能性や、他の有力出版社への出資や、日本の電子書籍プラットフォームのロールアップの可能性も考えられる。

日本の電子コミック関連会社も、グローバルのWebtoonの浸透動向を見極め、日本で原作開発を促す、韓国の中小Webtoonプラットフォーム会社を買収するなどの対抗策に乗り出す可能性もあるだろう。今後もコンテンツの源流として、Webtoonの動向を注視していきたい。

関連記事

銀行法等改定に伴う地域金融機関における事業多角化の潮流

2021年11月22日に施行された銀行法等改正(以降本改正)により、業務範囲規制及び出資規制が緩和されました。それに伴い、各地域金融機関での事業多角化(コンサル、人材派遣、投資専門子会社、地域商社など)が進んでいます。銀行の業務拡大範囲や問題点などについて解説します。

成長と資本効率重視へ―日立製作所中期計画に見るKPIの変化―

日立製作所は2022年4月28日、小島啓二新CEO主導の日立製作所中期3ヵ年計画を発表した。リーマン・ショック直後、経営危機に瀕し、その後の事業構造・ポートフォリオ改革やESG経営で先行してきた同社の新中期計画の変化を読み解き、今後企業価値拡大にどのような中期計画が必要とされるのか、を考察したい。

高炉各社決算〜22/3期に奪還した付加価値を今期も守れるか?

高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)の2022年3月期の決算は、軒並み大幅増益を達成した。これまで失ってきた「付加価値」を見事に奪還したと言える。一方、原燃料の高騰や円安を受けたコスト増などの逆風は強まっている。前期に奪還した付加価値を、さらに広げられるのか? それとも、ユーザーからの反発で押し戻されてしまうのか? ポイントと課題を整理する。

ランキング記事

1

CIO(最高情報責任者)の設置を 経済安全保障におけるその利点

「海外子会社・グループ会社で不正が起きているのではないか」「海外拠点からの内部通報が少ないが、問題をちゃんと把握できているのか」。企業の担当者からこのような相談をしばしば受ける。その解決策の一つとして、チーフ・インテリジェンス・オフィサー(CIO、最高情報責任者)のポスト新設を提案したい。CIOの機能は経済安全保障のリスクを見極める上でも有効と考えられる。

2

「隠れユニコーン」をさがせ

日本にはユニコーン(時価総額が10億ドル以上の未上場企業)が少ない。しかし、米国でもシリコンバレー以外にはユニコーンはほとんどない。日本では東証がシリコンバレーと同様の機能を果たしてきており、「隠れユニコーン」が存在している。ユニコーン待望論は、本質的には大きな意味がない。

3

アリババは国有化されていくのか

アリババグループの金融・オンライン決済部門のアント・グループ(前アント・ファイナンス)は、2020年11月に予定されていた上場が延期され、そのまま現在に至っている。ジャック・マー氏の中国金融政策への批判発言から端を発し、アリババは金融業に限らず様々な制限が加えられていると報道されている。この記事では、アリババの現状とともに、中国のモバイル小口決済について考察したい。

4

品質不正多発の三菱電機に学ぶ、あるべき不正撲滅方法

三菱電機の品質不正が止まらない。2021年7月に35年以上に渡る品質不正が公表された。調査を進める中で不正の関与拠点、件数が膨らみ、直近の報告では実に150件近い不正が認定されている。一方で、当社に限らず不正そのものの発生や再発は止まらない。再発防止策がなぜ機能しないのか、当社の取り組みを題材にあるべき再発防止策について解説する。

5

進む地方銀行の持株会社体制への移行

経営統合によらない地方銀行の持株会社体制への移行が増えている。銀行法改正による後押しを受けて、地域の課題に向き合いながら、事業の多角化を進めやすくして収益拡大を図るのが狙いであるが、果たして中長期的な企業価値向上に資する事業ポートフォリオの構築は進むのだろうか。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中