コロナ「耐性」、最も強い企業は…

小売・外食のストレス耐性
ストレス耐性の評価には、以下の数式を用いた。
(太字)収益耐性指数=(100%-①損益分岐点比率)÷(②所得弾力性)
の「損益分岐点比率」とは、各企業が固定費を吸収するために必要な「損益分岐点売上高」を算出し、現在の売上高で割ったものだ。固定費の抑制などで高い営業利益率を達成している勝ち組企業は、損益分岐点比率が「低く」なる傾向がある。
一方、②の「所得弾力性」とは、消費者所得が1%変動した場合に各商品への支出額が何%変動するかという「感応度」を指す。所得弾力性が1を超える品目は「選択的支出」、1以下は「基礎的支出」とも呼ばれる。前者は不要不急の贅沢品で、後者は簡単には削れない必需品だ。
 これら2指標を以下の計算式で組み合わせ、コロナウイルスなど外生ショックに対する各社の「収益耐性指数」を算出した。計算式左の括弧内(100%-損益分岐点比率)は「何%の減収で赤字になるか」を示しており、所得弾力性で割ることで「何%の所得減少で赤字になる(リスクがある)か」を大まかに試算できる。
この耐性指数の値が大きいほど、外生ショックに対するストレス耐性が高いと捉えることができる。

耐性強い医薬・必需品、弱い外食・百貨店

外食・小売のストレス耐性2
結果は、上記の表の通りだ。ストレス耐性(収益耐性指数)が高いのは、損益分岐点比率が低く、生活必需品を取り揃えるニトリHDやセブン&アイHDなど。ドラッグストア各社のストレス耐性の高さも目立つ。かたや、必ずしもストレス耐性が高いと言えないのは、損益分岐点比率、所得弾力性がともに高めとなっている外食、百貨店、アパレル等だ。
皮肉なことに、4月以降の外出自粛や集団感染防止のために店舗休業等を強いられているのは、ストレス耐性が高いコンビニやドラッグストアではなく、ストレス耐性が低い外食や百貨店である。
収益構造や商品特性で決まる「ストレス耐性」が低いということはすなわち、赤字転落リスクが高いということだ。それらの業種の店舗が休業せざるを得ないという事態は極めて深刻であり、なんらかのセーフティネットの整備が焦眉の急である。
mitsukoshiyasumi

もちろん、ストレス耐性の高い会社が普遍的に良好な会社というわけではない。“ポストコロナ”を想起してみよう。どこかの段階で、個人消費は小さいながらも自律的反転を見せるであろう。
政府による景気刺激策が奏功することも考えらえる。個人消費の回復局面においては、表中の下位企業の方が売上や利益が急回復する可能性さえある。

まとめ

ストレス耐性にかかわらず、コロナ禍を契機とした消費者行動の構造変化に正しく対応することが、景気回復の恩恵を受けるための必要条件となるだろう。例えば、コロナ禍によってフードデリバリーが一段と普及していくと、コンビニ業界の中食商品への影響が徐々に効いてくるかもしれない。かたや、外食業は短期的なストレス耐性こそ低いが、中長期的にはフードデリバリーを活用・協働していくことが可能だ。ポストコロナの消費者行動を見据えて、ストレス耐性の高い企業こそ、危機感を持ってビジネスモデルを磨き込んでいく必要がある。

出所:各社直近決算資料および総務省家計調査年報(2019年)よりフロンティア・マネジメント試算

関連記事

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊦ 将来編

㊤現状編では、国内外の植物工場ビジネスの近況について述べてきたが、㊦ではその中での戦い方について筆者の考えを記したい。

百貨店に求められる今後のあり方とは

百貨店の苦境が、加速している。日本百貨店協会によると、全国の百貨店の売上高は消費増税後の2019年10月から8カ月連続で下落。コロナ休業明けの6月も、大手3社の売上高は回復していない。この記事では、百貨店本来の提供価値が失われている現状に着目し、トランスフォームが求められる、百貨店の在り方について考えてみたい。

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

5

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中