風の歌を聴け

今回の文章はこちらになります。

名前は書いてない。
僕がこの手紙を受けとったのは昨日の3時過ぎだった。僕は局の喫茶室でコーヒーを飲みながらこれを読んで、夕方仕事が終わると港まで歩き、山の方を眺めてみたんだ。君の病室から港が見えるんなら、港から君の病室も見える筈だものね。山の方には実にたくさんの灯りが見えた。もちろんどの灯りが君の病室のものかはわからない。あるものは貧しい家の灯りだし、あるものは大きな屋敷の灯りだ。あるものはホテルのだし、学校のもあれば、会社のものある。実にいろんな人がそれぞれに生きてたんだ、と僕は思った。そんな風に感じたのは初めてだった。そう思うとね、急に涙が出てきた。(中略)僕の言いたいのはこういうことなんだ。一度しか言わないからよく聞いておいてくれよ。

僕は・君たちが・好きだ。

デビュー作「風の歌を聴け」(講談社)からの引用です。ラジオ局に手紙を送ったのはまだ十代の少女です。少女は散歩もできない重病で、このまま一生が終わるのではないかと脅えています。

でも、もし、港まで散歩をして海の香りを胸いっぱいに吸い込むことができたなら、「世の中が何故こんな風に成り立っているのか」わかるかもしれない、そんな気がしていて、「少しでもそれが理解できたなら、ベッドの上で一生を終えたとしても耐えられるかもしれない」と書いています。

十代にして病室に閉じ込められた少女はラジオだけが楽しみです。そして、ディスクジョッキーあてに手紙を送りました。その少女から胸に迫る手紙を受け取った時の様子が、上記の引用した部分です。いつもは軽口ばかりで「犬の漫才師」のようなDJも立ち止まり、港に出かけ、病室にむけて話かけたのです。

総体としての部屋

さて、この場面から我々が学ぶべき真理があるとすれば、
「君の病室から港が見えるなら、港から君の病室も見える」
ことです。港は経営者。数々の部屋の明かりは従業員。部屋(従業員)から港(経営者)はよく見える。経営者がどんな優れた(もしくは誤った)判断をしているかが見える。

一方、理屈でいえば、港(経営者)から部屋(従業員)も見えるはずです。でも現実には簡単ではありません。それぞれの部屋はあくまで独立した部屋なのに、「総体としての部屋」としてしか見えなくなる。部屋が50や100ならまだしも、千、万ともなるとますます困難になります。時に、「部屋」を訪ねてノックして、お茶でもどうですか・・・なんて言うことがあればいいのですが、そんなこともできなくなります。この数か月、毎日発表される死者の数のように総体でしかなくなるのです。死者数が膨大な数になってしまった欧米では特にそのように感じた人は多いことでしょう。

入社後殆ど寝る間もなく会社に奉仕し、疲れ切って自殺した20代社員に対して、「採用する際に、どうして適性を見極められなかったのか」と耳を疑う経営者が出てくることになります。一人一人の社員を個人として尊重することができているのであれば、このような発言はありえないでしょう。

社員への激しい愛情

逆に、筆者が最も驚いた会社は樹研工業(愛知県豊橋市)です。残念ながら同社松浦元男会長(創業者)にお目にかかったことはなく、書籍で知ったものですが、同社は社員への思いが尋常ではありません。多くのエピソードがありますが、一つだけ挙げますと、癌に侵され闘病生活を送った社員に、3年半もの入院の間、給料・ボーナスが満額支給されています。
その他の泣かせる話は、松浦元男氏「百万分の一の歯車!」(中経出版)、「先着順採用、会議自由参加で『世界一の小企業』をつくった」 (講談社+α文庫)、坂本光司氏「日本でいちばん大切にしたい会社2」(あさ出版)をご参照ください。

村上春樹さんは、スタンフォード大学に招かれ講師をしていた時期があります。同校では、週に一回一時間、「オフィス・アワー」というのがあり、週のうちのある決められた時間には、誰でも先生の研究室のドアをノックして、生徒と先生という枠を離れて、なんでも自由に話をすることができるのだそうです。学業のことでもいいし、世間話をしても良いという、気軽で自由な時間です。

オフィス・アワーにきた生徒・社員に対して、「僕は・君たちが・好きだ。
」とは恥ずかしくてとても言えないでしょうが、そんな会社はきっと一体感があって強い企業だろうと思います。

利益が大前提

そして、もう一つの真理。樹研工業が上記のようなことができるのは、もちろん優れた思想によるものですが、そもそもの前提として利益が出ているからです。社員を思う気持ちがあっても赤字では叶わぬことでしょう。
今回の感染症で休業を余儀なくされて、どの経営者も「心配するな、社員の生活を守る」と言いたいでしょうが、それを可能にするだけの利益の蓄積があるかどうか。

まとめ

やはり、企業は利益を出さなくてはいけないと改めて感じます。これは経営者だけでなく社員の責任でもあり、社員のためでもあるのです。

▼村上春樹さんから学ぶ経営(シリーズ通してお読み下さい)
①作品に潜む成功へのヒント
②作品に潜む成功へのヒント(差異化について)
③「創造する人間はエゴイスティックにならざるを得ない」
④危機と指導者
⑥「靴箱の中で生きればいいわ」
⑦「僕より腕のたつやつはけっこういるけれど…」
⑧「退屈でないものにはすぐに飽きる」
⑨「どや、兄ちゃん、よかったやろ?クーっとくるやろ?」
⑩「王が死ねば、王国は崩壊する」
⑪「最も簡単な言葉で最も難解な道理を表現する」
⑫「生涯のどれくらいの時間が、奪われ消えていくのだろう」
⑬「あれは努力じゃなくてただの労働だ」

関連記事

株主を整理するスクイーズアウトとは?方法や最新事例も解説

M&Aや組織再編の過程で、100%子会社化を目的とする場合、対象会社に存在する既存の少数株主を「締め出したい」というニーズが生じることがあります。 少数株主の排除のことをスクイーズアウトと呼びますが、従来はその課税関係が複雑で使い勝手が悪いことが多々ありました。 しかし、2017年度の税制改正で大幅に内容が改正され、現在では多くの機会で機動的にスクイーズアウトが活用されるようになりました。今回は、そのスクイーズアウトについて、方法や最新事例について解説します。

村上春樹さんから経営を学ぶ⑭「世界のしくみに対して最終的な痛みを負っていない」

ネットの普及もあって最近は百家争鳴、様々な議論があふれています。民主的で自由な議論は素晴らしいことですが、その裏返しとして責任を伴わない意見が多くなります。為政者・経営者にとって「最終的な痛みを負わない」誘惑に負けず、論理的・長期的判断が重要だと感じます。それでは今月の文章です。

国際特許出願に、国家戦略はあるか 中韓が大幅増加

2020年の国際特許出願件数は27万5900件と、コロナ環境にもかかわらず過去最多を更新した。中国や韓国が大きく件数を伸ばす中、日本はどのような国家的な技術戦略をたてるべきか、考察した。

ランキング記事

1

「クララが立った!」を英訳せよ

「クララが立った!」の翻訳は容易ではない。『アルプスの少女ハイジ』を知らない国の人に、「Clara stood up !」や「克拉拉站着!」と直訳しても意味を成さない。言葉には様々な意味や記号が埋められている。それは、年代、国、民族、言語で大きく異なるからだ。

2

閉店相次ぐ銀座 コロナ禍で商業施設苦境に

東京の代表的な商業地である銀座で、店舗の閉店が増えつつある。メインストリートの「中央通り」から中に入った通りでは、閉店した店舗が目立ち、中央通りに立地するビルでも空室が散見される。

3

リカーリングビジネスはサブスクリプションとどう違う? 新しい収益モデルを解説

従来の商品やサービスを売ったら終わりの「買い切り型」モデルとは異なるビジネスモデルが目立ちます。 そのなかのひとつが「リカーリング」です。リカーリング型のビジネスには様々なメリットやデメリットがあります。 本記事では、リカーリングのメリット・デメリットや、サブスクリプションとの違いについて、具体例を挙げながら解説します。

4

内部統制報告制度「J-SOX法」とは? なぜできたのか?

企業における内部統制は、様々な業務が適正に行われ、組織が適切にコントロールされているかどうかをチェックすることを指しますが、その中でも事業年度ごとの財務報告の内部統制について定めているのが、J-SOX法(内部統制報告制度)と呼ばれる制度です。 J-SOX法は、事業年度ごとに公認会計士ないしは監査法人の監査を受けた内部統制報告書と有価証券報告書とともに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。 また違反した場合は、金融商品取引法に「(責任者は)5年以下の懲役または500万円以下の罰金またはその両方(法人の場合は5億円以下の罰金)」と罰則が定められています。 しかし、結果的に企業の内部統制を強化し、不正会計などのリスクを減らすことができるため、J-SOX法は企業にとってもメリットのある制度と言えます。 この記事では、J-SOX法の解説のほか、ITシステムに関する「IT統制」についても解説しています。企業の監査部門や、内部統制に関する部署で働いている方は、ぜひ参考にしてください。

5

パワー半導体の世界シェアは?注目市場の今後の動向を解説

パワー半導体(パワートランジスタ)は、家電や電気自動車をはじめとして、さまざまなデバイスの電源管理に使われています。 多くの分野で需要が伸びており、長期的な成長が期待できるマーケットです。 日本の企業や大学発ベンチャーが競争力を保っている分野でもあり、「パワー半導体強国」として世界市場でのシェアを獲得するべく、積極的に研究開発を行っています。 本記事では、世界規模で成長をつづけるパワー半導体の市場規模や、今後の展望を解説します。

人気のキーワード

海外スタートアップ情報はこちら!  寄稿・執筆者募集中