アトキンソン氏の故郷・英国を調べてみた

アトキンソン氏の故郷・英国を調べてみた

菅政権では、中小企業の再編や生産性アップが重要な経済施策の一つとして掲げられている。同政策の理論的支柱が、元証券アナリストのデービッド・アトキンソン氏ということはよく知られている。

そこで、彼の故郷・英国の中小企業事情を調べてみた。

役員のみの企業が急造

役員のみの企業が急造

▲出所:House of Commons Business Statistics

House of CommonsのBusiness statistics(2021年1月22日発表)によると、2020年現在、英国における全企業数は598万社だ。日本における全企業数は350万社程度なので、人口比(日本1.2億人、英国0.7億人)で見ると、英国の企業数の多さが顕著だ。

日本の企業数は1980年代後半に500万社強でピークとなり、その後は一貫して減少トレンドが続いている。しかし、英国では2000年時点の347万社と比較して、この20年で1.7倍の水準に増加している。

上の図で明らかなように、社員を雇用していない役員だけのマイクロ企業が急速に増加して、全企業数を押し上げているのが分かる。英国における開業率(開業数÷全企業数)は過去20年間一貫して10~15%と日本(5%前後)を大きく上回っているが、開業数の多くが社員を雇用していないマイクロ企業であることが分かる。

大企業が少ない英国

大企業が少ない英国

英国の企業数598万社のうち、社員数が250人以上の大企業はわずか8千社に過ぎず、その比率は0.1%だ。実に、99.9%が社員数250人以下の中小企業である。さらに言えば、その中で社員数が9人以下のマイクロ企業が572万社存在し、全企業数の95.7%を占めている。日本よりも、中小企業の数、比率ともに高水準にある。

日本の中小企業数は多くない

日本の中小企業数は多くない

英国だけを見て、日本の中小企業数の多寡を議論するのは適切ではなかろう(米国だけと比較して結論を拙速に出す論考がいかに多いことか!)。かく言う筆者も、過去の拙書で日米比較だけを根拠に「日本は中小企業が多い国である」と議論を展開したことがあり、本稿を書くに当たり強く自省している。米国だけとの比較は不適格な結論になりがちだ。

そこで、Nation Masterが提供する各国における中小企業数を見てみる(人口1000人当たり)。なお、調査時点は各国で多少の違いがあり、中小企業の定義も曖昧であることは考慮する必要がある。

気になる各国の数値を見ると、英国だけでなく、イタリア、スペイン、韓国などの人口1,000人当たりの中小企業数は日本を大きく上回っている。フランスやドイツは多少日本の水準を下回っているが、ほぼ同水準だ。先進国では、唯一米国が突出して中小企業数が少ないのが分かる。中国、インドは、これから急増するのであろう。

自営業率も高くない

自営業率も高くない

日本を含め各国には企業化されていない、自営業という存在もある。念のため、国際労働機関(ILO)が提供する各国の自営業率ランキングにも目を通しておこう。この観点から見ても、日本に中小企業に準ずる自営業が多いとは言えない。日本の自営業率は11.9%と、世界平均どころか、ほとんどの先進国を下回っている。この指標で見ても、日欧に大きな差はなく、米国だけが突出して自営業率が低い。

中小企業が多いと思いこみたい日本人

中小企業が多いと思いこみたい日本人

客観的に見れば、米国を除いた先進国との比較で、日本の中小企業数(自営業を含む)が多いとは思えない。むしろ、少ないぐらいであり、過去30年以上にわたって減少が続いているのが、日本の中小企業だ。上記の推論は、少しデータをみるだけで導けるものである。

なぜ、いつまでも「日本は中小企業が世界的に見ても多い国だ」という呪縛に捉われているのだろうか。控えめに言っても、日本は米国を除く先進国で、中小企業や自営業が比較的少ない国だ。

高度成長期もバブル期も、日本の生産性は低かった

高度成長期もバブル期も、日本の生産性は低かった

中小企業を含めた生産性の議論も謎が多い。日本生産性本部の「労働生産性の国際比較2020」によると、2019年の日本の労働生産性は世界26位と芳しくない。しかし、日本が高いGDP成長を続けていた1970年の日本の順位は20位、1980年は20位とさほど今と変わらない。

バブル絶頂期だった1990年でも日本は15位であり、日本の労働生産性が世界で上位に継続的にランクインした事実はない。それでも日本は高成長していたし、バブルが発生するほど経済が良い時代があったのだ。中小企業の多さと低生産性が日本の宿痾であり、その解消こそが日本経済を浮揚させるという論理は、過去のデータからは(筆者は)導くことはできない。

中小企業が淘汰されれば社会は不安定化する

英国では全企業就業者数の61%が中小企業に属する。日本では中小企業の就労者比率が70%前後に達する。彼らの精神的安定、経済的安定は、とりもなおさず、日本全体の政治的かつ社会的安定につながる。

中小企業は経済的存在だけでなく、社会安定装置(Social Stabilizer)の役割も持つ。仮に、中小企業の淘汰・再編を進展させてマクロ経済が浮揚したとしても、政治的・社会的安定が揺らげば、そのレジリエンス(回復力)を取り戻すための社会的コストは小さくない。中小企業には社会的効用が内包されているのだ。

ましてや、前述したように、日本の中小企業が過剰であることは必ずしも事実でない。低い労働生産性という事実も、日本経済が高い成長率を実現していた70-80年代から、日本経済と同居してきた一つの指標であり、今に始まった事ではない。

「中小企業淘汰」をターゲットにしない

低収益の企業(大企業含む)が市場から淘汰されることは必須だ。しかし、政策的に中小企業だけをターゲットにする短期的手法が、イソップ寓話の「ガチョウと黄金の卵」にならないことを祈るだけだ。

関連記事

攻勢強まる韓国「Webtoon」2強 「NAVER」「Kakao」のグローバル戦略

日本でも、韓国発電子コミックWebtoonの存在感が増している。世界2強である「Kakao」は日本国内では「ピッコマ」、「NAVER」は「LINE マンガ」という名前で展開。世界最大のマンガ市場を抱える日本のコンテンツ産業は、新しい時代への対応が求められている。

エレクトロニクス大手の復活は本物か㊤(短期業績からの分析)

国内大手エレクトロニクス8社の収益性が、改善方向にある。現在の2022/3期業績予想が達成されれば、売上高営業利益率は7%を突破し、ROEも2桁へと上昇する公算が大きい。 リーマンショック以降では最高水準となる。 今回の記事㊤では、21/4-6月期業績の動向と、アジアをリードするサムスン電子とTSMCについて。次回㊦は10月後半から発表される21/7-9月期の注目点について、言及したい。

高炉3社の収益は前年度の8倍へ 「失われた付加価値」奪還への挑戦

鉄鋼大手各社の業績が急ピッチで回復している。2022年3月期の高炉3社(日本製鉄、JFEホールディングス、神戸製鋼所)が公表している事業利益(神戸製鋼所は経常利益)計画の合計額は1兆300億円と、コロナ禍で苦しんだ前期の1,270億円の8倍の水準に達する。 この中には製鉄原料(鉄鉱石や原料炭)の在庫評価益など、実体の収益とは異なる会計上のかさ上げ要因が含まれている点に留意する必要がある。それでも、これらの特殊要因を除く3社合計の実質的な事業利益/経常利益の改善幅は5,100億円に達する。

ランキング記事

1

注目を集めるCSV経営とは?実現のための戦略と事例を解説

CSVとは、「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の略語です。社会的価値を戦略的に追求すれば、経済的価値も自然に生まれるという考え方を指します。 社会の利益と一企業の利益を同時に追求できることから、持続可能な経営に必要な考え方として注目されているCSV。しかしCSRとの違いや具体的なメリット、経営への落とし込み方について詳しく知らない人も多いでしょう。 そこでこの記事では、CSV経営のメリット・デメリットや国内大手企業のCSV経営事例を解説。またCSVを実践するために必要な経営戦略についても、分かりやすく説明します。

2

「日本製鐵がトヨタを提訴」の衝撃 業界最大手同士の大型裁判

「日本製鉄がトヨタ自動車を提訴」。2021年10月中旬に出たこのニュースを受け、鉄鋼業界に激震が走った。国内製造業の頂点に君臨するトヨタ自動車と、鉄鋼最大手の日本製鉄。長い間蜜月にあった両社が、裁判で争う事態は誰も想像していなかったからだ。

3

印刷業界の現状と展望は?直面する課題や打開に向けた取り組みを紹介

ポスターや雑誌といった印刷物を発行し、商取引を通じて利益を上げる印刷業界。日本活版印刷の始祖にあたる本木昌造が1869年に活版伝習所を興したのをきっかけに生まれた印刷業界は、印刷技術の発展とともに業容を拡大させてきました。 しかし、インターネットの普及に伴う紙媒体の広告費縮小、エンドユーザーにあたる出版社や新聞社の業績悪化によって、業界全体が厳しい状況に置かれています。 本記事では、そうした印刷業界の現状や課題とともに、現状打破に向けた取り組みを紹介します。

4

オーバーアロットメントとは 株価への影響や事例とともに解説

企業において新規株式公開や公募増資を担当されている方、また証券会社でこれから引受を請け負う若手の方、または今後それらの仕事を志す方等に向けて、今回は「オーバーアロットメント」という公募・売り出しの関連手法・用語について解説していきます。

5

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いは?メリットや事例を解説

破壊的イノベーションとは、既存事業のルールを破壊し、業界構造を劇的に変化させるイノベーションモデルです。 この概念は、ハーバード・ビジネススクールの教授であった故クレイトン・クリステンセン氏の著書『イノベーションのジレンマ』で提唱されました。それ以降、飽和状態となりつつある市場に必要なイノベーションとして注目されています。 本稿では、破壊的イノベーションの理論や企業の実践例から、破壊的イノベーションを起こすために必要となる戦略までを解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中