損益分岐点とは?会社経営を黒字化するための基準となるポイント

「損益分岐点(Break-even point)」とは、売上高と経費が等しい金額になり、プラスマイナスがゼロになる点です。また、そのときの売上を「損益分岐点売上高」といいます。

モノやサービスを売ったお金がそのまま利益になるわけではありません。利益とは、「売上高-費用」の計算式で求められます。いくら売上高が多くても、それ以上に費用がかかっていれば、赤字になってしまいます。そのため、黒字化を目指すうえで損益分岐点が重要になります。

なぜ損益分岐点を知るのか?損益分岐点は利益の最大化のための最低条件

会社を経営するうえで、どうして損益分岐点について知る必要があるのでしょうか。損益分岐点は売上高-費用がゼロとなる点です。つまり、ここから少しでも売上高を上積みできれば、もしくは費用を減らすことができれば、事業経営を黒字化できます。少しでも多くの利益を積み上げ、事業規模を成長させたい企業側にとって、損益分岐点は最低限目指すべき指標です。

損益分岐点を求めるためにCVP分析を活用しよう

会社の事業内容や経営状況によって、損益分岐点は異なります。しかし、損益分岐点はどんな業種の会社であっても、簡単な計算式で求めることができます。

そのために使われるのが、「CVP分析(損益分岐点分析)」と呼ばれる手法です。CVP分析とは、正式名称をCost-Volume-Profit Analysisといい、「コスト(Cost)」「販売数量(Volume)」「利益(Profit)」の頭文字をそれぞれとっています。事業の黒字化を目指すためにCVP分析は欠かせません。会社経営に直接関わる経営層はもちろん、管理職の立場にある方や、企画や販売戦略に関わる方など、現代のビジネスパーソンに幅広く求められるスキルです。

CVP分析に必要な3つのパラメータ

CVP分析では、「売上高」「固定費」「変動費」の3つのパラメータを使用します。事業から得られた利益を求めるには、「売上高-費用」の計算式が必要でした。

売上高とは、モノやサービスを販売することで得られた売上の合計金額のことです。たとえば、売値1,000円の製品を100個販売すれば、10万円の売上高になります。

しかし、すでに述べたように売上高がそのまま利益となるわけではありません。モノやサービスを売るためには、営業スタッフの人件費や交通費、CMやインターネット広告などの広告宣伝費、オフィスを維持するための光熱費や通信費など、様々な「費用」がかかります。

ここでいう「費用」は、さらに「固定費」「変動費」に分けることができます。

固定費とは、製品の販売数量にかかわらず、毎月一定でかかる費用のことです。たとえば、人件費(残業代やボーナスを除く)、店舗や事務所の賃料、設備機器のリース代金、固定資産税などが該当します。

変動費は製品の販売数量に応じて、金額が変動する支出のことです。例えば、商品の仕入原価や原材料費、販売する際の手数料などが該当します。

つまり、「売上高-(固定費+変動費)」がゼロとなるポイントが、より正確な損益分岐点です。CVR分析では、この計算式をもとに損益分岐点を求めます。

損益分岐点の計算は5つのステップで誰でもできる

損益分岐点の計算は、5つのステップで行われます。売上高=経費となる境界点となる値だけでなく、現状の売上高から損益分岐点までどれくらい余裕があるかも計算可能です。

まず、売上高に対して変動費がどれくらい占めているのか計算します。その割合が「変動費率」です。

●変動費率=変動費÷売上高

たとえば、毎月の変動費が10,000円、売上高も10,000円の場合、変動費率は100%です。この状態では変動費を補うのが精一杯で、毎月の固定費が丸ごと赤字になってしまいます。

また、「売上高-変動費」、つまり「利益+固定費」の部分を「限界利益」と呼びます。

●限界利益=売上高-変動費
●限界利益=利益+固定費

固定費=限界利益であれば、毎月の固定費を売上高でまかなえます。限界利益は「限界利益=売上高-変動費」の計算式で求められます。売上高が20,000円、変動費が10,000円とすれば、限界利益は10,000円です。

損益分岐点のまとめ

また、先ほど計算した変動費率を使い、売上に対する限界利益の割合となる「限界利益率」を求める方法も効果的です。限界利益率が高ければ高いほど、売上高に占める固定費の割合が低くなり、健全な経営状態に近づきます。限界利益率は以下の計算式で求められます。

●限界利益率=100%-変動費率
●限界利益率=限界利益÷売上高

限界利益率を計算したら、いよいよ損益分岐点となる売上高を求めます。損益分岐点売上高の計算式は、以下になります。

●損益分岐点売上高=固定費÷{(売上高-変動費)÷売上高}

先ほど求めた限界利益率を使うと、次の計算式に置き換えられます。

●損益分岐点売上高=固定費÷限界利益率

たとえば、毎月の固定費が10,000円、限界利益率を50%とした場合、損益分岐点売上高は20,000円です。

10000円(固定費)÷0.5(限界利益率)=20,000(損益分岐点売上高)

限界利益率が50%であれば売上高の半分が変動費なので、固定費10,000円、変動費10,000円を補える売上高20,000円が最低ラインだとわかります。

損益分岐点売上高がわかったら、損益分岐点に対し、実際の売上高にどれほど余裕があるかを計算しましょう。この指標を「安全余裕率」といいます。

●安全余裕率=(実際の売上高-損益分岐点売上高)÷実際の売上高×100

実際の売上高が40,000円、損益分岐点売上高が20,000円の場合、計算式は以下になります。

(40,000-20,000)÷40,000×100=50%

損益分岐点となる売上高に対し、まだ50%の余裕があることがわかります。

このように計算をするだけで、売上高と費用の境界点となる損益分岐点や、損益分岐点までどれだけの余裕があるかを知ることができます。

損益分岐点の理解は現代のビジネスパーソンにとって必須

今回は、損益分岐点を知る必要性や、実際に計算する方法を解説しました。業界や企業によって、最適な財務状態は異なります。そのため、一概にどんな結果になれば良いとはいえませんが、自社の現状や今後の展開の分析は経営者だけでなく、管理職に就いている方や、企画や販売戦略に関わる人は知っておく必要があります。他人の計算した数字を見るだけではなく、CVP分析を使って自分で計算できるようになると便利です。

関連記事

API化の効用とは? ~オープンイノベーションを加速させるビジネスツール~

API(Application Programming Interface)とは「あるシステムから別のシステムの機能やデータを容易に使うための仕組み」のことである。この記事では、APIを活用したビジネスの成功事例を紹介するとともに、そのメリットについて解説する。

バリュエーション(企業価値評価)とは 主な指標やアプローチも解説

M&A(Mergers and Acquisitions)はその名の通り企業の合併と買収なので、値付けはその最も重要な要素になります。つまり企業の値付けを行うバリュエーションはM&Aにおけるキーワードであるわけです。今回はそんなバリュエーションとは一体どういうもので、現場ではどのように用いられているか等について解説します。

村上春樹さんから学ぶ経営⑯「文章はいい、論旨も明確、だがテーマがない」

前回のテーマは「変えてはならないことがある」でした。そこで今回は、本田宗一郎氏――「社の連中に技術的な話をしたことがない。話すことは、みな技術の基礎になっている思想についてである」「技術はテンポが早く、すぐ陳腐化してしまう。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそ技術を生む母体だ」(『起業家の本質』プレジデント社)――のようなお話です。それでは今月の文章です。

ランキング記事

1

国による「中小企業いじめ」の社会的リスク

菅政権のブレーンとして中小企業の淘汰・再編を指摘するデービッド・アトキンソン氏。彼の出身である英国の中小企業事情を調べてみた。英国では、日本以上に中小企業数が多く、企業数の増加も続いている。米国と中国を除けば、日本は中小企業数が極端に多いわけではない。中小企業の淘汰・再編にフォーカスする経済政策が本当にマクロ経済の復活につながるのだろうか。

2

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

3

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

4

中国で「食品ロス削減令」 農業振興の必要性高まる

農業国から先進国=工業国へ発展を進めてきた中国が、大食いや食料ロスを規制するとともに、農業拡大を強調している。背景には、都市化率上昇と共に、中国の食料課題が、世界にも大きな影響を与えている事情がある。

5

理想のコーポレートガバナンスを考える上で重要な「エージェンシー理論」とは?

多くの企業が、株主の利益を守るため企業経営を監視し、統制するコーポレートガバナンスを推進しています。 コーポレートガバナンスを考えるうえで有効なのが、ハーバード大学のM・C・ジャンセン氏らの論文で有名な「エージェンシー理論」(プリンシパル=エージェンシー理論)です。 コーポレートガバナンスの目的を達成するためには、まずエージェンシー理論の視点に立ち、経営者と株主の利害関係をとらえなおす必要があります。 本記事では、エージェンシー理論の意味やポイントを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中