ソーシャルレンディングとは?借り手と貸し手をつなぐ金融サービス

ソーシャルレンディングとは、お金を貸したい人(投資家)から小口の資金を集め、お金を借りたい人(企業・個人)に融資を行うマッチング・サービスです。インターネットの普及によって情報だけでなく、お金もウェブ上で動くようになりました。例えばインターネット銀行や、FX(外国為替証拠金取引)などが挙げられます。現在ではクラウドファンディングのように、不特定の誰かが少額から企業に融資をおこなえるようになっています。ソーシャルレンディングはその中でも金融商品として特化したサービスです。

ソーシャルレンディングの仕組みは?貸出金利と手数料の差額が利回りに

ソーシャルレンディングは以下のプロセスで成り立っています。

1.まず、ソーシャルレンディング事業を運営する会社 がファンドを作り、投資家を募り、企業から借り入れの申込みがあれば、集まった資金をもとに借り手へ貸付します。

2.そして、企業から返済金を受け取り、投資家へ配当金を支払います。つまり、企業への貸出金利と、ファンド購入や払い戻しの際の手数料の差額が利回りです。たとえば、企業への貸出金利が15%、手数料が5%相当とすると、投資家の利回りは差額の10%となります。

ソーシャルレンディングはその仕組み上、不特定多数から資金を募るクラウドファンディングの一種です。クラウドファンディングの中でも、投資したい個人と融資を受けたい企業の間に賃借関係が生じることから、「融資型クラウドファンディング」または「貸付型クラウドファンディング」と呼ばれます。

ソーシャルレンディングの市場規模は?

ソーシャルレンディング業界は毎年成長を続け、投資家にとって有力な市場となっています。2017年度のクラウドファンディング全体の市場規模は、前年比127.5%増の1,700億5,800万円で、そのうちソーシャルレンディングの市場規模は全体の90.2%にあたる1,534億円でした。

ソーシャルレンディング業界が好調な理由として、金融機関と事業者の連携強化や、大口顧客の新規参入が影響しています。

ソーシャルレンディングは「危ない」のか?事業者選びの注意点

ソーシャルレンディングは初心者でもはじめやすい投資ですが、当然リスクもあります。サービス事業者を選ぶ際は、「第二種金融商品取引業」の登録事業者か確認しましょう。

ファンドの作成や投資家の勧誘には、第二種金融商品取引業か、それ以上に要件が厳しい第一種金融商品取引業の指定が必要です。また、企業に融資するには、「貸金業」の登録事業者でなければなりません。これらの指定を持たない事業者は、詐欺的な商法である可能性があります。また、登録事業者であっても、業者が公開する取引実績やマーケット記録を確認し、信頼できる業者かどうか確認しましょう。

ソーシャルレンディングの5つのメリット

ソーシャルレンディングをはじめる前に、5つのメリットを知っておきましょう。

メリット①平均利回りが年5~10%台と高水準

ソーシャルレンディングの平均利回りは年5~10%台です。国債や定期預金の利回りが年0.1%にも満たないゼロ金利時代で、高利回りを期待できる数少ない選択肢です。利回りが高い理由は、柔軟な融資審査を行って、銀行の融資を受けられない、スタートアップなどを受け入れているからです。

メリット②最小1万円~少額から投資可能

サービスによっては、最低投資金額1万円から投資可能です。もちろん、投資金額は柔軟に設定できるため、高利回りを生かした大型投資を行うこともできます。

メリット③手間がかからないため時間がフリーに

株や為替と違い、ソーシャルレンディングは元本の値動きがありません。値動きのチェックが必要ないため、手間がかからない投資です。一度ファンドを購入すれば、運用期間終了後に満期償還されるまで時間をフリーに使えます。

メリット④投資の安全性が高い

ソーシャルレンディングは貸し倒れリスクが低く、他の金融商品と比較しても高い保全性があります。もちろん、貸付先のデフォルトが生じると、元本が毀損してしまいます。そのリスクを最小限に抑えるため、1つのファンドに資金を集中せず、分散投資を心がけましょう。

メリット⑤投資初心者でもはじめやすい

ソーシャルレンディングは元本の価格変動がありません。株やFXと違い、投資家の経験や稼働時間で差が付かないため、初心者に向いています。ソーシャルレンディングの利回りは、企業への貸付金利と、サービス事業者への手数料の差額です。初心者も上級者も、平均的な成績は同程度に落ち着きます。

ソーシャルレンディングの3つのデメリット

ソーシャルレンディングにはデメリットもあります。あらかじめ投資のリスクについて知っておきましょう。

デメリット①:元本保証がないため元本割れのリスクがある

ソーシャルレンディングで注意が必要なのは、元本保証が存在しない点です。そのため、元本割れを起こすリスクがあります。ソーシャルレンディングで出資申し込みを行う際は、株や投資信託と同様、元本割れのリスクがあることを理解しておきましょう。

デメリット②:デフォルト(貸し倒れ)のリスクがある

ソーシャルレンディングのもう1つのリスクが、デフォルト(貸し倒れ)の可能性です。サービス事業者は出資者から集めた資金を企業へ融資します。借り手企業が経営不振に陥り、貸付金の返済ができなくなった場合、元本・金利が戻ってこなくなります。

デメリット③:原則として途中解約ができない

ソーシャルレンディングに出資したお金は、運用期間が満了となり償還を迎えるまで、原則として途中解約ができません。そのため、金融商品としては流動性が低いデメリットがあります。

ソーシャルレンディングは企業にもメリットが

ソーシャルレンディングは企業にとっても、メリットがあります。どれだけ素晴らしいサービス・商品があったとしても、資金がなければその企業は潰れてしまいます。

一般的にベンチャー・スタートアップ企業などは、金融機関の融資を受けようとしても、審査に通りにくく、起業家個人の与信に左右されます。しかし、ソーシャルレンディングによって融資の可能性が広がるようになりました。中には、今後の日本経済を担う企業も出てくるかもしれません。VC(ベンチャーキャピタル)から融資を受ける方向性もありますが、経営方針にVCの影響が大なり小なり反映されます。

ソーシャルレンディングに限らず、テクノロジーの進歩によって様々なサービスが日々生まれています。Frontier Eyes Onlineでは日本・世界を問わず経済やビジネスのトレンドを解説しています。もしよろしければメルマガのご登録をお願いします。

参考
矢野経済研究所:国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2018年)

関連記事

「ニューノーマル」って言うな!

「ニューノーマル」や「新しい生活様式」という言葉が、市民権を獲得し始めている。「これからは過去の常識が通用しなくなる」「元には戻らない」といった、勇ましい言葉が跋扈(ばっこ)している。しかし、我々人間は過去において、コロナ禍とは比較にならないほど大きな、断層的な変化を乗り越えてきた。現在、我々の眼前にあるのは本当に「ニューノーマル」なのだろうか。

シェアド・リーダーシップとは?リーダーシップ論の変遷とともに解説~「経営人材」へのサプリメント■第1回

「リーダーシップ」に対する考え方が、近年変化している。多種多様なリーダーシップ論があふれているが、この記事ではチーム全体でリーダーシップを発揮するという「シェアド・リーダーシップ」を紹介する。

テレワーク時代のマネジメント 管理職はいかに部下と接するか~「経営人材」へのサプリメント■第3回~

テレワーク(リモートワーク)の普及は、管理職の働き方をも変えようとしている。見えない部下をいかにマネジメントするか。顔をつきあわせる機会が減る中、どのようにリーダーシップをとるのか。3回目は、新しい時代の管理職のあり方をお示ししたい。

ランキング記事

1

「不要不急」 削減された交際費の研究

会社の交際費で飲み食いし、湯水のようにお金を使う。いわゆる「社用族」と呼ばれる人々は、バブル崩壊とともに消え去った。多くの人が、そう思い込んでいる。しかし、交際費をめぐる数字を丹念に見ていくと、そのような「思い込み」とは異なる風景が見えてくる。この記事では、前回東京オリンピックが開催された1965年からの長期トレンドを観察し、日本の「交際費」を分析する。

2

ドラマ「半沢直樹」に学ぶこと JALのリアル「タスクフォースメンバー」が語る

TBS日曜劇場「半沢直樹」の快進撃が続いている。2013年に放映された前作は、最終回の平均視聴率が平成の民放ドラマ1位となる42.2%(関東地区)をマークし社会現象になった。今回も、視聴率が20%台の中盤と極めて快調だ。筆者は、後半のストーリーのモデルとなった「JAL再生タスクフォース」のメンバーであり、実際に日本航空に乗り込んで「タスクフォース部屋」を設置した。その当時のことを思い出しながら「半沢直樹」を見ている。ドラマと実際に起こったことに違いはあるものの、スリルのある面白いドラマとして楽しんでいる。 本稿では、筆者が、「半沢直樹」をみて感じたこと、そして、学ぶべきと思ったことを述べたいと思う。

3

「7割経済」時代の事業再生 Withコロナ ㊤バブル後30年の変化

コロナと共に生きるWithコロナ時代は、「7割経済」と言われている。これは、多くの産業で「コロナ前の水準に業績が回復することはない」ことを意味する。これまでの事業再生は、「経営改革を伴う再生計画を実行すれば、いずれ売上高も回復していく」という基本前提に立っているが、その前提が大きく崩れる。Withコロナ時代はこれまでとは異なる手法、事業再生の「ニューノーマル」が求められる。

4

植物工場ビジネスの目指すべき未来 ㊤ 現状編

コロナ禍の中で植物工場が脚光を浴びている。消費者の食に対する感度が高まる中、ネット、スーパーでの需要が伸びているという。植物工場はこれまで日本の研究・理論・技術が世界の最先端を走っていたが、ここ数年は海外の追い上げが激しく、国際的な優位が絶対的ではなくなってきている。また、採算性が上がってきたとはいえ国内でも競争が激化、今後、戦略的に取り組んでいくことが必須である。この記事では、国内を含めた植物工場ビジネスの最前線と今後について、考えたい。

5

村上春樹さんから学ぶ経営④~作品に潜む成功へのヒント~ 危機と指導者

「村上春樹さんに学ぶ経営」の第4回。昨今のコロナ禍が拡がる状況を反映し、まずは以下の図表をご覧いただきたいと思います。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中